SS > 短編-けいおん!メンバー > > ある秋の日


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

夏も終わり、儚くも蝉は次の夏を迎えたり、迎えられずに果てたりしている。
木枯らしが冷たく、所々に落ち葉が点々としている。
日によっては手袋を付けてる方が温かいかも知れないな。
幸い、今日はたまに吹く風が冷たいだけでブレザーを着てると問題は無い。
「でさー、あの芸能人は何だって話だよなー」
「だよねぇ。面白いけど、たまに下手な割り込みするんだよねー」
私は今、唯と一緒に帰っていた。
唯とは芸能人やファッション関係で話すと、何気に気が合う。
2人で笑いあってると、寒さを忘れる。
一陣の風が吹いた。
びゅおおおおお……
……ごめん、嘘吐きました。
「うぐっ、さ、さぶっ!」
思わず両手で自分を抱きしめて身悶えする。
「ぅぅぅ…、ってそんな時こそ!」
私同様苦しんでいた唯が、急にぴこーん、と音が鳴りそうな閃きを見せる。
なんだなんだ?
鞄のファスナーを開けて、手探りでアルモノを取り出した。
「ブークロちゃんの出番ですなっ!」
な!
「ふふん、最近寒いから鞄に入れてたのだよー。使わなかったけどね」
したり顔で、唯は右手に装着し始めた。
「ずるいぞぉ!」
私は思わず飛び掛かった。
「な、何をする、りっちゃん隊員!ココは戦場!準備は万端にするのが常で…」
「戦場なら取ったモン勝ちじゃぁ~!」
抵抗する唯から、付けてなかった左手の方だけを奪取した。
「あー!」
唯の悲嘆を無視して、私はそれに左手を通す。
ほほーう、流石手袋。素晴らしいっ!
「うー…ブークロちゃんが……」
「ありがとな、唯♪」
道路沿いの木の葉が揺れ始める。
またかよ…。
びゅおおおおお……
「あぐっ…さ、寒い!くそ!」
「ひ、左手がぁ……冷たい……」
またそれぞれ、身体を震わせながら風が止むのを待った。
私は空いた右手、唯は逆に左手に息を掛けて、せかせかと温める。
程好く温まったトコロで、私はもこもこの左手で右手を揉む。
「いやぁ、ブークロちゃん大活躍だなぁ♪」
「うぐぅー…りっちゃん!」
恨めしそうに見る唯が、途端に私の名を呼ぶ。
私は少し驚いた。左手は唯から遠ざけて。
「手、繋ごっ?」
唯は左手を差し伸べてきた。
「な、ななななな何でそんな恥ずかしい事せにゃならんのだ!」
「えー、恥ずかしいかなぁ」
顔に熱を持ってるのを感じる。って何で私は照れてるんだ!?
これじゃ、目の前で不思議に思ってる唯より恥ずかしいじゃないかっ!
「私はいつも憂とやってるからかなぁ」
唯は左手を自分の頬に、そっと触れさせる。
当然だが、びくっ、と身を強張らせて冷たさを実感しているようだ。
「うう…冷たいねぇ、私の左手ぇ」
涙目で左手に話し掛けている。なんだ、パペットマペットか?懐かしいな。
その光景を見てると、むず痒くなって来た。
「……ほら」
私は素肌を露にしてる右手を出す。
すると、唯は瞳を輝かせて私の右手を左手で掴んだ。
「あー、大して変わらないねぇ」
どっちが温かい、冷たい、とかそういう温度は感じなかった。
同じ熱を持った手を握り合う。
横の道路を過ぎ去っていく車を何となく見てると、唯がこっちを見ていた。
……にやにやしながら。
「りっちゃん、顔赤いよー?手繋ぐの照れてるのかなー?」
「なっ!」
思わず引っ叩いてやろうかと思ってしまった。
唯から顔を背けて、二度三度横に頭を振って左手でごしごしと拭う。
「これで大丈夫か?」
「うん、寒いから鼻が赤いけどね」
そりゃお前もだ。
「彼氏とかいたら、こういう風に繋いだりするのかなぁ?」
「っ!げほげほっ!」
唯の思わぬ発言にむせた。
「な、何を言い出すんだよっ」
「えー、だってさ、ほら」
唯が道路を挟んで反対側の歩道を指差す。
仲良さそうにカップルが歩いている―――恋人繋ぎで。
私はあの一本一本絡める指を見ていると、無性に気持ち悪くなる。
自分で指を絡めたのを上から見ると、どれがどっちの指か分からなくなる。
気持ち悪い、というか怖い、が正しいのかな。
「ねぇねぇ、私達もやってみない?」
唯がすんごい笑顔で提案してくる。
驚きを通り越して、冷ややかになってきた。
「何でだよ、私達はカップルじゃないぞー?」
「いーじゃん別にー。カップル繋ぎ、ってのは誰かが決めただけだしさっ」
唯ペースに呑まれてしまう。
唯は私に有無を言わせず、一旦手を離してから"カップル繋ぎ"に変えてきた。
「あ、コッチの方が温かいかも!」
私は同じにしか感じません。
口には出さないけどな。
遂に唯は鼻歌を歌いながら行軍し始める。おいおい。
会話出来る様子じゃないので、右手は繋ぎながら晩ご飯なんだろーなー、とか考えていた。
「あっ!」
唯の声に、その考えも塞き止められる。
そして、唯はショーウィンドウに走り出す。手を繋いだまま。
「うおっ」
私は唯に引っ張られてバランスを崩し掛けた。
慌てて左手でバランスを取り戻す。
「おい、唯引っ張るなよ」
「え、あ。ごめんごめん」
手繋いでたのを忘れていたようだ。
「ほら、これ見てよ。りっちゃん♪」
唯がショーウィンドウを指差す。
ガラスの向こうには、1つ、ウェディングドレスがマネキンに着せられていた。
ジューンブライドでもないのに、何でこの時期にやってるのかは知らない。
「キレーだねぇ…」
凄いうっとりしている。
「私達も、将来ああいうの着るんだよね」
「どうだろうなー、唯は主婦業出来ないから貰い手ないんじゃないの?」
「むっ、やろうと思ったら出来るよ!憂の料理は美味しいからやらないけどっ!」
「どーだか」
私はウェディングドレスに視線を向ける。
純白のドレスに、薄いベール。
横に並ぶのは………
「想像してるの?」
またもや塞き止められる。またにやにやしてる。
「うっ、うっさい!してないしてない!」
「どーだか」
さっきの私の口調で、私に言い返してきやがった。
「してないってーの!って、唯。髪にゴミ付いてるぞ」
唯の耳の上辺りの髪に埃が付いていた。
「え、ホント?」
傍から見たら、唯の茶色い髪に白い埃は目立つ。
唯はショーウィンドウのガラスを使って、それを確認して取り除いた。
「そういやさ、りっちゃん」
「何だ?」
唯が右手の平をガラスに密着させる。
「テレビで見たんだけど、ガラスじゃないけど鏡の反射率って、100パーセントじゃないんだってさ」
「へぇー。でも私達はこうして映ってるじゃん」
ガラスってのは要は鏡の反射率、を落としたようなものだ。
よく見ると、ガラスの向こうに見える店内には、姿見がある。
少し横にズレると、綺麗に私達がそれに映る。
「ほら」
「だよねー、でもさやっぱり100パーセントじゃないんだって」
「じゃあ何が欠けてるっていうんだよ」
唯が目を凝らして、奥の姿見を睨み付ける。
額をガラスに当てるぐらいの距離になると、吐息でガラスが曇っていく。
「んー……何だろうなぁ……寂しさとか?」
「はぁ?」
枯れ葉が目の前に落ちていく。
「自分の顔を鏡で見ているとさ、泣き顔でも"こんな顔してたのかー"って笑えてこない?
   小さい頃、私は自分の泣いた顔洗おうと思って洗面所行ったら、ふと見ちゃってさ。
   真赤な目とか、への字になった口とか、今みたいに赤くなった鼻の頭が面白くって、ついつい笑っちゃったよ」
はぁ、と息をガラスに吐いて、何を思ったか"さびしさ"と曇った部分に書く。
そして、その文字ごと白く曇った部分を消した。
「ほら、ガラスでも"さびしさ"は消えるよー」
…って、おい。
「それだと、"うれしさ"も"たのしさ"も消えるだろ」
「! あ、そっか。そうだねー」
りっちゃん頭いー。と言ってくるが、それはどうなんだ。
「じゃあ、りっちゃんは何だと思う?」
唯はこっちに話を振って来る。
「んー、何だろうな」
ふと、真剣に考えてしまった。
「あれ、お姉ちゃん。律さん」
後ろから声を掛けられて、ビックリした。
憂ちゃんが手に買い物袋を持って立っている。
「あ、憂っ。晩ご飯のお買い物?今日はなぁに?」
「今日はお鍋だよ」
「マシュマロ豆乳?チョコカレー?」
「い、いや、普通のお鍋だよ。…あ、律さんもどうですか?」
急に振って来られたから、少しどきっ、とした。
「え、いいの?」
「はい。寒いですし、きっと温かいですよ♪」
それじゃあ、と私はお邪魔させて貰う事にした。
「そういや、手なんか繋いで仲良しですね」
「えへへ、私とりっちゃんは大の大大親友だからね」
手袋を付けた右手でピースサインをする。
「… そうだなっ」
唯の微笑みに、にっ、と歯を見せて笑った。
ぶおっ!っと風がまた吹き、それに私達は目を瞑った。
「寒さが欠けてくれても良さそうだね」
唯はそう言った。
この寒さや温かさが欠けてくれると、今こうやって唯達といる状況も欠けるから、それは勘弁したい。
平沢姉妹に挟まれながら私はそう思った。

出展
【けいおん!】田井中律はドスコイ可愛い34【ドラム】

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
  • 考えて見たら、寒い日の唯には黒タイツ/黒パンティストッキングの話題がないとつまらない(趣味走)。 -- (紅玉国光) 2009-09-23 15:53:23
  • 律ちゃんに「ドスコイ」とは一体何の関連性が……? -- (紅玉国光) 2009-09-17 19:04:22
  • ゆいうい+りつも家庭的で良いですねぇ~(ほのぼの)。 -- (紅玉国光) 2009-09-17 19:03:22
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。