テーマ


オプションの改造基本


オプションの書式


metrics.ini中の
[ScreenOptionsMaster]以下の行を見ていけば大体分かるが、例えば、
オプションのタイトルがExample
選択できるオプションがABC3つ、
又、それぞれのオプションの表示名がAlphaBetaGamma
最初から選択されているオプションがBだとすると、
以下のようになる。(SM3.9の場合)

Example=3
ExampleDefault=mod,B
Example,1=mod,A;name,Alpha
Example,2=mod,B;name,Beta
Example,3=mod,C;name,Gamma

オプションの書式の解説


Example:AppearanceとかSpeedとかにあたる。ぶっちゃけ、なんと名づけてもOK.
ABC:StepMania内部でのオプションの名前。決まってるので良い加減につけちゃNG.詳細後述。
AlphaBetaGamma:ユーザがつけるオプションの名前。好きに付けてOK.
3:このオプションのタイトルの中に、いくつオプションがあるか。上記例での一番上の数と一番下の数が合ってないといろいろと面倒が起こるので、適当な数値を記述。
実際は、ExampleとAlpha、Beta、Gammaの表示はlanguagesフォルダのiniファイルにも記述するが、面倒なので後回し。

StepMania内部でのオプション名


オプション設定の情報と結構かぶります。悪しからず。
4.0用と3.9用両方をアルファベット順に記載しておきます。
一部オプションでは効果を%で指定可能 (例:-100% mini)
コースファイルでは*Nでオプションの切り替わる速度を指定可能。 (例:*2 drunk)
(色で分けたほうがいいかな?)

内部オプション名


オプション名 効果など。 Default %
N life 3 lives Batteryを使用しているときのライフ残量を指定します。Nが1のときはlife、2以上のときはlivesのようです。0にすると即死します。大きすぎる数字(9999999999999999999999 livesなど)を入れると・・・
Nx 4.25x Noteのスクロール速度をN倍にします。 1x
Nxmusic 0.1xmusic 曲の演奏速度をN倍にします。 1.0xmusic
alternate ←↑には矢印が下から上へ、↓→には矢印が上から下へ流れていきます。
autosync
backwards (5.0)譜面が180度回転します。danceではmirrorと同様。
bar プレイヤーのライフをバーで表示します。
battery プレイヤーのライフをバッテリーで表示します。一定数以上(N lifeで指定可能)Good以下でコンボを切るとFAILEDとなります。
beat 4分のタイミングでスクロールが横方向に鼓動を打ちます。 no beat 振幅が大きくなります。
big 4分の矢印の間に8分の矢印を追加します。
blind 判定を隠します。
blink 矢印が表示、消滅を繰り返します。
bmrize
boomerang
boost 途中から加速 加速のスピードが上がる
brake 途中から減速 減速が弱くなる、100%以上にすると・・・
CN C642 NoteのスクロールをBPMNの速さで固定します。ストップシーケンスは停止時間に応じた空白になります。3.9ではワープ(負のBPMまたは停止)があると譜面の点滅する場合があります。
centered
cover
converge →centeredへ
cross
dark 判定の位置にある矢印を隠します。
dizzy
distant
drunk
echo
expand
failarcade ライフが0になった時点で即ゲームオーバーにします。
failatend (5.0)一度ゲージが空になっても回復し、曲終了時に少しでもゲージが残っていればクリア扱いになります。passmarkとの併用を想定したオプションかと思われる。
failendofsong ライフが0になっても曲が終わるまではゲームオーバーになりません。
failimmediate (5.0)→failarcade
failimmediatecontinue (5.0)ライフが0になってもpumpでは51連続でミス、その他のモードでは曲終了時までプレイできます。こちらのほうが3.9のfailendofsongに似た挙動?
failoff ライフが0になってもゲームオーバーにならず、クリア扱いになります。
flip
floored
hallway
hidden 矢印が途中で消える
incoming
land →brakeへ
left
little 4分以外の矢印が削除される
mN m750 (5.0)Noteのスクロール速度を最大でNの速度に合わせます。(N÷最大BPM)xが別に付きます。(5.0p2)
mini 矢印が小さくなる 矢印が更に小さくなります。負数を指定して大きくする事も可能。
mines 普通の矢印を一部地雷に変えます。
mirror 譜面が左右反転します
noholds フリーズアローが全て通常の矢印になります。
nohands 3つ同時押し、4つ同時押しが2つ同時押しになります。
nojumps 2つ同時押し、3つ同時押し、4つ同時押しが通常の矢印になります。
norecover Barを使用しているとき、ライフが回復しなくなります。
normal-drain Barを使用しているとき、ライフが回復するようになります。
norolls (5.0)ロールアローがフリーズアローになります。
noquads 4つ同時押しが3つ同時押しになります。
nomines 地雷がなくなります。
overhead overhead
passmark 70% passmark ライフゲージが指定した値 以下 になるとゲームオーバー。failimmediateの場合はその時点でゲームオーバー、failatendの場合は曲終了時指定した値以下になっているとゲームオーバー。 no passmark(?) 満タンに対するライフゲージの量を指定します。50%なら半分以下でゲームオーバー。failimmediateの場合、ライフゲージの初期値>passmarkの%にしないと即ゲームオーバー。100%以上、または%指定がないとクリア不可能になります。
planted ほぼ踏みっぱになるようにフリーズアローが追加されます。但し、次の矢印が同じ方向、同時押しであるか、その矢印がフリーズアローの場合は追加されないようです。
protiming 判定の表示がミリ秒単位になる
quick
randomvanish 矢印が消えた後、矢印がランダムで入れ替わった状態で現れます。 5.0では使用するとクラッシュします。 後のベータ版で削除されました
reverse 矢印が上から下へ降って来るようになります。
right
savescore スコアの記録を録るようになります。
shuffle Noteの配置が方向ごとに入れ替わります。
skippy
space
split
stealth 矢印が見えなくなる 99%以下にすると若干矢印が見えます。小さいほど見えます。( 5.0ではノートスキンによっては効果なし 後のベータ版にて改善)
stomp Noteの配置が上下又は左右の同時になる
sudden 矢印が途中から現れる
suddendeath Barを使用しているとき、これがあると一度ミスした時点でゲームオーバーになります。
supershuffle Noteの配置が矢印ごとにランダムになります。
tipsy
tornado
twister
wave
wide

解説サイト


テーマやノートスキンでアニメーションを行うためのコマンドが解説されています。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。