トップページ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ロックマンEXE 攻略&知識専門WIKI
  ここでは、ロックマンEXEに関する事を書いていこうと思っています。

  その1:今までのEXEシリーズ

  ロックマンEXE ・・・EXE第1作。「WWW」を相手に熱斗とロックマンが立ち向かう。この頃はまだ電脳世界の完成度が低かったが、バトルチップの完成度やウィルスの強さは大したものだった。


  ロックマンEXE2 ・・・今度はネットマフィア「ゴスペル」を相手にする。2では新たな能力「スタイルチェンジ」が登場し、ステージも日本から外へ行けるようになった。しかし、ナビやウィルスとしての難易度は少し低くなった物と、高くなったもので大きく分けられた。チップの能力が、最も上級者向け


  ロックマンEXE3 ・・・今回は、WWWが新たなメンバーで復活した。難易度が一番高い作品だろう。スタイルチェンジも健在な上、新たなスタイル「グランド」「シャドー」「バグ」の3つが増える。今回からソフトが「ホワイト」と「ブラック」とストーリーは同じだが微妙に違うようになった。


  ロックマンEXE4
トーナメントレッドサン&ブルームーン・・・4は、2つのソフトで出現するナビやチップが少し変わるようになった上に、エンディング後にデータを継続したまま最初からプレイできるようになり、毎回違うトーナメント相手が出る様になった。
今回から「ソウルユニゾン」と「ダークチップ」が追加され、戦い方が人によって大きく変わるようになった。ナビチップも今作から強化版がSPとDSに変わった。


  ロックマンEXE5
チームオブブルース&カーネル・・・今回は「リベリート」と言う新システムとなり、ロックマン以外のナビも使用できるようになった。
ナビも新キャラがかなり増え、5シリーズのアニメはとても人気だった。2のナビも懐かしく登場しているのが多い。4とはダークチップの使い方が完全に変わり、ソウルユニゾンの闇版「カオスユニゾン」が使えるようになった。しかし、ダークチップの使い方は4の方が自分的には良いと思う。



  ロックマンEXE6
電脳獣グレイガ&ファルザー・・・EXE最終章。街も変わり、最後にしてはステージが物足りなくなってしまった気がする。 しかし、ゲーム内容はとても面白く、「獣化」「クロス」の2つが誕生した。
ウィルスなども少し変わったが、最後にWWWという発想はとても嬉しかった。




  ロックマンEXE トランスミッション ・・・1と2の間の番外。ここから下はプレイしなくても、実際のゲームには支障は無い。ボスナビも殆どがオリジナル。


  バトルチップグランプリ ・・・3の続編。3に行われた「N-1グランプリ」を元に作られた。戦い方も通常と異なり、チップフォルダを作るだけで後は勝手にバトル。6人のキャラで6つのストーリーはある。


ロックマンEXE5 ツインリーダーズ ・・・DS版で、ブルース・カーネルの両方がプレイできる上、カーネルのチームのナビをブルースで使えたりなど、5がさらに充実している。


  ロックマンEXE ファントムオブネットワーク ・・・携帯版のEXE。内容的には3~5の何処か。携帯版はボスナビの殆どが昔のナビ。


  ロックマンEXE レジェンドオブネットワーク ・・・携帯版。これは5の後に存在した話、つまり番外編。しかし携帯版は少し操作が難しい。