※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「か」 

 [外車シリーズ] 2004年登場したシリーズでランボルギーニやアルファロメオなどがある。

 

[カスタマブルチョロQ] 96年末に発売された、チョロQの新しいシリーズ。HGシリーズと違い、組立はジョイント式なのでオリジナルの改造を楽しむことができるぞ。;「スーパーカスタマブルチョロQ」。

 

[カスタマブルパーツ] カスタマブルチョロQ用に開発された特性チューンナップパーツ。一部HGにも取り付け可能。

 

[カスタム] 改造すること。

 

[可変バンパー] スプリングなどを使用し、コースからの衝撃を吸収できるようにしたバンパー。


[ギアー] チョロQのエンジンの内部で、複雑に噛み合っている歯車のこと。このギア比を変化させることにより、瞬発力の高いRSマグナムエンジンなどが生まれる。ギアーをもう1つ加えた改造をすればバック走行するぞ。

 

[QRA] チョロQレーシングアソシエイションの略。95年頃マッドレーサーがイベントでレースを開催した。

 

[Q車] 旧車。

 

[Q-SHOP] メーカーと提携し限定チョロQなどを販売する小売店。

 

[Qタイヤ] 14トレッドタイヤ。後輪FL-140-40、前輪FL-110-40。Q&Qの刻印が特徴。ホイルとタイヤが一体成型。滑りやすくレース向けではなかった。

 

[Q月Q日] チョロQの日

 

[Qジェット] 戦闘機をモチーフにしたチョロQ、3輪のチョロQで前輪は向きを変えることが出来る、コインホルダーはないが、垂直に立てて走行させることでスピンターンを楽しむことが出来る、ちびっこチョロQ版も発売された。

 

 

[Qステア] 赤外線コントロールによるチョロQを自由自在にラジコンのように操作できるチョロQ。類似「デジQ」

 

[Qの市] ブログ「ブログやねんっっ」で毎月Q日に開催されるプレゼントイベント。

 

[Qボート] アイデアチョロQの一種、ボディ内部の発泡スチロールと、水かきタイヤを装備し水上走行が可能なチョロQ、後継にサブマリンチョロQやトライアスロンチョロQがある。

 

キンタロウ商店] 銀座にあった特販チョロQ(ピカピカチョロQやすけすけチョロQなど)を販売していたお店。現在は廃業。

 

[クルマブック] どっ金チョロQ、コースセットなどに同梱されていたカタログ。

 

[ぐるりん] 塗装全てがシールで表現されている表現。バスのチョロQでよく使用される。このぐるりんはあまり人気がない。同意語「シールぐるりん」

 

[コインホルダー] チョロQシャーシリア部にあるナンバープレートのような四角の部位。10円玉を差しこんでウイリー走行が楽しめる。またこの部分のデザインが遊びのひとつだが、近年のSTDでは車名とエンジン名となっている。

 

[コインシュート] 「ゼロヨンQ太」の主人公Q太が使う高度な技の一つ。チョロQを思いのまま操ることができる。

 

[攻略王] クルマブックのあとに95年から続いたカタログ。TAKARAビーダマンやベイブレードなどの記事が主流になっていく。

 

[コロコロコミック] チョロQの漫画「ゼロヨンQ太」「GO!GO!ピット」などが連載された子ども向けの漫画雑誌。エキスパート大会などイベント情報も載るのでチェックしよう。

 

[コンバットチョロQ] 軍用車をモチーフにしたチョロQ、戦車や装甲車などがラインナップされている

砲塔やサーチライトなどの旋回ギミックや、牽引フックが装備されているのが特徴。ちびっこチョロQ版も発売された。

 

[コンビニチョロQ] コンビニエンスストア限定のチョロQ。7-11限定、ファミリーマート限定、ローソン限定、複数のコンビニで限定のものがある。本来コンビニでのみ売られるはずだが、ものによっては量販店でも扱っていることもある。
箱の中身がわからないことが多いのでコンプリートさせるためにはコレクターには楽しみであり苦しみでもあるもの。