【アレキサンダー大王】

【作品名】「ナポレオン」
【ジャンル】コンピューターゲーム、リアルタイムストラテジー
【名前】アレキサンダー大王

【名前】 アレキサンダー大王
【属性】 死者の国から現れた英雄、大王
【大きさ】 駿馬に乗った英雄並み
【攻撃力】
 触れただけでゲーム中に存在する全ての味方軍勢を一撃必殺する黄金のオーラに常時ずっと包まれている。
 19世紀の騎兵や重騎兵、移動式大砲や盾を構えた兵隊による4~5名の小隊、
 10mの人型の魔物などが近づくだけで消滅してしまう。
 オーラの直径はおよそ巨石と比較すると、だいたい50m単位の球形である。
【防御力】
 無敵。少なくとも19世紀の移動式大砲を何百発ほど受けようともまったくダメージを受けない。
 巨大な200m級の爆発を起こす設置大砲でも無傷でいられる
 ゲーム中ではステージ内に配置されている噴水に突っ込ませることで無敵状態が解除される。
 オーラの解除された場合、十数秒してオーラの復活するまでの間、
 ジャンヌダルクやノストラダムス並みの防御力で攻撃に耐えることができる。
【素早さ】
 優秀な騎兵よりも素早く移動することができる。
【特殊能力】
 無敵オーラ。わずかに触れただけでも生身の人間は即死する。 噴水に接触することを除いて作中では解除手段がない。
【長所】 無敵オーラ
【短所】 兵士の召喚などができない
【説明】 人物自体はインパクトはノストラダムスに見劣るが、スーパーサイヤ人のごとき金色のオーラは強烈な印象が残る。



【名前】 ジャンヌダルク
【属性】 死者の国から現れた英雄、聖少女にして魔女
【大きさ】 成人女性並み
【攻撃力】
 自在に雷撃を放ち、19世紀の騎兵や重騎兵、移動式大砲や盾を構えた兵隊による4~5名の小隊を一撃で壊滅させる。
 3秒~5秒ほどに一度の間隔で連射できる。雷撃のスピードは現実の雷相応で、少なくとも劇中では回避不能。
【防御力】
 19世紀における移動式大砲の直撃を受け、数十発ほど耐える頑丈さ。だいたい大岩に匹敵する。
 ただし、大砲を受けた場合には1秒ほどひるむ。集中砲火を受けると動けなくなる。
【素早さ】
 優秀な騎兵よりも素早く走って移動できる。ギリギリで19世紀の小銃を回避することができる。
【特殊能力】
 兵士の召喚:
 地獄から死者の軍勢を呼び出すことができる。自意識はない。
 ナポレオンの持つ優秀な騎兵、重騎兵などに相当する能力を持ち、最大で4小隊(12騎)ほど呼び出せる。
 軍勢は一定数を越えない限り、やられてもやられても無限に再召喚することができる。
【長所】 ライデイン、防御力
【短所】 ひるむ、ボクっこ
【説明】 一人称「ボク」で短髪軍装。ロゼッタストーンという石により、現代に復活させられる。ツッコミどころだらけ。
【戦法】
 雷撃をスタート直後に相手に浴びせる。
 それでも足りない場合、騎兵や重騎兵を呼び出して加勢させる。



【中堅】
【名前】 ノストラダムス
【属性】 死者の国から現れた英雄、予言者
【大きさ】 白雲に乗った老人並み
【攻撃力】
 自力での攻撃は行わない。先鋒のジャンヌダルク同様、特殊能力である兵士の召喚によって戦う。
【防御力】
 19世紀における移動式大砲の直撃を受け、数十発ほど耐える頑丈さ。だいたい大岩に匹敵する。
 ジャンヌダルクと違い、大砲の集中砲火を受けてもひるむことがない。
 白雲に乗って浮遊しているので、飛べない相手の格闘攻撃を受けない。
【素早さ】
 白雲に乗り、自在に瞬間移動を繰り返すことができる。普通にやっていてはナポレオン率いる騎兵軍団では追走できない。
 後述の特殊能力を使用する際、そのために出現してから数秒ほどでまた別の地点に再出現する。
 反応は不明。老人並みか。
【特殊能力】
 兵士の召喚:
 地獄から死者の軍勢を呼び出すことができる。自意識はない。
 ナポレオンの持つ優秀な騎兵、重騎兵などに相当する能力を持ち、最大で4小隊(12騎)ほど呼び出せる。
 軍勢は一定数を越えない限り、やられてもやられても無限に再召喚することができる。

 拠点の制圧:
 古城や要塞などを魔法により、一瞬で自分の陣地に変えることができる。接近する必要があり、詠唱に5秒ほどを必要とする。
 拠点からは継続的にノストラダムスの軍勢が出現するため、一瞬のうちに拠点内部を制圧できるだけの兵士を転送する能力であると思われる。
【長所】 防御力、制圧魔法
【短所】 予言? なにそれ?
【説明】 あまりのインパクトに誰しも驚く意外すぎる登場人物。仙人っぽい風貌。
【戦法】
 等身大の相手の場合、なるったけ近づかないようにして軍勢を向かわせ続ける。





7スレ目