【作品名】斬魔大聖デモンベイン
【ジャンル】ラノベ

【備考】外伝小説(斬魔大聖デモンベイン機神胎動+軍神強襲+ド・マリニーの時計)
とアニメ版は原作者よりゲーム本編と繋がっている事が明言されている。
    しかしノベル版は特に繋がっている明言がないので、別途に参戦させる。

【名前】クトゥルーwithネームレス・ワン
【属性】邪神 旧支配者
【大きさ】直径約10kmほどの球状の謎生物。
【攻撃力】触腕を蠢かせ、わななかせただけで数十メートルの津波を起こし、戦艦を転覆させた。
     一瞬で数kmの距離を踏破して無数に押し寄せてくる触腕を連発できる。
     威力は宇宙を破壊するほどの衝撃を起こしても無傷な相手を一発で粉微塵に出来るほど。
     触腕の先端には口がついていて、50m程の相手を噛み砕ける。
【防御力】数百の戦闘機から一斉に発射されたミサイルを当てられてもノーダメージ。
     超宇宙的物質(詳細不明)で出来ているとか。身体の中心部で核クラスの熱量の爆発が4度起こっても平気。
     身体の中心から外殻を突き抜けるようにして全長数kmの穴を開けられても大丈夫。
     水中生存可能。
【素早さ】移動は大きさ相応。飛行可能。
     ニューヨークからニュージーランド沖まで、進路上の都市を破壊しながら移動した。(行程はおそらく2日ほど)
     超音速の相手に狙いをつけ、回避不能なくらいに触腕を殺到させられる。
     さらにこちらの触腕を四方八方から打ち込まれても全弾避けられる相手でも
     回避仕切れなくなるほど無数に撃ち出すが出来る。
【特殊能力】
瘴気:範囲は大都市全域、常時発動。常人なら数分経たぬうちに正気を失ってしまう。
   ちなみに、内部は常人だと一瞬で気が触れてしまうほどに濃度が高まっている。
   ネームレス・ワンのいる中心部は内部の中でも桁違いで、瘴気だけで空間が捻れ、ひしゃげている。
   海の中にいるだけで海が汚水のようになって魚が死に、付近を飛んでいる鳥が勝手に死ぬ。
視線:相手がクトゥルーと視線が合っただけで、その瞬間に心が木っ端微塵に砕け散り、全身が揮発し、魂ごと存在が
   消滅するような感覚を覚える。
   常人発狂よりも遥かに上の瘴気が漂うクトゥルー内部でもまともに行動できる魔術師の心もバラバラに砕いた。
  (ただし、その魔術師は魔術師の精神力でバラバラになった自分の心をかき集める事でなんとか復活した)
   目の大きさは大体数百m程。
暴走:制御ユニットがクトゥルーの制御をわざとなくすことで、クトゥルーを暴走させ肥大化させられる。
   放っておくと地球を飲み込んでしまうらしいが、未遂。
   増殖を続ければ、一日もあれば地球を滅ぼす程になるとの事。
   クトゥルーの表面をどんどん肉腫が覆い、その肉腫の表面に眼や唇が無数に出現。
   さらにそれを新たな肉腫が覆い……というループ。
どこかに100mくらいの入り口がある。
【長所】常時発動の瘴気。触腕の威力
【短所】原典のように姿を見ただけで発狂したり、恐怖で即死とはいかない。防御力微妙
【戦法】相手を見ながら触腕を連発。相手が見えないならば、そこら中に目線をやりながら触腕を振り回す。
    それでも打つ手がないなら全身の眼を見開きながら暴走、増殖する。

【名前】ネロwithネームレス・ワン
【属性】人類最強の魔術師with鬼械神
【大きさ】少女並in250メートルほどのロボット
【攻撃力】
ネロの攻撃
爆破:相手を内部から爆発させる。射程は1kmメートルほどかと思われる。相手が見えなくても
   使用可能。発動までのラグは確認されていない。人間くらいの相手にしか使っていない。
ネームレス・ワンの攻撃
『情報消滅』:世界を構成する情報の中から相手の存在情報を消去して因果から遮断し、相手をなかったことにする。
       人外や物質にも使用可能。複数の対象にも二体くらいなら一度に使用可能。
       劇中では人間並の大きさの魔術師と、足が四本で、それがそれぞれ100mほどの大きさの
       ロボットを同時に消滅させた。発動は一瞬で、溜めは無し。
       対象は何の前触れもなく、唐突に消え去る。射程はこちらが認知できる範囲か。
       死んでも使い魔の命を身代わりに消費して即座に復活する相手が、使い魔が
       残っていたのに復活できなかった。
       生き物だから無理とか、物質だから無理とかの制限は無いようだが、精神体そのものと
       いう相手はどうなるか不明。(存在情報を消し去るので、知覚できればおそらく消せるか)
『術種選択:魔剣』:右手の魔力剣。威力は宇宙を破壊するほどの衝撃を受けても無傷な相手が切られるくらい。
『術種選択:魔砲弾』:左手の砲弾。魔力を超高密度に圧縮したもの。威力は宇宙を破壊するほどの
           衝撃を受けても無傷の相手の装甲を、 かすめただけで削り取る。
           最速では特に溜め無し。射程1kmほどか。
【防御力】周辺数km以上に核クラスの熱をまき散らす炎の塊が直撃して爆発しても、半壊で済み、
     それも瞬く間に再生完了する。
     修復が追いつかないほど連続で攻撃されるか、一撃で跡形もなく破壊されると倒されるとかしない限り再生する。
【素早さ】一瞬で数km迫る触腕を全方位から放たれても回避や迎撃が可能な相手と互角に戦闘。
     突撃して切りかかればその相手が回避しきれない。その相手の奇襲にも対応して魔弾を撃てる。
     移動速度は不明。大きさ相応か。
【特殊能力】防御力欄の再生能力あり。再生のエネルギーはクトゥルーからの供給。
      常人発狂より遙かに上のクトゥルーの中心部にいても平気。
【長所】情報消滅がかなり強めか
【短所】クトゥルー内部に入ってくる奴はそうはいないと思われるので、宝の持ち腐れ。
    単体の方が強い可能性がある。
【戦法】情報消滅。
【備考】ネームレス・ワンは制御ユニット。クトゥルーの中心部に存在。
    地球の大敵となって主人公と対峙


vol.65
745 :格無しさん:2009/07/04(土) 22:55:50
クトゥルー

○>ノストラダムス>マスターハンド>魔竜=魔獣ゼノン>オデッサ・エイ
 >デスタムーア>ヤーブナ
:瘴気と視線の常時精神破壊勝ち

×冥王ハーデス:神の力ではねかえされ負け
×黒き月:40km破壊エネルギー砲負け

黒き月>冥王ハーデス>クトゥルー>ノストラダムス