マーケティングリサーチ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

負けるな比呂美たんっ! 応援SS第10弾

『マーケティングリサーチ』

●EDのデフォルメキャラをイメージしてください


 「し、眞一郎くん。」
 「なんだい?」
 「そろそろ男の子達も女の子達もソワソワする季節だと思うんだけど」
 「えーと、そうみたいだね」
 「それでね、眞一郎くんの意見を参考までに訊きたいんだけどいいかな?」
 「参考?」
 「うん、ある女の子が眞一郎くんにチョコをあげたいみたいなの」
 「俺に?」
 「うん、ただ、どんなチョコだと喜んでもらえるか良く分からないみたいで代わりに訊きにきてあげたの」
 「い、いや、そりゃどんなものでも嬉しいけど」
 「もうっ、誰からでもいいの?」
 「い、いやそういうわけでは…」
 「じゃ、第一問、お店で売ってるきちんとした物とあんまり形の良くない手作りとどっちがいい?」
 「うーん、負担にならないなら手作りかな、やっぱり」
 「そう、じゃあ第二問、メッセージカードに何か書いてあるとして」
 「うん」
 「無難なのととちょっと大胆なのとどっちがいい?」
 「うーん、そりゃくれる人次第だろうなぁ、やっぱり」
 「やっぱりそうだよね、じゃあ、最後ね、義理チョコとそうでないのと、どっちがほしい?」
 「うーん、義理かな」
 「え…?」
 「でも、その女の子が比呂美なら義理じゃないほうが光栄かな」
 「…も、もうっ、これはある女の子の話なんだから…」
 「そか、残念」
 「じ、じゃあ、当日まで待っててあげてね」
 「うん、わかった」
 「ありがとうね、参考になりました」
 「あんまり無理しなくても チョコの味がしたら充分だからな」
 「むー、いくら私でもそんなに下手くそじゃないもん… あっ!」
 「分かってるよ、火傷とかしないようにな」
 「もうっ、あげるのやめちゃおうかな」
 「その女の子に宜しく」
 「知らないッ!」







●あとからあとがき
5話まで視聴済み

バレンタインが近いんで定番ネタです
封印で身動きの取れない比呂美を動かしてやりたかっただけです
比呂美たんの想いしっかりバレてます
個人的にはこのくらいの距離感が好きです
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。