078 ヘアサロン/若者の言葉のセンス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 「床屋」という言葉は差別用語に当たるんじゃなかったか、という話から

    三村「床(とこ)がアカンのかな、床(ゆか)が」
    松岡「床がアカンの?アカンてどういうこと?」
    三村「いや、なんか、あのー昔その、さ、あの、イスとかリクライニングするやつとか、まだ、あのー少なかった頃。江戸時代のね」
    松岡「江戸時代の。おうおうおう」
    三村「殿様ぐらいしか、あの、リクライニングするイスが…」
    松岡「少ないって言うかゼロの時な、まだそういうのが」
    三村「まだ、あの、あの、ハイオクが無い時ね。レギュラーしか無い、無いような時」
    松岡「…話を進めて、もう。よう分からんから」
    三村「…時に、あの~~何かあったんじゃない?その、床に関して、床にす~ごいいっぱいお菓子を…」
    松岡「おお」
    三村「ばら…」
    三村・松岡 爆笑

    「床に凄いいっぱいお菓子をばらまく」という、本人にさえ理解不能なフレーズが突然沸いた回 -- 名無しさん (2009-07-05 00:02:56)
名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。