※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

VS.動かない大森林(EASY) ◆OZbjG1JuJM




「……ここまで来れば大丈夫かな」
「「だと、いいんだけどな」」
 お覇王の助けで辛くも魔理沙から逃げ切った二人は、いつしか見たこともない街へと紛れ込んでいた。

『ガブモン、やっぱりさっきの人を助けに行った方が……』
『いや、俺達は行かない方がいいと思う。どんな事情があるにしろ、俺達を敵視してるみたいだしな。
もしかしたらあの人が上手くやり込めてるかもしれないよ』
『そうかなあ……』

 それにしても、とオメガモンは辺りを見回し不審そうな表情(傍目では分からないが)を作る。
 亜美の方もこの街の違和感に気付いているらしい。
「なんか嫌な所だなあ……なんでこんな気味悪いんだろ」
「「街なのに人の姿が見えないからじゃないか?」」
 姿は見えないとはいえ、多少の気配はしている。恐らく屋内に潜んでいるのだろう。
と、オメガモンは推測したがあえてこのことは言わないでおくことにした。彼女の性格からして
「まーた、そんな漫画みたいなことー」とか言いそうな気がしたからである。

「それそれ。田舎とかだったら分かるんだけど、こんな都会っぽいとこで
人っ子一人見当たらないってやっぱ変だよ」
「「だが、もしかしたら家の中にいるかもしれない。やたら目につく塔もあることだし、
何より状況が状況だしね」」
「あ、なるほど。……じゃあ、むしろこの街なら人がたくさんいるかも」
「「恐らくは」」
「じゃあそうと決まれば早速! まずあの家から調べてみよ!」
 と、亜美がそこらの適当な家を指差した。

 こういう時って普通端から調べるんじゃないかな……とオメガモンは思ったがあえて流した。

「こんにちわー……誰かいますかー?」
 オメガモンの後ろで亜美が小さな声を出す。
 気配云々の話は言わないにしても、どの道中にどんな人物がいるか分からないのは同じことだ。
 よって彼女よりも体格があり、かつ戦う力のある自分がもしものために先を行っているわけである。

 とはいえ亜美が言うにはそのコスプレスタイルじゃ怪しまれちゃうかも、とのことなので
(コスプレでないことを説明するのはもう諦めた)オメガモンの脇からはそっと亜美の顔が覗いている。

「ダネ……」
「うわ、可愛い!」
 少し待つと、奥からカエルのような奇妙な生物が顔を出した。首輪がついてる所を見ると誰かに支給された生物兵器というわけでもなさそうだ。

『デジモンかな? 見たことない姿だけど……』
『だったら尚更警戒を……』
 そこで自分が訝しげに黙り込んでいることに気付いたオメガモンは慌てて友好的な態度に切り替えた。

「「えっと、俺の名前はオメガモンって言うんだ。こっちは双海亜美ちゃん。
俺達、今仲間を探してるんだ」」
「ダネ、ダネダネ」
「「……キミはフシギダネっていうのか。よろしく」」
 戦いの意志がないことを示すためにオメガモンが片手……ではなく、刃をしまったグレイソードを差し出す。
 フシギダネは唸るように警戒していたものの、こちらが無害でないと分かったのか脇からツルを伸ばしグレイソードに差し伸べる。
 素直に感心しながらついでに自分もと彼の脇から飛び出そうと亜美も彼の背後から握手をしようと出てくる。
「へー、オメガモンすごーい。その子の言ってること……」

 その、刹那。
 ツルを伸ばしかけていたフシギダネの顔に、亜美は既視感を無意識に感じていた。
 いつ、どこでの記憶だったか反射的に記憶を探る。
 それはどんどん遡って行き、この島に来たばかりの……いや、それよりも前の記憶に辿り着く。
 あの不気味な生物と道化師が、少年と自分の妹を殺した瞬間……!

「オメガモンっ!!!」
 それに辿り着いたか否かの瞬間に、亜美は体全体でオメガモンを突き飛ばした。
 究極体といえど、サイズの縮んでおり尚且つ不意をつかれたオメガモンは吹っ飛びこそせずとも
横に倒れこんだ。

 そして、二人目の渾身の体当りが彼女の小さい体を吹き飛ばした。

 犬ほどしかない生き物の体当りによるものとは思えぬ程遠くへ吹き飛んだ亜美は
そのまま地面に叩き付けられて動かなくなった。
「「亜美ちゃん!! ……お前、よくも!!!」」
 グレイソードのしまっていた刃を出してフシギダネに斬りかかるものの、元よりそれを予測していたのか
バックステップによりいとも容易く避けられてしまう。

『そいつは死んじゃいねぇよ。まあどの道お前を殺した後で殺すがな』
 残忍な笑みを浮かべながらフシギダネはさらにオメガモンとの距離を取る。
『それよりも、今はちょっと俺の遊びに付き合ってくれよ。丁度言葉が分かるんだ』
「「遊びだと!? ふざけるな!! お前はこのゲームを……」」
『ま、落ち着け。遊びは遊びでも……』


『「弾幕ごっこ」だよ!!』




     ◆

『【葉符「はっぱカッター」】!』
 その言葉が終わらぬうちに、フシギダネの体から無数の葉っぱが舞い上がった。
(あの女の子の攻撃と似てる……!?)
 葉っぱは一度空中をひらひらと舞い上がったかと思うと、瞬時にその動きを様々なものへと変えた。
 まっすぐ自分へ向かってくるものが多数、残りは前方左右に螺旋を広げたり縮めたりするように動き始める。
 幸いにもフシギダネ自身のわざを少しアレンジして連発してるだけの攻撃のため、穴は多い。
 本家幻想郷の皆さんからすれば「この程度ならチルノでもかわせる」といったところだろう。

 しかしオメガモンは弾幕の経験が殆どない。
 先ほどの魔理沙の攻撃は弾幕ごっこの類と言うには程遠いものであるし、何より面と向かって対峙はしていない。
 弾は空中を、オメガモンがしゃがんでもぎりぎりぶつかってしまう高さを飛ぶため倒れている亜美は無事だろうが、オメガモン自身は弾と弾の隙間を縫って動くしか手段がない。
 強引に本体につき進もうにも避けやすい代わりに一発の威力がそこそこあり、あの量では本体に辿り着く前にこちらが戦闘不能になってしまう。
 かといってこちらの攻撃で振り払おうにも、攻撃のモーションの間に払った弾以上数の弾が襲いかかる。
(ガルルキャノンもこれじゃ使えない……ん?)

 ふと気付くと前方から飛んで来る葉の弾数が減りつつあるように見える。
(弾切れか? 何にせよ、今のうちだ!)
 半数以上に減った弾の合間を軽く抜き去り、一気に距離を詰める。
 こちらも多少のダメージを食らっているものの、このくらいの動きには支障はない。
 しかし、相手は焦るどころか未だに余裕の笑みを浮かべている。

 この状況でこんな表情をする奴がやることとなど大方予想がつく。隠さないということは感づかれても差支えが無いということ。
(ダメだ! アイツ、まだ何かやるつもりだ!)
 太刀の届く範囲内に来たところでオメガモンは再び後ろに飛び、先程と同じ距離を取った。奴とて体力は無限ではないはず。
あれだけ広範囲にとどくような攻撃を連発すればいつか底が尽きるはずだ。確実に倒すなら、その隙を突くしかない。

『分かってるだろうが、まだ俺のターンは終わっちゃいないぜ』
 フシギダネは不適な笑みを隠さぬまま、背中の球根を掲げるように体を屈める。
『今度のは俺のオリジナルだ。ちょっくら練習台になって貰うぞ』
 そして、二つ目の弾幕が彼の球根から飛び出した。



『【種祭「プラントカーニバル」!】』



 先ほどの葉の弾を越すほどの数の種はオメガモンを取り囲むように散り散りになったかと思うと、
次々とその身を破裂させ様々な弾を放ち始める。
(なんだ……これは!)
 前方の種が破裂し、そこから飛び出た細いツルが猛然とオメガモン目掛けて向かってくる。
 一瞬の動揺を振り払い、すんでの所で避けたかと思うと今度は別の方向からオメガモンに構わず一直線に伸びていたツルに直撃してしまう。
(くそっ、このツル……体力を吸い取るのか!)

 先ほどと同じく一弾一弾の威力は微々たるものである。だが、ホーミング性能を持つツルに加え一定の方向に伸びるだけのツルが混じっただけで攻撃の回避を困難なものとしていた。
 それに加え破裂する種の中には先ほどの速い葉の弾を放つものまであり、その弾も先ほどの二つの種類がある。
 つまり、それぞれが性能の違う四種類の弾の軌道を予測・把握して動かなければならない。これがフシギダネが休息を取る間、少女と男を襲った時に使った「やどりぎのタネ」を元に考案していた最初のオリジナル弾幕だった。

(ダメだ……! とてもじゃないが、軌道を飲み込むまでに体力が持たない!)
 ホーミングを避けたかと思えば直線起動の葉が襲いかかり、視界に広がる弾の軌道をようやく把握したかと思えば遅れて送り込まれた新しい弾が彼の予測を混乱させる。
 このまま回避に徹していればただ自分の体力が削り取られてゆくだけなのは明白だった。だとしたら、もう対抗手段は一つしか残っていない。
(……イチかバチかだ。相手の弾に紛れて接近する)
(距離からしたら、あいつの所まで持つかどうか分からない。だけど、これしかないな)

(行くぞ!!)
 弾の密集地帯をあえて狙い、オメガモンが一直線に駆け出した。
 無数に飛び交う弾がオメガモンの体を包み、一気に体力を奪う。しかし、それでもオメガモンは止まらなかった。

(まだ……足はやられてない! 行ける!)
 ウォーグレイモンの頭を模ったグレイソードを構え、弾幕の終点で驚愕の表情を浮かべるフシギダネに狙いを定める。

「うおおおおおおおおおおおおお!!!!!」

 咆哮と共に刃が小さな体を切り裂き、一瞬で弾幕勝負は終わりを告げた。




──はずだった。


『悪いが、最初からこれが狙いだ』
 球根から放たれる弾が急に止まり、変わりに眩い光が集まり始め──


(避けき──)


 外に出たその瞬間から集め続けていた太陽光を圧縮した強烈な光線が、大きな体を焼き尽くした。





 至近距離から限界を超えかねない勢いで溜めた最大出力の『ソーラービーム』が敵を貫くと同時に、フシギダネの体に一気に大きな疲労の波が押し寄せてきた。
(ッ……成功したのはいいが、毎回これじゃ体が持たねぇな……あいつみたいな相手でも『切り札』を使わず
戦闘不能に追い込めるくらいにゃ改良しねぇと……)
 一歩歩くごとに視界が歪む。先ほど気絶させた少女も始末したかったが、この状態では葉っぱカッターで喉笛を裂くこともできなさそうだ。

(休んだ後で始末したいとこだが……まあ俺が目を覚ました頃には逃げちまってるだろうな……まあ仕方ない、一人しとめただけども僥倖としておくか)
 ふらつく体を引き摺り、なんとかベットの下に潜りこむと同時に広がる眠気に抗えるはずもなく、フシギダネは再び眠りに戻った。




──こうして

 ひとつの弾幕ごっこの後には

 一人の眠り姫と一匹の眠れる獣しかのこりませんでした。

 そのどちらが先に目覚めるかは

 まだ、分かりません。


【E-3 町/一日目 昼】
【双海亜美@THE IDOLM@STER】
[状態]:腹部強打、気絶
[装備]:なし
[道具]:支給品一式、妖精の剣@ドラゴンクエストシリーズ
[思考・状況]
1:???
2:オメガモンについていく。
3:もう、泣かない。何があっても生きる。
4:魔理沙は何とか後で説得する
5:人は絶対に殺さない
※亜美はオメガモンのことをコスプレした人だと思っています。デジモン等の詳しい説明はまだ行っていません。
※第一放送を聞き逃しました

【E-3 町・一軒家/一日目 昼】
【フシギダネ@ポケットモンスター】
[状態]:腹部に切り傷、疲労大、ねむり
[装備]:バールのようなもの@現実
[道具]:支給品一式、白菜@テニミュ、ルイージの帽子@スーパーマリオワールド、
弾幕の作り方@東方project
[思考・状況]
1:眠って疲労回復。出来れば放送前には起きたい
2:起きた時に亜美がいれば殺害する。深追いはしない
3:出来うる限り参加者を殺し生き延びる ※TASが死んだと思ってます
※弾幕を開発中のようです

※弾幕について
【葉符「はっぱカッター(EASY)」】
はっぱカッターを弾幕にしたもの。ホーミング弾と螺旋状弾がある。
弾のスピードはそこそこだが、量は少ない。初めて作った弾幕のため結構しょぼい。消耗は普通。
頑張れば一般人でもなんとかかわせる。

【種祭「プラントカーニバル」】
やどりぎのタネとはっぱカッターの複合弾幕。無数の種を飛ばし、さらに空中で炸裂した種は四種類の弾に変化する。
1.ホーミング性ツル……ぶつかるとドレイン効果。スピードはちょっと遅いが正確。
2.ランダム直線式ツル……実は二又。ホーミングよりは速い。
3.ホーミングはっぱカッター……スピード速め。ツルより威力は高い。
4.ランダム直線式はっぱカッター……スピードは一番速い。一つの種につき五連射する。
どの弾が出るかを操作することはまだ出来ない。弾幕初心者にはきついが経験者や超人ならそこそこいける。
今のとこ消耗大。改良中。

【超ソーラービーム(仮)】
単なる最大タメソーラービーム。ターンでいうと5~10ターンくらい溜める。
タメながら攻撃ができるがタメ中に攻撃を受けるとタメが解除されるのが弱点。
弾幕に応用できるよう改良中。消耗大。もちろん夜は使えない。早朝と夕方はタメが遅い。昼だからこそ出たとも言える。

【オメガモン@デジモンアドベンチャー 死亡】
【残り49人】



sm91:ふたりはヤルキュア 時系列順 sm95:ぼくんちのニコロワ(前編)
sm92:才能の無駄遣い 投下順 sm94:愛媛のジャンク/凡人打開配信(前編)
sm80:私が弾幕を始めた理由 双海亜美 sm103:とかちシスターズ
sm82:ウッドマン?が倒せない フシギダネ sm103:とかちシスターズ
sm80:私が弾幕を始めた理由 オメガモン sm103:とかちシスターズ



|