【作品名】シバルバー 天の十三階段
【ジャンル】小説

【参考テンプレ】
【名前】ケツァルコアトル/テスカトリポカ
【属性】学問の神/戦いの神
【大きさ】双方とも成人男性並み
【攻撃力】・槍
    振るだけで力の波動が放出され、火柱が切断される。
    投げつけると、彗星が激突したがごとき爆発が起きる。
    いくら投げても尽きることはない。
    射程はおそらく数十万キロ、それを数秒とかからず着弾する。
    過去に、この槍の一撃で大地の魔物という惑星サイズの相手を撃破した。
    近接戦闘でも威力は大差ない。
    ・蛇化
    突撃しつつ数千キロの巨大な蛇に変化して相手を引き裂く。弱体化したアー・カク・ネ・ショク
    (数万キロ。大きさ相応の耐久力と思われる)をたちまちのうちに千々に切り裂いた。
    相手を撃破してすぐもとの姿に戻ったのでそれほど長い時間は維持できないようだ。
    速度はおそらく移動時の最速くらい。
【防御力】攻撃力相応。お互いの槍を喰らって急所は避けたとはいえ戦闘続行可能だった。
     肉体は人間のものなので致命傷は人体準拠。
     神の武器を用いれば人間でも殺せる。
【素早さ】反応は達人並み。ただし移動は惑星間くらいは数秒。
次元移動可能。移動していく過程で徐々に異次元に行くという形式。
     宇宙生存も可能。
【特殊能力】超感覚
     人間には知覚できないものを見ることができた。
     霊体の類や異次元にいる相手を知覚できるのみならず、直接攻撃することができる。
     また、惑星間レベルの距離だけ離れた人間を見ることもできる。
【長所】強力な攻防。実体のない相手とも戦える。
【短所】作中アー・カク・ネ・ショクとしか本気で戦っていない。速度が・・・・

【名前】アー・カク・ネ・ショク
【属性】 異次元の魔物
【大きさ】数万キロ以上の高温高濃度のプラズマ体 不定形
【攻撃力】・存在そのものによる破壊
    太陽系の存在する次元に到達した時点で星々が滅ぶといわれていた。
    少なく見積もっても太陽系破壊、おそらく宇宙破壊級の攻撃力と思われる。
    ・触手
    攻撃には体を変化させた触手のような炎の腕を用いる。
    プロミネンスのごとく無数に伸ばして攻撃可能。
    射程は異次元での戦闘なので詳細不明だが、
    おそらく自分の体の何倍もの距離まで届くと思われる。
    威力は戦っていた相手であるケツァルコアトル/テスカトリポカがすべて回避していたので不明だが。
    わざわざ2神が触手を回避しているので少なくとも大陸破壊級~惑星破壊級の攻撃力はある
    触手の速度は数百kmくらいまでの距離は瞬きするくらいの速度で届いた。
【防御力】足止めしていたケツァルコアトル/テスカトリポカの攻撃が全く通用しなかった。掠り傷一つ負わない。
     描写から、少なく見積もっても惑星破壊級の攻撃には普通に耐えられると思われる。
     体の中心部に核である〈恐怖の黒石〉があり、それを砕かれることで弱体化し、
    上記の2神に撃破された。
     〈恐怖の黒石〉を核にした、次元のゆがみのエネルギーの凝集体であるため、
    プラズマ体を損傷してもすぐ復元する。
【素早さ】次元移動可能。異次元から太陽系に向けて直接移動しようとしていたのだが詳細不明。
     次元移動に掛かる時間が不明なので考慮出来ない。
     移動速度は自分の体長の何倍もの距離を一瞬で移動できる。
     反応はおそらく大きさ相応のアメーバ並と思われる、が。
     反応で有効に使える描写が無いので常人並ぐらい
【特殊能力】不定形であり、自在に形を変える。
      一応知能があり、戦術的な行動を行える。
【長所】問答無用のスケール。普通に強い。
【短所】〈恐怖の黒石〉を砕かれると大幅に弱体化する。
    〈恐怖の黒石〉は、人間が片手でつかめるサイズ。
    硬さの描写は不明なので普通の石並とする
    恐怖の黒石を砕かれ弱体化すると、大きさ相応のアメーバ並の攻撃力,防御力、素早さになる
【備考】2神の詳細はケツァルコアトルを参照の事