SS > 短編-俺律 > 雨猫りっちゃん


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

191 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/06/15(月) 19:53:45 ID:ZSIZ3hhr
律「はあ…テスト勉強はかどんねー。ジュースでも飲んで休憩しよっと」

律「なんもねぇ…。うっし!散歩がてらコンビニでも行くか!」
前髪をまとめていたゴムを外した代わりにカチューシャを乗っける。

律「うわぁ…雨降ってたのかよー。もータイミング悪いなぁ…」

俺「いらっしゃいませー」
傘を傘立てにしまい入店。店員がこちらをうかがっているが、気にせずドリンクコーナーへ。万引きなんてしませんよー
律「あっれー。ペプシ売り切れかよー。じゃあサイダーで我慢するか…。」
俺「ありがとうございまーす」

律「雨が強くなってきたなぁ。」
くるくる傘を回しながら雨粒を撒き散らす。買ったサイダーが妙に重く感じる。
律「…あ。」
視線の先には猫がいた。弱っているのか、なぜかその場から動かない
律「寒いだろー。ウチにくるかにゃんこ~」
しかし、近づくと猫はささっと離れていった
律「なんだーツレないなー。まあ元気なら…!」
雨に濡れながらも、猫が留まっていた理由に気付いた。そこには子猫が横たわっていた。子猫は、もう動かないのに寒さで震えているように見えた。
律「…そっか…。お前、お母さんかお父さんなのか…?」
電柱の影からこちらを伺っている猫に話し掛けた
律「…ごめんな。」
雨に濡れた子猫を抱き抱え、猫のところまで歩み寄る。猫は逃げなかった。
律「…風邪、引くなよ。」


律「へっくし!う~寒っ。びしょびしょだぁ。また風邪引いちゃうよ…」
濡れた体をバスタオルで拭きながら、買ってきたサイダーを開ける。
プシューーッ!
律「うわっ!あふれやがった!ちっきしょー、走りながら帰ってきたからなー。」
炭酸の抜けた砂糖水を口に運ぶ。

律「……傘、買わなきゃなあ…」


次の日、猫たちはもういなかった。
律の傘だけが、昨日と同じようにそこにあった。
律「…うっし!今日も頑張るか!」
傘を手に取り、律は学校へと歩きだす。

空は、雲一つない快晴だった。

終わり

出典
【けいおん!】田井中律は冷ピタ可愛い23【ドラム】
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。