true MAMAN最終回後の小ネタ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

622 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2008/06/12(木) 00:37:05 ID:1Hli0F8x
嬉しいことがあっても持続しないのが難点(つД`)


623 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2008/06/12(木) 00:44:11 ID:QrEv1xzQ
>>622
これからはずっと隣にいるんだし


624 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2008/06/12(木) 00:51:29 ID:w/bmQYho
>>623
何それ?プロポーズみたい・・・


626 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2008/06/12(木) 00:58:33 ID:ZQy0sxD9
プロポーズと言えば数年後から云年後の中学、高校の同窓会の妄想が止まらん
なんだよ仲上~やっぱりゴールインしたのかよー、って


627 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2008/06/12(木) 01:07:30 ID:KGfymZHb
むしろ高校卒業パーティーで比呂美が女子有志にウェディングドレスを着せられて
擬似結婚式をやらされる


628 MAMAN書き ◆iLWTGcwOLM sage 2008/06/12(木) 04:18:10 ID:4vQweaQL
>>627
true MAMAN最終回後(十一幕後)として読んでください


 卒業式が終わった。
 高校生活の終りである。全ての卒業生にとって大なり小なりさまざまな想い出を残し、ひとつのステージを終えた。
 その中の極一部にとっては、最後の一ヶ月に鮮烈な記憶を残した者たちもいる。黒部朋与、浅海絹もそんな一人だった。
「さーパーティーだ、パーティー!食うぞー!歌うぞー!騒ぐぞー!」
「朋与、はしゃぎすぎだよ」
 あさみが窘める。結局名古屋の大学には落ち、春からは朋与と同じ大学に通う事になっている。
「いいじゃない、今日くらい、無礼講よ、無礼講」
「今日『くらい』?するといつもはあれでも自重してるつもりだったのか?」
 三代吉が茶化す。が、その三代吉も浮かれているのか、顔が崩れ気味だ。
「朋与。騒いでもいいけど今日の目的は忘れないでね」
「わかってるわよ。朋与さんにまかせない!」
 朋与が請合えば請合うほど、美紀子の不安は増大していく――。

 

「比呂美、足下気をつけてね」
 パーティーは同級生の家が経営している喫茶店「ジェルラン」で開かれた。広さも十分だが、階段が急なのが難点で、朋与が殊更比呂美に対して
神経質になるのも、2月の事件を考えれば無理からぬ事だった。
「うん、ありがとう」
 比呂美のお腹の子は19週目に入り、服の上からでも大きくなっているのがわかるようになってきた。朋与の手を支えに、ゆっくりと階段を上がっていく。
「よし、昇りきった」
「ごめんね。眞一郎くん、野伏君と一緒に買出しに行っちゃったから・・・・」
「いーのいーの。こんな時の為の親友でしょうが。さ、入って」
 比呂美の為にドアを開け、中に通す。比呂美が中に入ると、真由、あさみ、美紀子が待ち構えていた。
「・・・・?どうしたの、みんな?もしかして、私が最後?」
 後から入った朋与ともども、意地の悪い笑みを浮かべる級友達。
「今日の主役は、あ・な・た。比呂美が来ないと始まらないのよ」
「え?それはどういう・・・・」
 真由と美紀子が後ろ手に隠していたものを掲げる。比呂美はそれがなんなのか暫らく見極めていたが、理解した瞬間、大きく目を見開いた――。


629 MAMAN書き ◆iLWTGcwOLM sage 2008/06/12(木) 04:18:35 ID:4vQweaQL
「おい、こんなにたくさんのクラッカー必要なのかよ?」
 眞一郎が文句を言う。
「必要だから買ったんだよ。決まってんだろ?」
 三代吉がさも当然、というように答える。
 三代吉は何度も時計を気にしていた。それでいて、一向に急ぐ様子はない。
「なあ、何かあるのか?さっきから時間ばかり・・・・」
 その時、三代吉の携帯が鳴った。メールを確認し、ニヤリと笑うと、眞一郎に振り返る。
「よし、じゃ、急ぐぞ、眞一郎」


 会場に着くと、飾りつけも終わって、一同が二人の帰りを待っていた。
「諸君、待たせたな」
 三代吉が言いながら、買ってきたクラッカーを全員に配っていく。事情が飲み込めないながらも眞一郎も受け取ろうとしたが、
「お前はいいんだ」
 と断られ、さらに他の男子に引っ張られて事務所の入り口の前に立たされた。
「なんだ、どうなってんだよ?」
「黒部、OKだ!」
 三代吉の合図と共に証明が落ち、不自然に布がかけられていた壁の一角が露わになる。それと共にファンファーレが鳴り響いた。
 メンデルスゾーンの結婚行進曲だ。
「これは――」
 眞一郎が呆然としていると、事務所のドアが開いた。
 純白のドレスと、ベールを纏った比呂美が出てきた。
「比呂美・・・・これは?」
 比呂美は黙って、恥ずかしそうに頬を染めた。
 一斉にクラッカーが音を立てる。
「さ、仲上君。花嫁の手を取って」
「黒部さん・・・・これは?」
「あなた達、式挙げられなかったでしょ。だから私達で、真似事だけでもしてもらおうと思ったの。ドレスも手製よ、よく出来てるでしょ?」
「おじさん、おばさんももうじき来る筈だぜ。神父さんは用意できなかったが、それはかんべんな」
「さ、早く。花嫁に一人で歩かせる気?」
 あさみに促され、眞一郎は比呂美の隣に立った。比呂美が眞一郎の腕に手を回す。
 即席のバージンロードの両脇を級友が並び、拍手で新郎新婦を迎える。手作りの結婚式はこの後3時間、眞一郎と比呂美に忘れられぬ
想い出を残した。

                        了


630 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2008/06/12(木) 05:48:07 ID:GiH9LJro
スイスwwwwwww
開催国wwwwwwwwwwwww


631 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2008/06/12(木) 05:59:11 ID:wtxiZz/l
フレイがいないからどうしようもないね
スレチガイだね


632 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2008/06/12(木) 09:24:24 ID:KGfymZHb
>>628
おお書いてくれたんだ
純白のウェディングドレスの比呂美と手を繋ぐ眞一郎みてぇぇ


633 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2008/06/12(木) 10:30:34 ID:rWEaPgXp
やっぱりあの2人だとデキ婚だよなw
比呂美の計画通り


634 名無しさん@お腹いっぱい。 sage 2008/06/12(木) 10:40:22 ID:1Hli0F8x
ないない

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。