新年度の始まり-7


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

新年度の始まり-7


「好きなの!」
「えっ?」
あさみの気持ちが心臓の鼓動となって、背中に伝わっていく。

(ああ、どうしよう…。追いかけちゃった…、抱きついちゃった…)
今のあさみにとって、寄りかかっている背中が全てだった。暖かい不思議な感
覚、心地良さに、目を閉じて身を委ねた。

ザーッ、トイレで水を流す音が聞こえた。ガチャ。
「ふぅ…、和服って面倒だなぁ…って何してんの?」
眞一郎の目に飛び込んできたのは、誰かの背中に抱きついているあさみだった。
固く閉じられていた瞳が開いた。
「えっ!? 仲上…くん?」
あさみの目が驚きで見開かれる。
(あれ? この人…誰?)
「うひゃあ、何ですかぁ? いきなり…」
丁稚がびくびくしながら頭をめぐらせた。
「何、してんの?」
もう一度眞一郎が聞くと、丁稚の背中から体を引き離し、必死にあさみが言い
訳を開始する。
「えっ!? え~っとぉ、こ…これは…、これ…これはぁ…」
「ん?」
「い…いが…、そう!、わ…私ってば、イガグリ頭が好きなの!」
「え?」
「あっ、あのね!? ちょっと…このイガグリ頭が見えて…、その…思わず…」
「え? その頭が?」
「そんなぁ、イガグリ頭なんて、ひどいっすねぇ。坊主頭、あ、一緒かぁ?」
あさみの言い訳が続く。
「私…、昔っからあの頭が好きで…、その…」
少し俯いた顔は真っ赤になっていた。
「…ぷっ」
眞一郎はその様子を見て、吹き出した。
「坊ちゃん! 僕の頭を見て笑いましたね!」
「ぷっ…くっ…、ちっ…ちが…違うって! だってさぁ、坊主頭が好きなの!
 何て、聞いたことねぇよ!。ふっ…あっははははっ!」
「わ…笑わないでよ!」
「むっ…無理…、あっはははっ!」
「坊ちゃん…、ひどいっす…」

あさみ…、よく見ろよ…。

しかし、無理か…。眞一郎と丁稚は同じ柄と色の和服だったからな…。
丁稚が目に入らなかったのは、仕方の無い事だ…。

― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―

居間では、全員揃ってケーキと紅茶を楽しんでいた。一人を除いて…。
「…」
あさみは赤い顔を俯かせていた。眞一郎に「黙ってて!」と言っていたのだが、
残念なことに丁稚もケーキの相伴に預かっていて、隠すことができなかった。
全員に笑われ、からかわれ、すっかり意気消沈している。眞一郎の母でさえ控
えめに笑っていた。
「あさみぃ、食べなよぉ~。おいしいよ?」
比呂美が勧めるが、
「一番笑ってたくせに…」
じとっと睨んでいた。
「ごっ、ごめん…」
「あっ! また笑おうとしてる! ひどいよぉ…」
比呂美の顔がほころびかけるのをみて、あさみが言ったが、
「だ、大丈夫…」
無理して笑いを堪えているのが、見え見えだった。
「いいもん…」
遂に拗ねてしまった。
「比呂美、放っておけば勝手に復活してるわよ」
朋与は少しだけ厳しい目であさみを見ていた。一緒に笑ってはいたが、何か考
え事をするかのように、最初にからかうのを止めて、ケーキをぱくついていた。
「どうせ、ケーキ食べるの我慢できっこないんだから」
「…」
あさみがびくっと反応する。実はかなり我慢していた。甘い匂いが鼻に届いた
時から、食べるタイミングを計っていたのだった。さすがに笑われながらケー
キに手をつけるわけにもいかず、どうしたものか考えていた。
「右手、見て? さっきからフォークはしっかり握ってるから、大丈夫よ」
「うっ」
「まあ、食べるまでみんなでじっと観察して遊んでもいいけど? あさみ?」
「もう! 知らない!」
怒ったフリをして、ケーキをフォークを刺し、大きく口を開けて食べ始めた。
クリームが溶け、甘い味が口いっぱいに広がる、顔がほころんだ。
「う~ん、おいし~い♪」
たった一口で機嫌が直っていた。
「…」
比呂美はあさみが甘いもの好きであることは知っていても、言葉が出ない。ど
うやら、テーブルにいる面々も同様だ。しかし、朋与は冷静に、
「ほ~らね? この子はこうなのよ…」
「し、心配して損した…」
眞一郎は結構衝撃を受けていた。

― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―

「「「「今日はありがとうございましたぁ!」」」」
4人は軽く頭を下げて、お礼を言ってから仲上家を後にした。まだ日は高い。
「どうする? "あいちゃん"寄ってく?」
愛子が朋与やあさみに話しかける。
「あっ、これから私達買い物行くんですよ。それに…」
「それに?」
「お邪魔はしませんよ?」
口に手をあててニヤリと笑い、朋与が三代吉へちらっと視線を送った。
「でへっ」
三代吉の顔がだらしなくなった。
「きっ、気を使わなくたって…」
愛子が照れて頬を染める。
「それじゃ! 私達こっちなんで!」

愛子、三代吉と別れ、あさみと2人だけになった。朋与の声と口調が変わる。
「さて、どこにする? ウチに来る? 夜まで誰もいないわよ」
事務的と言うか、感情のない声だった。
「うん…そうする…。ありがと…」
あさみにはケーキを食べていた時からあった元気がない。
「途中で何か買いましょ?」
「うん…」

― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―

朋与の部屋に入ると、あさみがへたり込む様にして座った。
「はぁ…」
思わず溜息が出てしまう。
「さぁて、聞こうかな?」
クッションを渡してから、朋与も適当に座り、買ってきたものを小さなテーブ
ルに置いた。
「うん…」
あさみはクッションを抱き締めながら、"イガグリ頭が好きな理由"を話した。

「あんた、暴走しちゃったんだねぇ…」
「…」
あさみがぎゅっとクッションを抱き締めた。
「イヤぁな予感してたのよねぇ、トイレぇ、なんて言うから…」
「…」
「で、どうなの? 仲上君にも笑われたけど?」
「分かんない…」
「まぁ、少し一人で考えな? ネットでも見て時間つぶしてるから…」
「うん…ありがと。朋与…」
朋与はパソコンの電源を入れ、買ってきたお菓子を食べながら、お気に入りの
サイトを巡り始めた。

「うっ……ぐっ…うぅ…」
しばらくすると、あさみから嗚咽が聞こえてきた。
「…」
朋与は何も言わず、ティッシュの箱をあさみの膝元に置く。
「ううぅ……ううぅ……ううぅ!…」
「落ち着いたら言って。聞くから…」
それだけ言うと、朋与は泣き声を聞きながら、読みかけの本を取り出した。

「朋与、もう大丈夫。うん…。相変わらず本がいっぱいの部屋だね?」
あさみが顔を上げて弱々しい笑顔で言った。赤い目と腫れたまぶたが痛々しい。
「推理小説面白いわよ、時間を忘れて読むくらい。でも、ホントに大丈夫?」
「うん、大丈夫、だと思うよ?」
「そうみたいね? いつものあさみっぽい…かなぁ?」
パンと本を閉じ、クッションに座り直した。
「うん…、ありがと」
「もうお礼はいいわよ。かなり本気だったみたいね? 泣くくらいだもの」
「うん、自分でもびっくり。はむ…んぐ…」
あさみはお菓子を食べ始めた。
「…やっぱ、あんたは大したもんだね? 食べる? 普通?」
少し朋与は呆れ気味の視線だ。
「んぐ…んっ、まあ、ストレス解消? はむ…んぐ…」
「はいはい。で、どうしようかね? 明日、学校だよ?」
「んっ……………ううぅ…」
「全然大丈夫じゃないっぽい…」
朋与はさっき適当に閉じてしまったことを後悔しながら、再度本を開いた。

「今度こそ大丈夫? 明日、学校だよ?」
「うっ…、だ、大丈夫…。はむ…んぐ…はむ…んぐ…」
あさみのお菓子を食べるスピードが上がっていた。
「うん、それなら何とかなるか。大丈夫? 明日、仲上君に会うけど?」
「んぐっ…んっ………ぐぐぐ…、朋与ぉ、どうしよ~う?」
あさみは涙目だ。
「ちょっとタイミングが悪かったわね。でも、まだ時間あるから、頑張りな
 さいな。これが夕方とか夜だったら、大変よ?」
「そ、そうだね…。がんばる…うん…。はむ…んぐ…んっ」
「はぁ、明日の心配よりも、まずは気持ちをどうするか、かな?」
「うん、はむ…んぐ…はむ…んぐ…んぐ…んぐっ…」
「あんた、いい度胸してるね?」
「え? どうして?、はむ…んぐ…」
あさみは相変わらず食べながら会話しているが、朋与はそれを見咎めない。
「昨日は始業式。これから1年みんな一緒」
「ああああぁ~、そうだったぁ~。はむっ…んぐんぐ…んぐっ!」
「見れる? 仲上君の顔」
「うっ、それは難易度が高い、かも…」
それはあさみにとって、聞かれたくない質問だった。
「不自然だと、まずいよ?」
「うん、んっ…、ごくっ…」
食べたり、飲んだり、返事したり、あさみは忙しい。
「明日は、比呂――」
その時、朋与の携帯電話が鳴った。
「比呂美だ…」
「えっ?」
「でるよ?」
「私はいない!」
「当然!」
通話ボタンを押した。

「比呂美?」
立ち上がって、あさみから少し離れ、机に座った。パソコンの画面を見ながら
話し始めることにした。
『うん、今、大丈夫?』
「少しならいいけど…、これから出かけるから。どしたの?」
本当は全然時間はあるのだが、あさみが後ろにいると思うと長電話はできない、
心で比呂美に謝りながら朋与は小さな嘘をついた。
『うん、分かった。あさみに悪いことしちゃったかな?って思って…』
(ああ、やっぱ比呂美はいい子だなぁ)
『それでね? あさみ、どうだったかなって思って…』
「大丈夫だと思うよ? ちょっと落ち込んでたけど、笑ってたし」
『ほんとぉ? 私、いっぱい笑っちゃったから…』
「あたしも笑ったから、気にしても仕方ないって。後でメールでもしとけば?」
『うん、そうだね。ありがと』
「それよりも、明日…学校では言わない方がいいよ?」
『言わないよぉ。今でも悪いかなって思ってるのに…』
「仲上君にも言っておいてね?」
『うん、眞一郎くんの方が気にしてたよ。最初に笑ったから…』
(はいはい、そうですか。仲のよろしいことで)
『朋与も言わないでしょ?』
「当ったり前、噂にでもなったら、あさみがかわいそうじゃない?」
『そうだよね。そうだ、野伏君には眞一郎くんから言ってもらうから…』
(はいはい。眞一郎くん、眞一郎くん、眞一郎くん、ですか?)
『あっ、長くなってごめんね? もう切るね?』
「おっけー、じゃあ、また明日~」
『うん、明日ね? ばいばい!』
「ばいばい!」
パタンと閉じてから、あさみを振り向く。

「比呂美は気付いてないし、仲上君も大丈夫でしょ?」
朋与が話しながら机から移動して、あさみの近くに腰を下ろした。
「うん…、ありがと。比呂美、気にしてたんだ…。はむ…んぐ…」
「まあ、そうだろうね。あの子、よく笑うし。特に仲上君と付き合ってから」
「んぐっ…思い返すと、別人だもんね…。はむ…んぐ…んぐっ」
あさみの食べるペースは落ちない。"何か"を噛み砕き、飲み込んでいる。
「まあ、分からないでもないけどね、あたしは聞いたもの、色々と、ね…」
「私もちょっと聞いた。はむ…んぐ…んぐ…んぐっ…」
「どう? 大丈夫? 明日、比呂美と仲上君に会うよ?」
「はむ…はむっ…んぐ…んぐ…んぐ…んぐっ…」
「がんばりなさい。結局、暴走しちゃったんだし…」
「んぐっ…、うん…がんばる…」
「聞いていい?」
「何?」
「そんだけ本気ってことは、昨日の"告白"だけじゃないんでしょ?」
「はむ…はむっ…はむっ…んぐ…んぐ…んぐんぐっ…」
「言いたくないなら、いいけど…」
「んぐっ…ん…、ううん、目、だよ」
「目?」
「そう、あの時、見ちゃったんだ。仲上くんの比呂美を見る目」
あさみの瞳に真剣な光が宿る。食べることを止め、真っ直ぐに朋与を突き刺す
ような視線だ。
「分かんない」
朋与はあさみの視線に気圧されてしまう。自分がまだ気付いていない、何かを
見ていたことが分かったからだ。そして、その気持ちの強さも知った。
「どきっとした。あんな目で見られたらって思っちゃった」
「分かんないってば。あたしは見てなんだから…」
「すごかったよ? どう言っていいのか、分かんないけど…。踊りの時とは
 全然違う。あの時もすごいと思ったけど、昨日のは…」
「分かんないなぁ~。でも、それが今日の原因なんだ…」
「うん、朋与も見たらびっくりするかもね?」
「あたしに通じるかな?」
「う~ん、朋与はどうだろうね? 私みたいに、おバカじゃないし」
「あさみはおバカって言うより…」
「あっ! 何?」
あさみの瞳から先程の真剣な光が消え、いつもの調子が戻ってきた。
「何だろ?」
朋与は何も考えていなかった。
「ぶっ! なぁに? 言えばいいじゃない!」
「いやぁ、正直言って、おバカよりも…」
「なによぉ…。はむっ…んぐ……んぐっ…んっ…、ごくっ…」
「いい言葉が浮かばないっつ~かぁ…」
「ああっ! 結局私をおバカって言った! 言ったよね?」
「え? そうかなぁ~?」
朋与があさみから視線を外す。
「私を見て言ってない! しかも、ちょっとバカにしてる顔だ!」
「気のせい、気のせい」
「ああっ! なんで半目なのよ! 朋与ぉ…。はむっ…んぐ…んぐ…んぐっ…」
「イガグリ頭…好きなの…」
「ぐっ! 今、それ言う!? ねぇ? ねぇ?」
「だって…好きだったの…イガグリ…」
朋与は、ニヤニヤしていた。
「と~も~よ~っ!」
結局、朋与はあさみの相談にのっていたんだろうか?
2人の賑やかな会話は夕方まで続いた。あさみはその頃になると、すっかり元
気になり、普段通りの会話ができるようになっている。

― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―

キィ、バスルームのドアが開いた。ゆっくりと近づいてくる。
「眞一郎くん、野伏君に言ってくれた?」
隣に座って、寄りかかるようにして肩を触れさせた。
「ちゃんと話しておいた。アイツは口固いから、安心」
「うん…」
「比呂美」
手が腰に回り、体ごと引き寄せる。
「眞一郎くん…」
二人はバスタオル一枚だけ身に着けていた。
「まだ…明るいね?」
比呂美の部屋は角部屋だ、陽の光がカーテン越しに全体を明るくしている。
「あぁ、そうだな…」
「すごく、恥ずかしいなぁ…」
「比呂美の顔がよく見えるから、俺は嬉しいけど、な?」
体を密着させた。
「眞一郎くん♪、ん…んん…ちゅ…ちゅぱ…んく…、
 あっ!? ちょっ! 待って!…上で……あん………ぃゃ…」
「我慢できない」
「うん、いいよ…………んっ!…ああん…」

<ここからは二人だけの時間です。書けるけど、書きません…>

さてと、続きは…どうなるのかなぁ?

END


-あとがき-
あさみに突撃させましたが結果はご覧の通り。典型的な1度目は失敗。
次のチャンスがあるかどうか、分かりませんが。
最近気付いたのは、愛子を登場させると三代吉がいるにも関わらず、
愛子がブレそうになる…。なので、今後はあまり出番無いかも…

 ありがとうございました。

 

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。