【蝶ヶ崎蛾々丸】


【作品名】めだかボックス
【ジャンル】 漫画
【名前】 蝶ヶ崎蛾ヶ丸
【属性】 人間
【大きさ】 一般的な男子高校生より一回り大きい程度
【攻撃力】 素手で人間の片腕を折り、足で男子高校生の頭を生みつぶす程度
【防御力】 素では鉄骨を25発で数本を折るパンチを1発耐えて戦闘を続行できる程度
      詳しくは特殊能力参照
【素早さ】光速の1/30倍の戦闘速度と反応の球磨川禊と戦闘可能
【特殊能力】 不慮の事故『エンカウンター』
受けたダメージを自分以外に押し付ける能力
精神ダメージや死も家族等の概念も押しつけることができる
一度食らってから押し付けるため防御を超えるのを食らえば即死すると思われるが、それを押しつけることによって死ぬことはない
作中最大描写は物理的ダメージでは全身の骨を骨折する程度のダメージ
精神ダメージはストレス程度
射程距離はかなり巨大な高校の校舎程度

球磨川と会話することが可能なので精神攻撃×2耐性
【長所】 無駄に高い素の攻撃力と不慮の事故
【短所】 トランプとか武器にして戦いそうな顔
【戦法】 常時精神攻撃で倒せなければ、自殺するか相手に殺してもらい死を相手に押し付ける。速すぎて無理なら相手の攻撃や寿命による死を押しつけ続けて寿命勝ち狙い
【共通設定】過負荷を持つ者の声を聞く・姿を見た者は心が折れる。
【備考】 副会長戦で日之影空洞(主人公の仲間)と戦闘
球磨川禊の素早さ:光速で移動できる能力を持つ日之影が最光速度で30メートル程度の鉄塔を分身して駆け上がるのを視認して会話できた副会長戦善吉      その善吉が視認できない速度で、数メートル先から善吉の目の前まで移動しつつ
向かって右側の人間にネジを1つ、左にいる善吉に3つ正確に命中させる戦闘速度、反応の会計戦の球磨川
戦闘速度:光速の1/30倍  反応:1mからの光速の1/30倍反応
※会計戦と副会長戦の時系列は逆だが、その間の善吉の修行、強化は全くないので描写を流用
死を押しつけられるの根拠:第87箱日の影のセリフ「たとえ即死しようとも その『死』という ダメージを他の場所に 押し付けることができる」より
惑星を破壊された場合は負けとする
参戦 vol.78 903
修正 vol.83 333

79スレ目
132 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2011/03/03(木) 00:17:36.28 ID:z49xKtVC [2/2]
蝶ヶ崎蛾々丸 は押し付けることができた最大ダメージ描写追加待ちだから修正待ちでいいよな?
ダメージを押し付けられる能力射程も不明だし。




78スレ目
904 :格無しさん:2011/02/20(日) 19:52:40.81 ID:sqkZ5LRl
こういう押し付けるのって上限はいらんのか?
漫画見てたときから思ってたけどさ


905 :格無しさん:2011/02/20(日) 20:14:46.80 ID:XDji6L65
不慮の事故って常時じゃないっぽい書き方だけどどうなんだろ。
あと接触の必要性とか。