子孫の残し方


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

子孫の残し方

この世界における「子孫の残し方」には、以下の3つのパターンがある。

純血子孫

同じ種族の異性同士が肉体的に交わる事で、
種族毎に違う(孕んだりタマゴを産んだり)産み方で子を授かる。

同じ種族の子が生まれ、能力はランダムで選定される。

こうして生まれた子は「純血」と呼ばれる。
純血の子は、能力、身体機能、知能など、どこかしらが優れている事が多い。

ただし0の状態から生まれるため、きちんと育ててあげなくてはいけない。

混血子孫

異種族間であったり、同姓同士が子供を授かりたい場合は
神官に依頼する事で、子供を創って貰う事が出来る。

生まれた子供は「混血」と呼ばれる。
混血の子は種族に関わらず、大きなタマゴから、有る程度成長した状態で生まれる。
(混血の子は幼少期は非常に脆く外界の影響を受けやすい為、それを守る為の手段でもある)

また混血の子の種族は、創る際に両親の種族(2~4)のうち1つないし2つを選ぶ事ができる。
(純血同士なら2種族、純血と混血なら3種族、混血同士なら4種族の中から選ぶ)

これにより二つの種族の特長を併せ持つ子を作ることができるが、
その容姿があまりに酷いものになると予想される場合、神官はこれを予め止める事がある。

尚、2種族混合の混血の子のキャラシートを出す場合、
種族(本来ネコ族とかウサギ族とか書くとこ)は「混血」と表記する。

転生子孫

これは特殊な子孫の残し方であり、転生と言ったほうが正しいかもしれない。

  1. タウン長により重要人物と認定された場合
  2. 神官にパワーストーンを持って行き依頼した場合

この2つの場合において、事前に「タマゴ」を創って貰い、
本人が死亡した時、そこから新たに生まれてくる事が出来る。

尚、この際
  • 容姿
  • 能力
  • 記憶
を引き継がせる事が出来る。
ただし、タウン長により重要人物と認定されている場合は好きなものを引き継げるが、
パワーストーンで依頼した場合、パワーストーン1つにつき1つ、引き継がせる事が出来る。
(タウン長による認定の場合、タウン長の管理するパワーストーンを転生用に支給して貰える)

またこの時、容姿(種族含)はパワーストーン+1つで、
能力はパワーストーン+2つで、好きなものに変更して貰う事が出来る。

しかしパワーストーンは入手自体が困難である
(存在自体は珍しくないが、回収員によって殆どが国のものになる)為、
フルセットで転生できるのは珍しい。

ちなみに、神官自体も重要人物と認定されているので、
神官自身もこの転生子孫は必ず残す事になっている。