レッドチーム


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

軍曹


名前       :軍曹
アーマー(色) :赤
現状       :軍曹

軍曹はレッドチームの2等軍曹である。実際の所、この峡谷で彼が唯一の将校である。
彼はしゃがれ声の南部人で、激しい気性を持っている。
彼は子供の頃、虐待された過去がある。それは彼の精神に深い影響を及ぼした。
軍曹は外面からは、怒っているように見られる。だが彼は心の底では愛されることを願っている。
お金を無駄に使うか、これ以上空気を汚すのを嫌う。そのため習慣的にバスに乗るようにした。

少年の時、彼はエンジニアリングとしての注目すべき才能を見せた。
ブラッドガルチに送られる前に、マイクロソフトでPDCの、スティーブ・バルマーのスピーチ・ライターという仕事をしていた。
看護学校で時間を費やし、途中で生物学を学び、いつも自分の限界を広げる方法を探していた。

ただ一人の将校であり、自らの意思で峡谷を離れる権限を持つ唯一の一人でもある。
彼が地球での会議に参加する時には何かと便利な権限である。
レッドコマンドに話せる唯一のメンバーでもある。

彼も相当な量の技術的な訓練をしてきた。しかし、コンピューターの知識は殆ど無い。
彼はロペスを作った。そして、BloodGulchに配置されている間、機械の技術を使い続ける。
ロペスを自分より優れた整備士であるようにプログラムしたため、
ロペスがまわりにいる間は、彼はあまり修理する必要は無い。

シモンズ


名前:  リチャード・シモンズ2等兵
アーマー:栗色
現状:  ほとんどロボット

シモンズは、大変なおべっか使いである。彼は上官のためなら仲間を蹴落とすだろう。
彼にとって幸いにも、ごまをすることで、軍曹の個人的なお気に入りになるのだった。

オランダのアイルランド人である。基本的に、彼はかなり酒に強い。時々簡単に驚く。
誰もがそうであるように、シモンズは生まれを誇りに思っている。

アイルランドでの若い時、常に、彼が好きだった指揮官と共に部隊を統率するのが夢だった。
さらに、仲間からの信望と賞賛を望んだ。
それは彼が子供の時、彼の友達の間で「冷たい奴」と言われていたからである。

軍隊に加わる前、彼はプログラマーだった。
彼はそこでもうまくやっていた。
彼は本当に優秀だった。実際、マイクロソフトは、
Windows Longhornの責任者として助けた事を感謝し、2003年のL.AのPDC会議に彼を招待した。
彼はGulchにいる戦友のため、戦いに加わることになる。

彼のコーディングの経験は、彼を非常に分析的にし、
どんな人ともうわべだけの関係を保つ。
彼は結果を予想するのが好きである。
彼がチームメイトに知られたくないものは、Project Freelancerのディレクターを熱望したことである。
そして彼は部下から賞賛を浴びるが、その目標に落ちると即座に兵役に付いた。

不幸にも、彼は松葉杖とアキレス腱を欲していた。
シモンズは父から決して受け取らなかった愛と支えを頼った。
その人はソファーの上で酔っ払っていた。
彼は内気に育ち、嘲笑から身を守るために
家ではシャワーを浴びるのとトイレに行くだけにした。
そして彼は今軍にいる。そこでは全てが共有されていた。

グリフ


名前:  デクスター・グリフ2等兵
アーマー:オレンジ
現状:  元気

デクスター・グリフは、特別な子供だった。彼はいくぶんか裕福な家庭に生まれた。
本当に彼は何も心配する必要が無かった。彼が軍隊に入ると言うまでは。
学校では彼の家の富に関わらずえこひいきはされなかった。
勉強に時間を費やし、驚くほどの教養を身につけ、ハーバード大学に通うまでになった。
彼もまた他人が頭に来るような皮肉を言う様になった。
大きな知力にも関わらず、ほんの僅かな常識しかない。

彼は絶対に自分の体の面倒は見なかった。
子供の頃はやはり好都合だった。
ビーンバッグチェアーに座って、お菓子を食べながらゲームをすることに余暇を費やした。
彼は早い年齢で喫煙を始め、運動もほとんどしなかった。
その結果、彼は不調になり、数百フィート走るのがやっとだった。

グリフの反抗期の様な時期。
彼は漫画雑誌のBladeから、首の裏にタトゥーをして、
スケートボードでトリックをした。
人々は彼がいつ頃からスケートボードをし始めたのか分かろうとした。
しかし、それはおそらく迷宮入りだろう。
彼は片足だけでもそれを行うことができる。
彼は運転することを学ぶのに相当の時間を費やした。
そして彼は幾つかの防衛運転の術を得た。
テレビで見た軍の様子がSFさながらだったので、彼は軍隊に加わった。

もちろん、彼が軍隊に加わったのは期待はずれから逃れるためでもある。
彼がまだ若かった時、彼の母はひげのある女性としてサーカスに入団するため、
富と名誉を放棄して、グリフの妹を、彼に世話するように強制した。
彼にも常に自己像の問題があって、それは彼の不健康な体を悪化させるだけだった。

ドーナツ


名前:      フランクリン・デラノ・ドーナツ2等兵
アーマー:    最初に到着した時・・・赤
         エピソード16から・・ピンク
現状:      未知数

レッドチームの新兵。アイオワで育ち、
海兵隊に加わる前は非常にシンプルな生活を送っていた。
彼が生まれた時、彼の両親は彼に対して非常に期待を寄せていた。
そして彼にアメリカ大統領の名前(フランクリン・D・ルーズベルト)をとって付けた。
彼らはメキシコが侵略しそうだと考え、4年間スペインで学ぶことを要求した。

高校にいる間、彼がすることは全て優秀だった。
彼の同級生は満場一致で彼を「最も素晴らしい可能性を秘めている」とした。
彼の将来を書くにあたって、彼の同級生たちは、「素晴らしい」皮肉な言葉を選んだ。
彼は無責任でゲイなハリーポッターの二次小説を書きながらみんなの反応を見ていたが
誰も彼のジョークに反応しなかった。

彼が最初にBlood Gulchに来た時、彼は何に面するか全く分からなかった。
だがそれでも彼は準備が出来ていた。
彼は敵と戦うためにそこに行くと思っていた。そのとき、ブルーの各々を威圧していると思っていた。
ただ彼は自分の最高の仕事をして、親を満足させようとした。

彼は軍事学校からGulchに来たばかりだった。
標準的なレッドアーマー、その他色々を出してもらった。
彼の肩の上には良い頭があった。
彼は絶対的な自尊主義者でもある。
男性が女性より優れている思っていた。
何らかの理由で、スペイン語を学ぶ中で彼の自尊主義を助けた。
動詞を活用する練習をしている間、彼がフレクシングで働くのをよく見かける様になる。
彼は大きな望みと共に、軍隊に加わる・・・