ヴァルベルデ王国物語


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

gaagle文庫から出版されている(らしい)大河ロマン小説。
全20巻らしいが噂では現在進行形で作られているらしい。
ヴァルベルデ公開版では『victor』というタイトルで知られている。



【第1部:諸侯会議編】

庶民の出のデズム・リーゲル(シュヴァルツ・ヴォルフラム)が領主に成り上がり、
エアリアル・J・ヴァルベルデを擁立し、王位継承戦争を乗り越えていく話。
このときに活躍した6人の男たちが諸侯会議と呼ばれる制度を作っていく。
主にストーリーは4つの章に分かれている。
デズムが領主となり、ヴォルフラム家の当主となるまでが第1章、
エアリアルがアーサーとともに長い逃避行を繰り広げるのが第2章、
シュヴァルツがエルドベーア・ミルヒを倒し、クーゲルを軍師として迎え入れるまでを3章、
クーゲルが軍師として数々の戦いでエアリアル軍を勝利に導き、内戦を終わらせるまでを4章としている。


【第2部:四剣士編】

内戦から20年後。
売春宿に売り飛ばされそうになった少女オリンは諸侯の1人レイヴン・ナイツによって拾われた。
それから7年後・・・オリンはレイヴンの養子として育てられ、ヴィヴィン・ナイツを名乗り男として世間に姿を現した。
王宮で出会ったクラーク・カーターやエド・レイス、ラキム・タヒネンと共に国賊と戦っていく。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。