【作品名】聖杯魔団
【名前】ぺるしゅばる
【属性】円卓の騎士の一人
【大きさ】右手の無い長身の成人男性並
【攻撃力】達人並。特殊能力参照
【防御力】聖杯の加護(呪い)によって得た不死の身体
頭頂から股間まで両断されても死なない
毒を受けた状態で手首を斬り落とされると再生しなかった
【素早さ】達人の振るう刃を見切って掴める
【特殊能力】邪眼…視界内の生有るものを即死させる
草むらの影に隠れていても草ごと効果を及ぼした
ペルシュバルが能力を抑える為に手で目を覆っていたので常時発動能力
不死者でも見られると地獄の苦痛に苛まれ行動不能になる
多分直接見なければ効果が無い
焦点を合わせる必要はなさそうだが
草むらの影にいた者を倒した描写からして、焦点を合わせれば効果が高くなるモノと推察される
【長所】生命体なら見れば死なせられる
【短所】邪手もあれば……
【戦法】見る
【備考】時間が経てば死ぬ不死身と違い、永劫二生きる不老不死。とあるので寿命が無い
わしはともかく部下には糧がいる
と言っているので餓死も無い

vol.93 参戦



168 :格無しさん:2012/10/13(土) 20:19:55.86 ID:DvyIBzkK
ぺるしゅばる考察

○○○アスラリエル、仮面ライダーオーディン、アムプーラ 即死勝ち
×ゾゥズ 相手の姿を目視する前に焼き殺され負け
×おぼろ丸 石化負け
×カルパッチョ レーザー負け
○ミスティカ星人 姿自体は見えるので即死勝ち
×覚醒ゼロ ロボ負け

ゾゥズ>ぺるしゅばる>アムプーラ