【作品名】ぬらりひょんの孫
【ジャンル】漫画
【名前】土蜘蛛
【属性】妖怪
【大きさ】750cm
【攻撃力】数百~数千の妖怪(人間の達人以上)を拳のみで全滅させる
【防御力】数十人の妖怪(どれも人間の達人以上)から滅多刺しにされてもダメージ描写なし
     指や身体の一部を切り落とされても力ずくで元の位置にくっつける
     身体を頭から縦に真っ二つにされても自己修復可能
     主人公の幻覚攻撃を力ずくで押し破った(幻覚を空間ごと引き裂く描写)
【素早さ】達人の動きが止まって見える妖怪をまとめて蹴散らすレベルのスピード(マッハ2.5くらい)
【特殊能力】口から糸を吐く、土蜘蛛が全力で突進しても切れないので粘度はそれなり
【長所】防御が硬く再生能力も高い
【短所】最終的にラスボスのかませ
【戦法】相手の攻撃を無視しながら突っ込みそのまま殴り飛ばす
【備考】京妖怪の一匹、京都に乗り込んだ主人公を仲間の妖怪ごと戦闘不能にした
    上記の(人間の達人以上)の妖怪多数についてはこのレベルの妖怪の目には剣術の達人の動きは止まって見えるらしい(小説版参考)


vol.92
799 :格無しさん:2012/03/04(日) 17:21:42.50 ID:MR3lu7hs
土蜘蛛考察
秒速17mの剣(考察手順より)が止まって見えるってことは少なくともその50倍くらいの戦闘スピードがあると推測できる
秒速17m×50で秒速850m(マッハ2.5)相当とする
高防御の壁から
○ハクメン~シュバルツバルト 殴り殺して勝ち
×リディア 地震負け
×牛鬼 取りつかれて負け
リディア>土蜘蛛>シュバルツバルト