公共バス

概要

主に大阪北部を経由するバスを利用する方法です。
この辺では阪急バスと近鉄バスが主な路線を組んでいますが、阪大生が直接利用するには阪急バスの方が便利だと思います。
利用したことない方も多いかもしれませんが、特に住まいが箕面市や茨木市方面にある場合や休日にキャンパス間移動したい場合は、結構便利です。

主な公共バスの種類

2010.9.1に箕面市営バスが新たに運行をスタートしたことを踏まえたのも考慮して、項目を分割しました。
詳しい情報は以下のリンクを参照してください。また不十分な項目については加筆訂正をお願い致します。

主な運行区域、特徴

阪急バス

府内では豊中、吹田、茨木、箕面などの北摂地域をつなぐものが中心で、近畿地方の中でも北部で運行している印象が強いです。
もし阪大生が利用するときなどは(バス停の近さからも)阪急バスが圧倒的に多いかと考えられます。
豊中、吹田、箕面キャンパスすべての移動が可能です。

近鉄バス

府内では北摂を含む北部・北東部をつなぐものが中心です。
ただ大阪の東の方に住んでいる人を除いてこれを利用する機会は少ないかも。茨木に住むなら別として。
吹田キャンパスのみ移動が可能。なはず。

箕面市営バス(オレンジゆずるバス)

箕面市の市営バスです。2010.9.1にて導入されるようになりました。
阪急バスとの重複区間が多いですが、公共機関使って移動する場合の運賃が(もちろんタダを除いて)基本的に最安値になります。
最近導入されて間もなくて、便数も極めて少ないですが利用機会が増えるにつれ便利になる可能性はあります(箕面市内の壁を取っ払ってくれたら…)。
豊中、吹田、箕面キャンパスすべての移動が可能ですが、豊中キャンパスへは少し不便かも。