【作品名】最遊記シリーズ
【ジャンル】漫画
【備考】このテンプレは『最遊記』、続編の『最遊記RELOAD』、そのまた続編の『最遊記RELOAD BLAST』までエントリーしている。

【共通設定・世界観】
人間と人間より知能や生命力が優れている妖怪とが共存する桃源郷が大妖怪「牛魔王」を、禁断とされている「化学と妖術の合成」によって復活を目論む者が現れた。
その影響で、「負の波動」が桃源郷全土に広がり、妖怪達は突如として自我を失い、凶暴化して人間を襲い始める。
「牛魔王」蘇生実験の阻止のために三蔵一行(玄奘三蔵、孫悟空、沙悟浄、猪八戒)は西を目指す。

玄奘三蔵一行…玄奘三蔵、孫悟空、沙悟浄、猪八戒らのこと
妖力制御装置…人間の姿を保つ為につけられた真の力を抑えるセーブのような機能を持つ


【速度計算】
40mの距離から達人以上はあるであおう牛魔王の刺客が反応できない速さで移動して攻撃した沙悟浄の戦闘速度(200m/s)
とほぼ同じ速さの孫悟空と至近距離で鍔迫り合いをしたり戦闘ができたりした牛魔王の刺客が反応できない速さで5m移動した玄奘三蔵の戦闘速度(1000m/s=音速の2.94…倍)
その戦闘速度で移動しながら目の前の剣と掴んだり相手を殴ったりする玄奘三蔵の反応(音速の2.94倍)
三蔵一行を簡単に圧倒し消えるような速さで60m移動して退却する紅孩児の戦闘速度(音速の176.4倍)
2m移動して自分で反応して任意の場所に止まれる紅孩児の反応(音速の88.2倍)
その紅孩児の反応できない速さで25m移動できるくらい強くなった孫悟空の戦闘速度(音速の2205倍)
孫悟空の移動しながらの攻撃に至近距離で蹴りで反撃した紅孩児の反応(音速の2205倍)
4mの距離から紅孩児が避けれない速さで殴った孫悟空の戦闘速度(音速の8820倍)
戦闘で孫悟空の動きに至近距離で反応して目で追って体ごと振り向ける紅孩児の反応(音速の8820倍)
戦闘中にほぼ同じ位置にいながら紅孩児よりも先に攻撃に気付いて反応して庇える独角ジと至近距離で互角に戦える沙悟浄の反応(音速の8820倍)
沙悟浄や紅孩児、独角ジを含むその場にいたメンバーが全員が速過ぎて見えないほどの速度で6m移動した妖力制御装置を外した孫悟空の戦闘速度(音速の52920倍)
瀕死の状態で妖力制御装置を外した孫悟空の攻撃を至近距離でもなんとか避けたり格闘したりぐらいはできる玄奘三蔵の反応(音速の52920倍)
玄奘三蔵が反応できない速度で15mほど伸びる瓢箪の触手の速度(音速の793800倍)
5mの距離から反応して触手の叩きつけから玄奘三蔵を庇える沙悟浄の反応(音速の793800倍)
沙悟浄が自分で「―――速えよけられねぇ・・・!!」と言うほどの速度で10mほど伸びるカミサマの数珠の速度(およそ光速の9倍)
巧みに数珠を操って目の前の敵も縛り上げれたりしてるので相対速度からしてそれ相応のカミサマの反応(光速の9倍)
カミサマと至近距離で互角以上に戦えるようになった三蔵一行の反応(光速の9倍)
『最遊記RELOAD』以降
2mの距離から孫悟空が反応できない速さで殴った洗脳によって強化された紅孩児の戦闘速度(光速の18倍)
紅孩児と至近距離で互角以上に戦闘可能な三蔵一行の反応(光速の18倍)
沙悟浄や猪八戒が消えたように見える速さでいつの間にか15m移動した妖力制御装置を外した孫悟空の戦闘速度(光速の270倍)
妖力制御装置を外した孫悟空となんとか至近距離で戦闘可能なガトの反応(光速の270倍)
ガトと三蔵一行を軽く弄んで消えたように見える速さで5m移動した烏哭三蔵法師の戦闘速度(光速の1350倍)
烏哭三蔵法師と至近距離で戦えたりなんとか捕まえたりした沙悟浄と孫悟空の反応と戦闘速度(光速の1350倍)


【名前】カミサマ
【属性】自らを「カミサマ」と名乗る青年
【大きさ】青年並み+山並み
【攻撃力】20mほどの蟹や10mほどの蜘蛛の化物を貫ける攻撃以上の打撃に耐える沙悟浄を含めた三蔵一行を一発で戦闘不能にして全滅させられる数珠を飛ばす。射程10m。
【防御力】本人の防御力は石壁に穴を開ける攻撃を平気で耐える
【素早さ】反応が同等の相手と戦えるので光速の9倍の移動速度と1mから光速の9倍の反応速度
【特殊能力】幻術:相手に幻覚を見せたり洗脳したりできる。
これは妖怪にも効果があり、心の隙間に入り込んで人形のように操る術が効かない猪八戒にも効いたので精神攻撃×2。射程は数百m。
『霧の迷路』:数百mの範囲で漂っている霧で吸い続けてると生命力が達人以上はある沙悟浄でも体力がヤバくなるとのこと。
結界:
カミサマが山を覆うような範囲で張っている。
物理的に侵入不可能であり結界の外から侵入しようとその中に向かって走っていった者はそのまま進行とは真逆の方向で戻ってきた。
物理攻撃も同様で結界に向かって撃てば180度で元の位置に戻ってくるように移動してくる。つまり自分の攻撃がそのまま自分に返って来る。
反射というよりは攻撃を異空間で繋いで元の位置に戻ってくるように進行させてるようにされていると言った方が近い。
物理攻撃や念を込めた攻撃(不思議攻撃)では破れないと言われている。それらの攻撃をそのまま相手に返せる。
結界の内部の入口付近に結界の媒体となる札か鏡があり、それを破壊すれば結界は破れる(つまりいずれにせよ内部に侵入しなければならない)。
劇中では高僧が中に入り込めるようになる真言(マントラ)を身体に書いた者が結界に侵入してそれを破壊した。
【長所】さり気なく強い侵入不可な結界
【短所】烏哭の玩具にされてただけだった
【戦法】結界ごと(山ごと)参戦。攻撃してきた相手の自滅狙い。
逃亡負けにならないように結界内部から(決して結界から出ないように)自分の射程ギリギリまで近寄って幻術やら数珠やらで攻撃。
【備考】成り行きで外道で性分が気に入らなかったり経文を奪われたりで敵対

94スレ目

368 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2012/11/28(水) 00:25:48.98 ID:H3Ny390V [2/4]
カミサマ考察

○>黒闇天>ミストバーン>ヒースクリフ:相手攻撃は届かず、遠くから精神攻撃勝ち
○バラガン・ルイゼンバーン :死の息吹は空間にまでは影響ないか。遠くから精神攻撃勝ち

×ザッタン:こっちが相手を確認した際に精神乗っ取られて負け
×マーラー:常時の範囲指定洗脳負け

空間歪曲の結界防御は持っていても精神防御がないのでこっからは勝ち目なし。

マーラー=ザッタン>カミサマ>バラガン