けいおん!クエスト 目覚め-梓編(ep4)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

梓「ちょ…ゆ…唯せんぱ…やめ…はっ!」

梓はビーストキングダムがある島の港、ガリア港で目を覚ました。
梓にくっついていたのはいつもなら唯であるが、今回は違っていた。

梓「な、なに!?あなた…スライム!?」
スラきち「違うよぉ~スラきちだよぉ~」
梓(ちょっと唯先輩に似てる…)「ス、スラきち?なんでモンスターなら何で私に襲いかかってこないのよ?ていうかここゲームの中?」
スラきち「ゲーム?いきなり現れるし変なこと言うし、おかしな人だなぁ~。名前はなんていうの~?」
梓「あ、梓よ」
スラきち「あずにゃんか~」
梓(言ってないし!いらないところで唯先輩に似てる…)
スラきち「あ、僕があずにゃんを襲わないのはね、あずにゃんには魔物使いの素質があるからなんだぁ。僕たちモンスターとしゃべれるのは魔物使いだけなんだよ~」
梓「そ、そうなんだ。よろしくね、スラきち。ところで…私、仲間とはぐれちゃって…どうしたらいいかなぁ?」
スラきち「うーん、ここは海に囲まれた島で、このガリア港とビーストキングダムしかないんだぁ。あ、そろそろスーベリアからの生贄船が到着するよっ。ビーストキングダムの王様、獣帝ライデンに女の子が食べられちゃうんだ~」
梓「いっ生贄!?(先輩達の誰かが生贄にされてたらどうしよう…)ねえ、スラきち、一緒に来て!物陰に隠れて生贄船の到着を待ちましょう!」


魔物使いの素質を持つという梓は、どこか間の抜けたモンスターのスラきちと共に、スーベリアからの生贄船を待っていた。

梓「スラきち、来たみたいね」
スラきち「また女の子が連れてこられたんだねぇ。かわいそうだな。僕は生贄には反対だよ~」
梓「…スラきちみたいなモンスターもいるのね。良かった、生贄の中に先輩達はいないみたい…(かわいそうに、あんなに怯えて…何とかして助けてあげたい…)んっ?今こそこそ船から降りてきたのって…り、律先輩!?」
律「あっ!梓!!良かった無事だったかぁ~!」
梓「ぐすっ…律…せんぱ…ぐずっ…」
律「おいおい、泣くなよ梓。私も心細かったんだ」
梓「とにかく会えてよかったですっ…ぐす」
律「って…うわっ!なんだこいつ!?モンスターだぞ梓っ」
梓「律先輩待ってください!剣をしまって!この子は私に懐いてきたんです。どうやら私、魔物使いの素質あるらしくて…」
律「へぇーっ!お前名前は?」
スラきち「ス、スラきちです~剣をしまってください~」
律「あはは!こいつ震えてら!ってかちょっと唯に似てないか?」
梓「ぷっ…あははは!私と同じこと考えてる!」
スラきち「剣向けたり笑ったり…ひどいよぉ~」
律「ピイピイって何言ってるかわからんな…もしかして梓はこいつが何言ってるかわかるのか?」
梓「あ、はい!この狂暴なおでこは何なんだって言ってます」
律「…梓…それお前の本音だろ…」

偶然合流することができた律と梓。
小さな仲間を加え、夜営の準備をする。
2人の意見は一致していた。
ビーストキングダムに仲間が捕らえられているかもしれない。
罪もない少女達を救いたい。
月明かりに不気味に浮かび上がるビーストキングダムを背に、2人は眠れない夜を過ごした。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。