※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

メイトランドはふりかえってあたりを見た。部屋はやはりきれいで、清潔で、空虚だった。人間を苦しめる永遠の悩みのいくつかが入り混じって、彼の胸に疼いた -- かえらぬ童心への郷愁、死によって生を逃れたいというあこがれ、夢見ぬ眠りをせつに願う心。
マージョリー・ボウエン「罌栗の香り」