SS > 短編-けいおん!メンバー > >


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

律「待って・・・!待って澪!!何処行くの?!」

澪「ごめんね・・・律・・・」

律「澪・・・澪ぉ!!」


律「澪!!・・・夢か・・・」

悪い夢を見た
澪が私を置いて去ってしまう夢

律「・・・・・澪・・・」

私は気が付けば携帯を手に取っていた

律(こんな時間に電話かけたら・・・怒るよね・・・)

そんな思いもありながら、私は澪に電話をかけた

♪愛を込めてスラスラとね・・・

澪「・・・んー・・・・誰だこんな時間にー・・・律・・・?」

澪「もしもし・・・」

律「・・・澪・・・ちょっといいかな・・・?」

澪「なんだよー・・・明日も早いだろ・・・?用があるなら明日・・・」

律「・・・こ・・・怖い夢・・・見ちゃって・・・」

澪「・・・・・」

くすっ

澪「ふふ・・・どんな夢・・・?」

律「・・・あのね・・・」

澪は最初は迷惑がっているようだったが、
ゆっくりと私の話を聞いてくれた
澪の優しい声が、携帯越しに私にぬくもりを与えてくれた

澪「・・・あ、もうこんな時間だ・・・もう大丈夫か?」

律「うん・・・ごめんね・・迷惑だった?」

澪「そんなことないよ・・・じゃあ、ゆっくり寝なよ・・」

律「・・・うん・・・おやすみ。」

澪「おやすみ・・・また明日な。」

ぴっ

律「・・・澪・・・ありがと・・・」

澪「まったく・・・律も子供なとこあるなぁ・・・」  (そこが良いんだけどね・・・)


その後、私は澪と一緒に手を繋いで歩いている夢を見た
大きい手が私の手を強く、優しく、暖かく包み込んでくれていた

出展
【けいおん!】田井中律はチラ見可愛い53【ドラム】

このSSの感想をどうぞ
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。