【作品名】吸血殲鬼ヴェドゴニア
【ジャンル】ラノベ
【名前】ウピエル
【属性】吸血鬼
【大きさ】成人男性並
【攻撃力】吸血鬼は人間よりもはるかに身体能力が高く。
     半バンパイアであるダンピィールの少女でも、工事などに使う大型のスレッジハンマーを片手で軽く担いでしまうほどの
     腕力を持つ。
     ジャブで人間の頭を一撃で砕いたり、バイクで300kmの速度で走りながらライフルを片手で操ったりする。
     ウピエルもそれ相応。

ギター型機関砲:ウピエルの持つギター型の機関砲。
        吸血鬼の武器は自身の強力な膂力と反射神経を駆使して使えるようにカスタマイズされているため、
        通常の人間の使う重火器よりも遥かに強力になっている。
        ウピエルの機関砲は秒間10発の速度でフルオート射撃を行うことが可能であり、
        吸血鬼の反射神経を利用することで、フルオート射撃をすべて狙撃レベルの精密射撃に変えることができる。
        ゆえに相手を順調に追い詰め、フルオート射撃全てが急所を的確に狙うことが可能。
        通常のバンパイアの使う機関砲程度なら見切って戦える主人公が、
        避けきれずたまに直撃を受け、防戦一方に回るほど。
        小型の剣を内蔵しており、銃剣としても使用できる。

【防御力】吸血鬼は基本的にただの重火器程度ではたいしたダメージにはならない。
     対吸血鬼用にカスタマイズされた強力な重火器が必要になる。
     しかし心臓を直接打ち抜かれると死んでしまう。
     脳を撃たれても死なないが、思考能力は格段に落ちる。
     再生能力を持っており、腕が折られたりしてもすぐに再生する。
     ただし、重傷をおった場合は物の数秒で再生とは行かないらしい。
【素早さ】反応がマッハ2以上はある主人公を相手に接近戦でも互角レベルで戦うことが可能。
【長所】狙撃レベルのフルオート射撃
【短所】吸血鬼なので太陽の日で灰になる。心臓射ぬかれれば即死。
【備考】主人公の敵。


37スレ目
132 :格無しさん:2008/12/11(木) 23:51:58
ギーラッハ

×>ハインドMi-24P:接近前に上昇される。ミサイル負け
×>関羽>呂布:速過ぎて心臓とか脳とかやられて負け
○>オロチ:一方的に攻撃して勝ち
○>真田玄一郎 :長期戦勝ち
○>円城寺勇介>書記アニ>ルード・ラーサー:斬って勝ち

呂布>ギーラッハ>オロチ

ウピエル
ギター型機関砲で戦闘ヘリに勝てるがその上に勝て無い

呂布>ギーラッハ>ウピエル>オロチ