【作品名】CYBERブルー
【ジャンル】漫画
【世界観】
本作は2305年が舞台であり、人類は太陽系外まで進出し星系間を繋ぐ航路も存在している。
よって、テンプレ中に登場する道具などは現在よりもはるかに進歩しているものと思われる。

【共通設定】
サイバービーイング:サイボーグを超える「スーパーサイボーグ」。自己進化能力を有する最強のサイバー戦士。
バイオビーイング:動物の遺伝子を組み込まれた改造人間。
超能力:本作における「気」とか「超能力」は、いずれも重力や光と同じ「陽のエネルギー」とされている。
シャドーフォース(以下SF):陽のエネルギーとは一線を画す「陰のエネルギー」。
              既存の物体の分子を破壊し、作り替えることが可能。

【名前】ガルゴ
【属性】ライオンのバイオビーイング
【大きさ】2m位の巨漢
【攻撃力】人間の23倍の強度を持つジョーの腕を棒きれのようにへし折り、引き千切るほどの怪力。
爪:小口径の拳銃ならば傷一つ付かないブルーの皮膚をズタズタに引き裂ける。常人なら掠めただけでバラバラになる。
  人間の23倍の強度を持つジョーの身体を粘土のように引き裂ける。
パンチ:一撃で100㎏程もありそうなブルーを水平に10m位ふっとばし、金属製の壁に叩きつけてクレーターを作る。
手刀:厚さが20㎝程ありそうな床にブルーを串刺しに出来る。
踏みつけ:上記のブルーを思い切り踏みつけて、床を10m位にわたって崩落させた。
【防御力】銃弾が全く通じない。
     小口径の拳銃ならば傷一つ付かないブルーの身体にも突き刺さるようなジョーの剣を腹に受けても掠り傷。
     片手でロケットランチャーの方針をひん曲げる怪力を有し、巨漢の上半身を一撃でバラバラにできるブルーのパンチを
     何十発と受けても、多少怯んだだけ。
【素早さ】至近距離から発射された拳銃弾を発射後に動いて余裕で掴み取れるキメラスパイダーより更に上。
     ミサイルが2m位飛ぶ間に目標を定め、シャドーフォースを発射して分解できる。
     周囲の人間の行動を常に先読みできる特性を持つ。
     移動速度は車より早く動けるバルタと同等。
【特殊能力】
鬣:毛の塊を飛ばす。金属の壁にも易々突き刺さるし、人体を簡単に貫通するほどの威力。弾速は一瞬で十数mほど飛ぶ。
SF:共通設定参照。鬣からオーラのように発射するが、掌からも放てる。小鳥くらいの大きさのものであれば触れた瞬間塵になる。
  飛んできたミサイルを眼前の防弾ガラスごと分解したり、10mほど離れたジョーの身体に巻きつけられていた
  無数のダイナマイトをケシズミにしたりできる。
  【素早さ】欄より、弾速はミサイルの5倍くらい。
【長所】圧倒的な強さのラスボス
【短所】死んでも悲しんでくれる人がいないと勝手に言われた。息を止めている間はシャドーフォースが使えない。
【戦法】開始と同時に即シャドーフォースで消滅させる。
    ダメそうなら鬣を飛ばして牽制し、殴りつつシャドーフォース浴びせる。
【備考】ラスボス。宇宙支配を目論む悪の親玉の腹心。
以下は考察時の参考となるであろう情報

ブルー:本作の主人公。宇宙でただ一人のサイバービーイング。身長190㎝位のマッチョ。
    作者の前作で言う所のケンシロウに似ている。
ジョー・キング:宇宙一の殺し屋。一応サイボーグ。180㎝位。作者の前作で言う所のシンに似ている。
キメラスパイダー:噛ませのバイオビーイング。腕が6本生えてるバケモン。
ガルゴ:バルダの兄弟分でドーベルマンのバイオビーイング。こいつもそのうち投稿しようと思う。

参戦 vol.99

vol.99

552 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2016/01/09(土) 19:07:53.57 ID:kGB+xOmY [6/9]
ガルゴ 考察

○暗黒ダーイン>黒鈴>バカラ軍曹>リトルプリンセス=スグリ
:先手取ってSFで分解勝ち
△>ラファエル:反応ほぼ互角か初手相打ち

×>ビューティフル女:マッハ32は速すぎ無理

○>デスピサロ(最終形態):遅い 分解勝ち

×バットファンガイア:光速対応は無理 一方的に攻撃負け
×白鯨 :でかすぎる 接近前にビーム負け

デスピサロ(最終形態)=ビューティフル女=ガルゴ>ラファエル=暗黒ダーイン

この辺かな。