※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ナレーター:物語は一人の少年のこの言葉で始まった。


大輝「なーなー!悠哉!昨日、学校見回っていた警備員が、この学校のでっかい鏡の前で倒れてたらしいぜ!!」


~主人公視点~


こいつは高校に入って知り合った友人、水嶋大輝。
そう、俺達が壊れたのは、こいつの言葉から始まった。



悠哉「…だから?」

大輝「だ~か~らぁ~~!今日の放課後さ、俺達で残って、調査してみねぇ?」

悠哉「は?嫌だよ。今日用事あるし…」

大輝「まさかお前…怖いのか?」

悠哉「なっ…!ちげぇよ!!今日は塾があんだよ!!」

大輝「まぁまぁ、そうだ!神代(桜)も誘ってみよーぜ!!あ、あと…咲本(えり)と…伊藤(ひな)と…」

悠哉「何話進めてんだよ…行くならお前一人で行けよ!」

大輝「ほぉ?じゃあ神代(桜)誘って、ついでに奪っちゃおっかな…?(ニヤリ)」

悠哉「大輝!!!」

大輝「うわー!ごめんごめん!冗談!!アメリカンジョーク!!」

悠哉「…ったく…」

桜「なんの話してるの?二人とも」

大輝「お!神代(桜)!!丁度良いところに…」


こいつは俺の彼女の神代桜。
面倒見がよくて、意外に頼りになる。


大輝「あのよ、今日放課後学校探検すんだけど、お前もこねぇ?」

桜「学校探検?…面白そうね…でも、放課後って…何時ぐらい?」

大輝「きまってんだろ!!夜♪」

桜「えぇー!!夜!?……先生に見つからないかな?」

悠哉「おい、桜…。そこは気にする所じゃないだろ?」

桜「え?」

大輝「まーまー!決まりってことで!!……で?悠哉はどうすんの?」

悠哉「なっ……さ、桜が行くなら…」

大輝「ふっふ~♪きまり♪」

桜「ちょっと待って!!私…春の面倒見なくちゃいけないし…春はまだ六年生だし…」

大輝「じゃあ春もつれてくればいいじゃん♪……生意気でむかつくけど。」

桜「…なんか言った?」

大輝「いえいえ~なんでも~~」

桜「…うーん。春怖いの大丈夫だったかしら…?」

大輝「大丈夫だってぇ~~!気にすんな♪」

悠哉「お前が言うな」(突っ込む)

大輝「あう!」

桜「わかったわ。聞いてみる。…で、他には居ないの?私達だけ?」

大輝「これから誘ってみる予定♪」

桜「ふーん…そうなの。誰誘うの?」

大輝「うーん…咲本とか?」

桜「えりね。分かったわ。」

悠哉「本気かよ…」

桜「だって、面白そうじゃない♪」

大輝「そうよそうよ♪」

悠哉「面白いって…なぁ…つか大輝、キモイからやめろ。」

大輝「サーセンww」

桜「もう、大輝ったら…うふふ」

悠哉「あはは」

大輝「えへっ…えへへ~~」



あはははは(3人の笑い声)



俺はずっとこのままだと思っていた。
ずっと…笑顔が耐えない日々が…待ってると思っていた。



一時間目。闇に満ちた学校。(主人公が言う)



(ここで短いBGMが鳴る。鳴り終わって3秒ぐらいしたら主人公が言う。)



俺達は結局、学校探検と言うものをする事になった。
俺達の学校は私立で、~学園(学校の名前)と言う所で、国際的にも有名な学校だった。
初等部、中等部、高等部と、3段階エスカレーター式の学園だ。


…まぁ、有名なだけあって、七不思議や変な噂も時々流れてくる。
俺は正直それをばかばかしいと思っていた。
だって、そんなの信じるだけ無駄だから。


なのに大輝ときたら…いったい何を考えてるんだ。
肝試しかなんだかしらないが…まったく。
というか、桜も桜でどうなんだ?あんなガキみたいなこと…
………(3秒間をあける)もしかして、桜は大輝の事を…




大輝「おい、悠哉?どした?」

悠哉「あ…」

大輝「なんだよ『あ』て!どうしたんだよ?」

悠哉「…………なんでもねーよ」

大輝「ふーん………あ、そんな事よりさそわねぇと!!」

桜「あ、私言ってくるわ。」

大輝「え、マジ?サンキュー」

悠哉「桜にたよんな!」

大輝「まーまー…いいって言ってるしよ♪」

桜「ふふ、もしかして悠哉…妬いてくれてるの?」

悠哉「え…ち、ちが///」

大輝「や~~ん悠哉くんったら、お★ちゃ★め♪」

悠哉「大輝~~~~???(怒)」

大輝「やんっ!悠哉さんこわーーいwww」

桜「大輝、そこらへんにしといてあげなさいよ。じゃあ、私誘ってくるわね」

大輝「おう!頼んだぜw」

悠哉「あ…桜…!」

大輝「もうおそ~~~い♪」

悠哉「大輝、お前のせいだぞ?」

大輝「わりぃなw安心しろよ!神代(桜)は奪わないから♪」

悠哉「…っ」






(6秒くらい間をあけて)





桜「ねぇ、えり」

えり「ん?なに?」

桜「今日、放課後に…あ、夜ね。学校探検をするらしいの。えりも来ない?」

えり「ええええええええ!!!」

桜「…??」

えり「あたし…遠慮しとくよ…」

桜「なんで?面白そうじゃない!」

えり「だって…」

桜「怖い…でしょ?」

えり「ち、違う!!」

桜「ならいいじゃない。決定ね♪」

えり「ぅー…;」

桜「大丈夫よ!悠哉や大輝もいるし!……大輝は頼りないけど。」

えり「え…悠哉…居るの?」

桜「え、ええ…(何かしら?)(←(何かしら?)エコーかけられたらかける。)」

えり「そ…そうだよね…桜がくるなら…悠哉も来るよね……うん、わかった。参加するよ!」

桜「あ…ええ、わかったわ…それじゃあ…」

えり「うん、今日の放課後ね」

桜「(…もしかして…えり…ううん、まさかね)」(エコー)





(6秒の間)





桜「ひな」

ひな「ん?あら、桜。なんか用?」

桜「えぇ、今日の放課後ね、学校探検をしようとおもうの」

ひな「えっ…」

桜「だからひなも…「桜ー!ひなー!」←ここで結花登場

ひな「結花!」

桜「あら、結花。いいところに」

結花「ん?なにカナ?」

桜「あのね、今日の放課後、学校探検をするの。結花も来ない?」

結花「あ!いきたいよ~~!!結花も連れてって?」

桜「いいわよ^^」

ひな「え、それ本気で言ってるの?」

結花「あ~~!ひな…こ~わ~い~ん~だ~♪」

ひな「なっ!!…ち、違うわよ!!私はね、勉強したいの!!」

桜「ふーん…勉強…ねぇ?」

ひな「何よ!?」

桜「いいえ、なんでも?」

結花「くすくす」

ひな「な…なによおおおお!!」

結花「あ~あ~!ひなが来てくれないとつまんないかも?」

桜「そうよねぇ…」

ひな「べ、べつに…行けばいいじゃない!!」

桜「ひな来てくれないかしら~~??」

結花「来てくれないかな~?」

ひな「~~~~~っ!」

桜「…ひな?」

結花「ひ~な~ちゃん?」

ひな「わ、分かったわよ!!行けばいいんでしょ?行けば!!」

結花「やっさし~~w」

桜「ふふ、ありがとう。ひな」

ひな「ふんっ!」







(6秒の間)






桜「あとは…もういいかしら?」

結花「あ…ねぇ、桜」

桜「何?」

結花「あの子は?学級委員の…私達、あの子と一度も話した事ないし…」

大輝「お~~い!何はなしてんだ?」

結花「あら、大輝」

大輝「おう、俺大輝♪」

桜「……はぁ、……今ね、学級委員も誘おうかって話をしてたの!」

結花「ねぇ、どうかしら?」

大輝「え~~~でもあいつ、マジメ系じゃん?ばかばかしいとかいわれそうじゃねぇ?」

桜「あたりまえでしょ!こんな企画、ばかばかしくてあたりまえよ!」

大輝「え、ひど!ひどくない?ねぇ、うわ~~」

結花「あ、あんた誘ってみなさいよ!」

大輝「えええええええええ」

桜「そうよ!いきなさい!」

大輝「…わーったよ!」




(3秒の間)




大輝「えと…矢島」

詩織「………な、なに?」

大輝「その…今日さ、放課後…みんなで集まって学校探検するんだけど…お前も来ない?」

詩織「わ、私も行っていいの…?」

大輝「お、…おう…」

詩織「あ、ありがと…じゃあ…参加してみようかしら?」

大輝「お、おう!(なんだ、こいつ以外に言い奴じゃん)」←エコー

詩織「じゃ…じゃあ、放課後…また、ね」

大輝「おう!またなー!!」




(3秒の間)




桜「あら、大輝。どうだったの?」

大輝「モチロン…ぐっと!」

結花「へぇ~~…やるわね~」

大輝「当たり前だろ?この俺様が誘ってんだから、断る馬鹿いねーだろw」

桜「ふふ、大輝は十分馬鹿だけどね」

大輝「何言ってんだ!!俺は…天才さ♪」

桜「はいはい」

結花「じゃ、決まりって事でokね!あ~~楽しみだな~~!」