Episode 30: I Dream of Meanie


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

チャーチ:今すぐ俺の体から出ろ、テックス!

テックス:お前の体?お前の体じゃないよ、私が奪ったんだからな

チャーチ:Yeahah、だが俺が最初に奪ったんだ!

シーラ:私は困惑しています
あなたの名前はロペスだと思っていました
そして男性とも思っていました
これはとても奇妙です
私の回路は混線した様に感じます・・・
この感覚は好きです

オマリー:俺は彼女をそこから出す方法を知っている・・・

テックス:・・・

オマリー:・・・ウインクだ

チャーチ:カブース、違う、いいか
シーラに説明しろ、分かったか?

チャーチ:よしテックス、そっからお前を出すのに何が必要だ?

テックス:私がゴーストになってから
ずっとお前たちを見ていた

タッカー:うわ、君が言ってる事はつまり
一日中見てたっていう事かい?
俺が一人でいる時も?

テックス:そうタッカー、そして恥を知るが良い

タッカー:ここではすごく孤独だよ

テックス:とにかく、お前達の一人に変化があるのに気付いた
カブースだ

チャーチ:カブース?
たとえば、ついに全部のアルファベットを覚えたとか?

テックス:最近攻撃的になってるって気が付かなかったか?

タッカー:気付いてたよ
同じ時期にシーラは動けなくなって、君は吹き飛ばされた
俺はチャーチに言おうとしたんだが、絶対聞かないんだよ

チャーチ:タッカー、すごく微妙な境界線が聞かない事と気にかけない事の間にあるんだよ
俺は人生の中で常にその線を歩くって考えてるんだ

テックス:私は戦車を修理した時、レッドに警告するというチャーチの計画を聞いた

チャーチ:俺は自分が出来ることをするつもりだ
レッドに警告する

テックス:私の見たところ
A.Iは生き残る確立を計算した
そしてその結果は好ましいものじゃ無かった
カブースが一度チャーチに連絡する時ラジオをつける
それはチャンスだった

カブース:チャーチ2等兵を呼んでいます
応答せよチャーチ

タッカー:それは彼が自分の名前はオマリーだと言った時か
じゃあA.Iはカブースに侵入したのか?

チャーチ:そうだ、全てのアーマーにはA.Iのために一つのスロットがある
カブースのは空だった

タッカー:彼にはいくつか空の非人工スロットもあると思う

テックス:何が起こったか分かる前に、あのビッチが、
ラッキーショットを当てやがった
あぁちくしょう!
そして気が付いたときは、ゴーストだ

チャーチ:よし、わかった
カブースはお前の愛しい小さいA.Iを持ってる
考えさせてくれ
お前は俺の体を乗っ取ってる
それはお前がA.Iを取り戻すのに手を貸している間、でいいな?

テックス:違うね、そいつを殺すのを手伝うのさ!

軍曹:お前ら、新しい人型ロボットが必要だ
誰か志願したいものはいるか?

ドーナツ:旅行に行くんですか?
旅行好きです!
僕達はスパイ役でいいですか?
そしてライセンス・プレート・ゲーム?

グリフ:黙れドーナツ

ドーナツ:お願いしますよ?

シモンズ:あー、すみません

ドーナツ:それともパンチバギー?

グリフ:何でこの野郎は黙らないんだ

ドーナツ:それとも、それとも、
アルファベットのサインゲーム?

シモンズ:”志願”って正確にはどういう意味なんでしょうか?

軍曹:俺達にはロボットもいなければ
技術訓練を受けたもしくは器用な新人もいない
したがって唯一の解決は
お前らの中からロボット、あるいは異常なサイボーグを作る事だ

シモンズ:何でもします

グリフ:何?

シモンズ:お前は気が狂ったのか?

グリフ:今まで聞いた中で一番バカバカしかったよ

シモンズ:何だと?

ドーナツ:かっこいい!シモンズに一票!

軍曹:サイボーグ手術は比較的簡単だ
本当に・・・

グリフ:彼は何を言ってるんだ?

シモンズ:何のことを言っているんです?

軍曹:だが大抵、
人間の体の役に立たない内臓とヌルヌルベタベタした所は
間違いなくロボットの優れた内臓と油に入れ替えられる

グリフ:おかしくなりそうだ

軍曹:もし運がよければ、お前は銅の直腸が手に入るんだぞ

シモンズ:サー、それをする代わりに
我々がそうしなければよくないでしょうか

軍曹:良いいい考えだ、シモンズ
だが違う、俺は内臓を除去するのは好きだ
俺達はそれに忠実だと思うぞ

グリフ:イエッサー、私はゴマすりに同意したくありません
その代わりにコマンドにもう一人の、新しいロボットを送らせたらどうでしょう?

軍曹:却下だ、肉袋
もう一つのロボットは、敵にロペスと同じくらい簡単に再プログラムされるだろう
俺達には信頼できる誰かが必要だ!

シモンズ:あぁ、くそったれ

軍曹:それか俺たちに刃向かえない
知的能力が信じがたい程に小さい誰か

ドーナツ:ねえ、ピンクスーツ達、
誰かが面白いことすれば良いと思います

軍曹:しかし、信頼できる者が一緒だと良いだろう

シモンズ:あー、あなたは頑固なサルを陰で中傷してる

軍曹:この手術には俺の薬箱から何か必要だ
ウォッカの2クォートか?

グリフ:おあいそ

軍曹:8ポンドのワセリン・・・凝縮されているぞ

グリフ:おあいそ

軍曹:できれば古い工具で、メートル法がいいな

グリフ:え、ええ、それは洗面所に置いてる方がいいかも知れませんね

軍曹:月間キッズのおもちゃの最新号だ

グリフ:おあいそしなければ

軍曹:それは出来るということだな

グリフ:おあいそ

軍曹:なんて・・・

グリフ:いえいえそうではなく、つまり私は帰らなければ

軍曹:さ、さあボーイ、当然だな

グリフ:出来ませんよ

軍曹:時間が無いんだ
この魚の内臓を取らないとな