【作品名】 月姫+月姫読本
【ジャンル】 コンピュータ・ゲームとその設定集
【名前】アルクェイド・ブリュンスタッド
【属性】吸血鬼 地球の素材で作られた地球の受肉した精霊
【大きさ】スリムな白人女性。
【攻撃力】獣を素手で殺害可能
【防御力】人を貫きながらコンクリに突き刺さる威力の剣を十数本くらって無傷
【素早さ】達人でも視認できない速度で動ける。移動速度は推定360km。6kmを1分足らずで移動した。
     魔獣数十体を一呼吸で全て引き裂ける。
     (獣達が包囲して一斉攻撃→次のシーンでアルクに全て切り裂かれてる)
ネロと同程度の反応
【特殊能力】
  空想具現化
      イメージどおりに世界を変化できる。しかし空想具現化で干渉できるのは自然のみ。
      人間には直接干渉できないので攻撃に使うなら物理攻撃。

      過去にやったことは、
      ・城を出現
      ・敵の周囲に瞬時に真空を作り自然発生するかまいたち現象で
       人間よりは硬い人外の敵の足首だけを残して消滅させる。
      ・「1000年後の月を見るまでは消えない」、という契約に基づく力を
       もっている敵に「このまま生きていった場合に見ることになるダミー
       ではなく本物の1000年後の月」を出現させてその契約を強制終了。
  魅了の魔眼
      上級の魔眼の一種で、瞳を見てしまった相手を行動の束縛や洗脳・記憶操作
      相手の精神を崩壊させるなどのことができる。瞬時。
      魔術耐性のない者は抵抗できない。魔術耐性があればレジストできる。

      (強い意志があれば支配された状態からなんとか抵抗できる
      目を見た人間に対し金縛りが可能な魔眼に抵抗できる達人
      でも抜け出すのに数十秒かかった。その間肉体を支配されてた)

      任意発動、アルクが無意識に発動させちゃってたときに主人公が見てしまい瞬時に支配された。

  蘇生
      殺された状態からでも復活する。再生不可能な傷でも対処できる。
      ただし全身を再生不可能な傷で切られ切断されまくった場合、蘇生に一晩かかった。

【長所】人間なら問答無用の魔眼
【短所】描写と設定が色々足りてない
【備考】シエルルートでガチで戦う

<参考>
【ネロ・カオス】
【素早さ】
ネロ本体は一歩で数m跳ぶ程度。
また、体内に蠢く獣もネロ自身なので本体は実質的な全方位視界を持つ。
死徒の中でも別格なので銃弾を見て避けれる死徒以上と思われる