※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

http://www6.uploader.jp/sam/thumbnail/tukau_uljp00328.jpg
本名:前田慶次郎利益
身分:浪人
官位:―
役職:―
兵数:0

【列伝】

前田慶次 マエダケイジ(????-????)
前田家臣。のち上杉家臣。名は利益。利大とも。
戦国一の傾奇者として知られる。
滝川一益の縁者だが、前田利家の兄の養子に入り前田姓を称す。
歌道、連歌、茶湯、舞踊、古典に長じた教養人で武芸百般にも通じた。
関ヶ原合戦に際して上杉家に参陣。
隠居後は「ひょっと斎」と号した。
(出典:太閤立志伝)

戦国草紙でのあゆみ

愛馬・松風を駆り退屈な滝川家を出奔、「運任せ」で西を目指すことに。
途中、二条幕府と長尾景虎の戦を見物するため越後に向かうが、実は二条幕府と小弓幕府の戦であったことが発覚。
急いで越前に向かったが、戦はすでに終わっており、失意のうちに再び堺へと向かった。
ようやくたどり着いた堺で慶次は芳しき香りにつられ堺公方・足利義栄の邸宅に侵入する。
そこにいた堺公方の側近、三好義賢と砂糖を争い賭けをすることとなる。