第5話を最終回にしました。


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第5話を最終回にしました。

比呂美の部屋にて-
「おばさんに見つかったら大変よ…」
眞一郎は思わず言い返し、比呂美も怒り出す。
「何だよ! おせっかいって!」
「おせっかいはおせっかいよ! バカ!」
「バカって何だよ!」
大声で喧嘩が始まった。しばらく売り言葉に買い言葉の喧嘩、で最後に、
「どうしてそんなことするのよ!」
これに、眞一郎が怒りにまかせて言ってしまう。
「お前が好きだからだよ! でも、お前が4番が好きだから…」
その後は、口ごもる。比呂美は"好き"を聞いてしまい動揺して、後は聞かず、
「私だって、眞一郎くんのことが好きよ! ずっと前から!」
言ってしまった。
「「あ…」」
しばらく無言が続いた後、比呂美が"異母兄妹"の事を思い出し、泣き出す。
「でも! 眞一郎くんと私は兄妹かも!…って、うっ…ううっ…」
眞一郎は突然の言葉と涙に何も言えない。そこにドアがノックされ、ヒロシ登場。
「入るぞ? どうした…、夜中に大きな声で喧嘩して」
先程の怒りが戻り、父親に掴みかかる。
「俺と比呂美が兄妹って、本当なのかよ!」
「何の話だ? まず落ち着け、そんな事あるものか」
「「えっ?」」
緊急家族会議開催の後、和解。
次の日の朝は時間差で家を出てから、手を繋いで登校。
それを見たTOMOYOが口ポカーンの絵でTO BE CONTINUED
6話はバカップルのイチャイチャ。

以降の放送はヨーロッパの美しい風景にテロップ。
-true tearsをご覧頂きありがとうございました。西村監督の次回作にご期待下さい-
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。