※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【スキー板の選び方】

  • 初中級モデルといって売ってるやつで、身長マイナス 10cm ぐらいの長さがお薦めです。
  • まずは扱いやすいこと、コントロールしやすいことが大事です。
  • 上級モデルはコントロールが難しくなるので、初めのうちはお薦めできません。初心者・初級者のうちは、よく転んで傷だらけになるし。
  • 見た目も大事ですが、くれぐれも見た目だけで決めないように。
  • 小柄な人、体重が軽い人は、ジュニアモデルやレディスモデルも視野に入れてみると、選択肢が広がります。


【スキー板の分類】

DEMO モデル


RACE モデル


フリーライドモデル


レディスモデル


ジュニアモデル



【ブーツの選び方】

  • 一にも二にも、「自分の足に合うこと」が重要です。きちんと分かっている人がいるお店で、納得がいくまで履き比べて決めましょう。
  • 最初はついつい「痛くないように」といって緩めのサイズを選んでしまうのですが、あまりガバガバに緩いと、板のコントロールが難しくなってしまいます。
  • メーカーによって傾向があり、「狭い足に合うメーカー」「広い足に合うメーカー」といろいろ。それを知ることも重要です。

ちなみに、谷脚だけで斜滑降してみて真っ直ぐ滑れないようなら、ブーツが緩い疑いがあります。

【ポール (ストック) の選び方】

  • 長さは身長×0.65 ぐらいが基本です。
  • 最初はとりあえず、お店の店頭で箱にワッと突っ込んで売っているような、数千円程度の安いので十分です。ポールにかけるおカネがあったら、ブーツに回しましょう。
  • うまくなってくると、姿勢が低くなるとかコブ斜面で使いやすいとかいう理由から、短めになる傾向があります。そうなってきたら、長さを変えられる伸縮式のカーボン製にするのもよいです。