【牟田孝二】


【作品名】シン・マシン
【ジャンル】小説
【名前】牟田孝二 (最強のプリザーブ)
【属性】 七本の手部隊のNo3、食欲魔人
【大きさ】街一つ分。数兆体の大小様々なサイズのマシンから成る群体生命。
     コミュニケーション用の肥満な男が中心に居る。

【攻撃力】高層ビルを一呑みにするほどのサイズの津波(虫マシン製)
     強酸性の体液。様々なサイズの虫マシンで相手を呑み込み、内外から喰らい尽くす。
【防御力】恐らく鉄製。ナノマシンが瞬時に身体を再構成させる。
     斬ろうが爆破しようが再生可能。全身を喪失するまで使用可能。
【素早さ】現実の羽虫程度の速度で飛行可能(飛ぶイナゴの大群の様な物を想像してください)
     地上では雑多な昆虫として移動(地面を覆い尽くす虫の大群を想像してください)

【特殊能力】
 増殖:命無き無機物が、ナノマシンの分子製造機械や複製製造装置となって、
    無限に増殖する。大地を喰らうがごとく増殖する。
 再生:周囲の虫マシンが砂の様に崩れて牟田の体を再構成する。群体全てを消さない限り再生。
 虫マシン:様々なサイズの虫型機械。ナノマシンなので自由に変形できる牟田の体の一部。

【長所】大地がある限り巨大化する。全滅しない限り再生する。無限の食欲。
【短所】反応が羽虫並。範囲攻撃を連発されるとつらい。一撃一撃が弱い。
    惑星クラッシュや消滅攻撃で再生を妨害されると弱体化。

【戦法】体を攻撃用と増殖用に分けて、一撃でやられない様に超広域に拡散。
    相手が接近or自分の射程に入ったら虫マシンの津波。飛ぶ相手は羽虫が追跡し、
    地上の敵は虫マシンで取り囲み、強酸性の体液で消化。
【備考】主人公達の敵その1
    マシンなので精神、魂は存在しないが一応生命。




9スレ目

393 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2008/02/24(日) 21:18:14
牟田孝二考察
ほぼ同性能なライアンの上