以心の白絹


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

以心の白絹



<其処は、白昼の空、明るい未来を夢見る世界>
<  >



一人の少女、一人の女性、二人を見つめる一人の老人
星を見ながら時は進み、気付けば少女は眠ってしまっていた
目を覚ましたのは、天窓からの<太陽>の光…
「あぁ、お早うFran」(アルベルト)
「おはよう、Franziscaちゃん」(アンナ)
「お早う…もう昼だね。Annaさん、よく眠れた?」(フランシスカ)
「えぇ、お陰様で。星座も覚えられたし、お礼を言わなきゃね」(アンナ)
「ううん、私も楽しかったもの。」(フランシスカ)
「はは、一晩で随分仲が良くなったみたいだね…
Anna、Franの話し相手になってくれて有難う…、彼女には母親も父親も居なくてね、私以外と話すのは久しぶりだったんだよ。」(アルベルト)
「そうだったんですか…、私も楽しかったですし、返って感謝しなきゃいけないかも知れません。
彼女の明るさに触れて…考え直しました。」(アンナ)
「…そうか。何なら何日でも泊まっていきなさい。」(アルベルト)
「いえ…流石にそこまで迷惑は掛けられませんから。
もうそろそろ…」(アンナ)
「もう帰っちゃうの、Annaさん…?折角仲良しになれたのに…。」(フランシスカ)
「…Franもこう言ってることだ、せめてもう一日ぐらい泊まっていきなさい…
…迷惑かと思うなら、そうだな、何か一つ、Franに詩を詠んでやってくれ…。」(アルベルト)
「…ありがとうございます…。分かりました、<太陽>の詩を詠みましょう…」(アンナ)




(ここからフランシスカ大人)



辿り着いたのは、立派な外装の家だった。
彼に先導されて玄関を抜け、最初の広い部屋の椅子に座った。
「ようこそ、僕の家へ。そんなに大きくないけど、くつろいでくれれば嬉しいよ。」(レナートゥス)
「十分大きいですよ。ちょっとした貴族の家ぐらいはあるんじゃないでしょうか。」(フランシスカ)
「はは、そりゃぁ確かに。祖父の代までは一応貴族だったからね。
父の代からガタガタ、今じゃ没落貴族さ。」(レナートゥス)
「そうだったんですか…。Kircheis…確かにどこかで聞いたことがあるかも知れません。
気のせいかも知れませんけどね。」(フランシスカ)
「きっと気のせいだろうさ。大して目立った貴族でもなかったからね。
さて、ちょっと待ってて、今紅茶を入れてこよう。」(レナートゥス)
「あ、お茶ぐらいは私が…」(フランシスカ)
「僕が淹れたくて呼んだんだから自分でやらないと意味がないのさ。お客さんは座ってるって相場が決まってるだろう。」(レナートゥス)
「分かりました。じゃぁ大人しくしてますね。」(フランシスカ)
「そうそう、それでいいのさ…。」(レナートゥス)



<その世界の意味は、降り注ぐ雨に感謝すること>