【銅磨陣内】

【作品名】黒の獅士
【ジャンル】漫画
【名前】銅磨陣内
【属性】不死の男 サイボーグ(ほぼ全て機械) 忍者殺し
【大きさ】大柄の成人男性並み
【攻撃力】剣を装備。剣の腕はかなりの達人。
剣で鉄やアンドロイドも切り裂く。剣からサイコエネルギーを放つ。(獅子丸※と同じ)
口からナパーム弾:20数mの爆発。周囲数十mが火炎の海に包まれる。
両目から光線砲:射程十数m。着弾点に数mの爆発。岩を砕き地面をえぐる。
体中から5mほどの爆発を起す小型ミサイルを何十発も一斉に発射。
(体のそこかしこがパカパカ開いて射出される)30mぐらいの爆発。
  射程100m。これを10発ほど放ち黒の志士の円盤を撃墜した。
【防御力】洞窟内で百数十mの大爆発を起されて潰されても無傷。
刀や鉄甲カギなど全く通さない硬い装甲。
獅子丸の剣から放つサイコエネルギー4条(1つ数mの爆発で機械などを粉砕)を寸前で
マントをかざして完全に防ぐ。マントは全くの無傷。
サイコバリヤー:任意即時発動。自分を包む球状に展開。
  自分の小型ミサイルによる30mの爆発の中心付近でも影響なし。
   このまま飛行したりもできるが攻撃はできない模様。(長時間張りつづけた描写無し)
  • 多数の大岩(数m)の崖崩れに巻き込むという罠にはまり、体内の原子炉が
 熱暴走してしまい、数分後に体が光り山が吹き飛ぶ大爆発とともに吹き飛ぶ。(1回目)
  • 天王獅子丸との戦闘中に上空から3つの円盤の光線で不意打ちされ体が爆発。
 その瞬間、頭部だけはロケットでの離脱が間に合って逃げられた。(2回目)
【素早さ】素早い忍者達を簡単に捉え、あっとう間に5体バラバラする剣捌き。
かなりの機動性を持つ黒の志士の円盤※に小型ミサイルを命中させる反応。
忍者が走るよりは大分速く飛行することが可能。
      獅子丸と互角に切り結ぶ」。
【特殊能力】体がどんな破壊されても首だけになって離脱できる。
首の部分のロケットにより自在に飛び、逃げる忍者を追い抜く飛行速度。
体の方と首を自在に分離して攻撃することも可能。
【長所】体中から小型ミサイル。硬い装甲。首だけ飛ばして攻撃など。
【短所】移動速度が微妙。
【備考】主人公の宿敵

参考

【名前】天王獅子丸
【属性】忍者殺し殺し 
【大きさ】大柄の成人男性並み
【攻撃力】剣を装備(銅磨陣内と同じもの)剣の腕はかなりの達人。
剣で鉄やアンドロイドも容易く切り裂く。目や手から光線を出すアンドロイド忍者部隊が
手も足も出ないくらい強い不死身のサイボーグ戦士をあっさり倒すことができる。
剣から放つサイコエネルギー:4条同時発射可能。射程十数m。1つ3mの爆発で機械などを粉砕。
【防御力】切ったアンドロイドが10数mの爆発起した側にいて無傷。片腕を失っても戦闘可能。
サイコバリヤー:任意即時発動。自分を包む球状に展開。
陣内の小型ミサイル数十発による30mの爆発を受けても影響なし。
   このまま飛行したりもできるが攻撃はできない模様。余り長時間使用してる描写はない。
   このバリヤを張ったまま相手に近接し、攻撃の瞬間解除という感じで使用。
【素早さ】人間の数十倍の能力を持つサイボーグ戦士が全く攻撃を当てられない。
戦闘機より速い機動性を持つ黒の志士の円盤を撃墜できる銅磨陣内と互角以上の戦闘をする。
忍者が走るよりは大分速く飛行することが可能。(ただ長時間飛行しているシーンはない)
20mぐらいジャンプして距離を詰めたり、回避することが多い。

参考2
【名前】円盤(黒の志士)
【属性】宇宙船の小型艇
【大きさ】15m
【攻撃力】上部の銃座から放つ3条のエネルギー光線:
射程百m位。100mの巨大マンモスロボットを一撃破壊した。
下部から放つ雷のような光線。射程百m位。15mの円盤を破壊。
(上部・下部の光線はどちらでも好きな方向へ放てる。タメ無し)
【防御力】大きさ相応の金属で出来た円盤。
【素早さ】未来の戦闘機を翻弄するぐらいの機動性。
山崩れの大岩が獅子丸達に数m迫る→円盤が急いで宇宙から地上へ向かう
→獅子丸達がその大岩に巻き込まれて気絶→その直後に獅子丸達を
牽引ビームで円盤内に回収し、その後の土砂崩れを回避しつつ
長く見ても数十秒ほどで宇宙へ行ける速度


21スレ目
941 名前:格無しさん[sage] 投稿日:2008/11/08(土) 00:25:56
銅磨陣内

○>サキエル>壊刃サブラグ:ナパームとミサイルで焼き払って勝ち
○メタナイト:耐えられるかな。ナパームとミサイル勝ち

×>”不滅なる者”>オラングンのイムクァイン>ビーストマスター:攻撃力高過ぎ。耐えられず負け

ビーストマスター>銅磨陣内 >メタナイト