【ウボォーギン】

【作品名】HUNTER×HUNTER
【ジャンル】漫画
【共通設定】
念:まあいわゆる超能力のようなもの。いわゆるオーラを使いこなす技術。
  念はコツさえつかめば誰でも取得できる。
  念能力者はちょっと集中しただけでオーラを見ることが可能であり、
  念能力者に見つからないようにオーラを隠す「陰」という技術も存在する。
  「陰」を見破るには「凝」という能力(思いっクソ目に気合を入れる)を習得する必要がある。
「纏」:念能力の基本中の基本。オーラを体中から放出し、皮膚の周りで留める。これにより体全体が微弱なバリアを覆っているような状態になる。
    ウボーよりはるかに格下のズシであっても、「16tの扉を開ける腕力を有し容易に人体を輪切りにできる」キルアの手刀を受けても
    大してダメージにならないくらいの防御力となり、ズシよりは強いであろうゴンやキルアや隠獣の皆さんもそのくらいはできるようである。
「練」:「纏」からさらにオーラの量を増やし、攻撃力・防御力を上げる。
    練や発による攻撃は、ド素人が適当に放っても鍛えた人程度ならコナゴナにできるくらいの威力になる(ウイングの発言)。
    勿論本体が強ければ強い程その威力も跳ね上がる。
「発」:練を形にする。強化、放出、変化、具現化、操作、特質の6系統が存在し、制約を課せば強くなる。ウボーは強化系。
隠獣:作中に登場したとある念能力者の集団。上記の一連の能力は全て使える。

【名前】ウボォーギン
【属性】盗賊団「幻影旅団」No.11 強化系能力者
【大きさ】258cm 189kg
【攻撃力】
念を全く使っていない格闘:ゴン(後述)を腕相撲でいとも簡単に倒すノブナガを腕相撲でいとも簡単に倒す。
             普通の人間なら平手打ち一発で紙のように引きちぎり、頭を卵のように握り潰して粉砕する怪力。
             鍛えた人間の頭の一部を頭蓋骨ごと噛み食う。
             その頭蓋骨をスイカの種みたいに飛ばして、眼前の隠獣が纏でガードしたにもかかわらず手と頭を貫通して死亡。
             その辺に落ちてた掌大の石コロを投げつけ、数百m先の狙撃手に寸分たがわず命中させてバラバラに粉砕した。
             当の狙撃手も何が起こっているのかさっぱりわからないほどの弾速(200÷0.2=1000m/sくらいか)
練:上記以上。上記の通常格闘では傷つかないものでも破壊できる(本人の言動から推測)。
超破壊拳(ビッグバンインパクト):ただの念を込めた右ストレート。
                 小型ミサイル程度の威力があり、作中で地中に潜った隠獣相手に放った際には
                 深さ3m以上、直径十数mのクレーターを作り、数百m先まで地面をグラグラと揺らせたほどの衝撃があった。
【防御力】
平常時:銃弾を歯で真剣白刃取りしても平気。何発も拳銃が命中したがちっとも効いていない(仲間曰く「普通の銃で傷つけるのはムリだ」)。
纏時:ライフル弾が頭に直撃しても「痛っ」程度、戦車を一撃で粉砕するバズーカ砲(十数mの爆炎が上がる)を片手でとめたがさすがにちょっと痛いらしい。
   剣でブッ刺されたが逆に剣がへし折れ、注射針も折れ曲がった。
【素早さ】ほぼゼロ距離から口に向けて撃たれた拳銃弾を歯で真剣白刃取り出来る反応。
     5mもない距離から発射された銃弾に後出しで発を使って鎖を具現化させ叩き落とせるクラピカと互角に戦闘可能で、
     彼より格下でも2~30m先のウボーが声を上げたのを見た後にでも音波が到達するより早く耳を防げるとか。
     移動速度は最低でも一瞬で数十mも詰められるくらいか。
【特殊能力】「絶」で気配を消すことが出来る。凝で見えない存在を見えるはず。
大声:思い切り息を吸って「は!」と叫ぶ。至近距離ならば即死、20~30m離れた場所でも耳を塞がないと鼓膜が破れる。
   数百m先にいた人たちでも思わず耳を塞ぐほどの爆音。
【長所】文字通り鋼の体による戦闘。豊富な戦闘経験、ただの筋肉バカではない。
【短所】念の後付設定により戦闘技術への疑問(クラピカ戦で操作系と思い込み凝を怠っていた)。
【戦法】あいてが人間ならとりあえず大声→ビッグバンインパクト。それ以外ならまずビッグバンインパクト
【備考】賞金首の殺人犯。主人公とは敵対していないが、その仲間のクラピカにとっては仇敵であり、作中でも一騎打ちを行った。

【参考】ゴン=フリークス
【属性】ハンター
【大きさ】154㎝ 49㎏
【攻撃力】4tの扉を開け、150㎏の鎧を着たまま飛び跳ねる程の筋力。ワンパンで1m位の石をブチ砕く。
     張り手一発でウボーくらいありそうな体格の巨デブを10m以上先まで吹っ飛ばせる。


old
【名前】ウボォーギン
【属性】幻影旅団・盗賊
【大きさ】258cm 189kg
【攻撃力】普通の人間なら紙のように引きちぎれる。鍛えた人間の頭の一部を頭蓋骨ごと噛み食う。
     必殺技ビックインパクト(ただの念を込めた右ストレート)は腕の力だけで
     直径十メートル程度のクレーターを作った。小型ミサイル程度の威力がある。
     念を放射状に放ち達人の動きを止め、最悪は死に至らせる。
     口の中にあった頭蓋骨の破片を唾みたいに飛ばして鍛えた人間の頭を貫通させた
【防御力】銃弾を歯で真剣白刃取り、ライフル弾が頭に直撃しても「痛っ」程度、
     戦車を一撃で粉砕するバズーカ砲を片手でとめた←さすがにちょっと痛いらしい。
【素早さ】ほぼゼロ距離から口に向けて撃たれた銃弾を歯で真剣白刃取り出来る反応。
     移動速度は最低でも一瞬で数十mも詰められるくらいか。
【特殊能力】近距離ならば大声出すだけで殺害可能、20~30m離れた場所でも耳を塞がないと鼓膜が破れる。
      絶で気配を消すことが出来る。凝で見えない存在を見えるはず。
【長所】文字通り鋼の体による戦闘。豊富な戦闘経験、ただの筋肉バカではない。
【短所】念の後付設定により戦闘技術への疑問(クラピカ戦で操作系と思い込み凝を怠っていた)。

【戦法】あいてが人間なら大声→ビッグバンインパクト
それ以外ならまずビッグバンインパクト

vol.101 修正

vol.101

23 :格無しさん:2016/07/02(土) 01:39:50.10 ID:J2Umcuf3
最近HxHにハマったのでウボォーギンをちょっと修正
位置は変わらん

(省略)


5スレ目

67 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2007/08/18(土) 11:09:15
続き

×マハ・ガランヒル 攻撃が通らない、使い魔に殴られると痛い
△円城寺勇介    当てれない、多分耐えれる
×黒ナナ      エネルギー弾がきついかな
×ウボォーギン   反応負けてる、インパクト負け
×リザードイチ   メタルスキンが破れない、ユニバーサルテイル負け

ドグラーが下がるならジオダンテ>後藤>『彼女』>X>
下がらないならドグラーは殺せなくジオダンテ>ドグラー>後藤>『彼女』>X>

ついでにウボォーギンは【戦法】あいてが人間なら大声→ビッグバンインパクト
               それ以外ならまずビッグバンインパクト

にすればウボォーギン>円城寺勇介>黒ナナまでけるな