RR-Zトップ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ゼロヨンチャンプRR-Z(SFC)


前作「RR」と並んでシリーズの中でも傑作と呼ばれる作品。

タイトルを引き継いでいることからもわかるように、本編の主人公は前作と同じであり、
前作ラストから半年後の設定で物語は始まる。

車種はシリーズの中でも少なめになっているが、これはサブモードである「ミニストーリー」にて
全車(隠しのファニーカー以外)にストーリーが用意されているためだと思われる。

本編には日付の概念はなく、制限時間といったものは設定されていないため、
ゲームオーバーの概念もない。(RPGで主人公がやられても死んだことにはならない)

ただしRPGには、特定の条件でセーブをするとロード後に移動できなくなり、そのデータでは
ゲームの進行が不可能になるというバグがある。

本編でも「ウェット」「アイス」の2つのコースでのレースが登場するため、
車やセッティングをコースごとに細かく変える必要があるのが特徴。

収録モード

  • 「ストーリー」
いわゆる「本編」のこと。
本編でしかプレイできないミニゲームや、このモードのみの車用パーツなどが存在する。

  • 「VS」
対戦モード。ミニゲームの対戦はここには含まれず、レース関連の対戦のみとなる。
中にはさらに、最大4人で普通にタイムもしくは最高速を競う「ノーマルモード」と
車・セッティングがランダムで固定されたカードを出し合って競う「カードモード」があり
タイムアタックは「ノーマルモード」の一人用に相当する。
また、「カードモード」は最大2人だが、一人でもCPUと対戦できる。

  • 「ミニストーリー」
車ごとに用意されたサウンドノベル仕立ての短いストーリーを楽しめる。
最低1回は選んだ車で走る場面があるが、セッティングなどは自分ではいじれない。
敵車との対戦やタイムアタック、最高速アタックなど、走る状況はストーリーによって
さまざまだが、結果でストーリーが分岐するのは共通。
また、本編と同様に、強制敗北になる(絶対に勝てない)レースも一部存在する。

  • 「ミニゲーム」
ストーリーモードを一度クリアすると登場するモード。
本編でプレイできたRPG以外のすべてのミニゲームをいつでもプレイできる。

ゲームによっては、ここでのみ2人同時プレイが可能となったり、
良い成績を出すと名前をつけて記録できるようになっていたり
本編のときにはなかったモードが追加されているなど、本編のときと比べて
かなり仕様が変化している。
また、このモード内でしかプレイできないミニゲームも存在する。


収録ミニゲーム

  • 「ガードナークエスト」
RPG。タイトルの出典はソフトバンク発行・スーパーガイドで、本編には名前は出ない。
本編内でしかプレイできない。職業・転職の概念があり、やりこみ度は高め。
あまり進めすぎると、クリアするまで本筋のストーリーが進められなくなるので注意。

  • 「麻雀伝説 八連荘」
本格4人打ち麻雀。好きな面子を選べ、ある程度はルール設定もできる。
通常の半荘戦だけでなく、一荘戦もできる。
さらには連続和了数を競う「連勝トライアル」というモードもある。
半荘戦・一荘戦の最高点数と、連勝トライアルの最大連勝数は記録される。

  • 「ラッキーパーラー」
パチンコ。台は3種類で、演出はもちろん、当たりやすさや当たったときの大きさが異なる。
わずかな所持金を元手に打ち止めの速さを競う「打ち止めトライアル」と、
制限は一切なくただ打つだけの「フリープレイ」がある。
「打ち止めトライアル」での打ち止め時間が記録される。

  • 「アレスト」
推理パズル風シミュレーションゲーム、と言った感じで実物抜きでの説明が難しいゲーム。
地形と音、犯人の習性を考慮しながら、姿の見えない犯人を追い詰め、逮捕するのが目的。
慣れるまではかなり難しいが、慣れるとかなり面白い。
最大4人対戦が可能で、ルールを熟知した人同士で対戦すれば白熱すること間違いなし。

  • 「ファクトリー」
なんとなく3Dっぽいパズルゲーム。
表示される見本を見ながら、素材ブロックを縦横のスライダーでずらしていき、
見本どおりの形を作って見本の上に落とす。見本にぴったりハマらないとその度合いに応じて
ペナルティが課され、それが一定以上になるとゲームオーバー。
見本ひとつにつき制限時間があり、時間切れになると素材の状態に関わらず
見本の上に落とされてしまう。すばやく見本どおりに作るほど高得点。
ミニゲームモードでは2人対戦が可能で、地味ながら妨害の要素なども存在する。

  • 「ボーダーライン」
3D風シューティング。
プレイヤーは何かに乗っている設定のようで、コックピット視点である。
画面奥側から迫ってくる巨大な敵を、弱点を探して射撃し、破壊することが目的。
敵との距離は常に画面上部に表示され、倒す前に0になるとゲームオーバー。
回数制限はあるがボムを使えば無条件である程度押し返せる他、弱点を攻撃することで
少しずつではあるが押し返すことができる。
弱点は一箇所に留まらず時間と共に変化するため、そうやすやすとは倒せない。
ミニゲームモードでは2人同時プレイが可能。しかし対戦ではなく、2人がかりで
1つの敵を倒すための協力プレイとなる。

  • 「ギャンブルの鬼」
ミニゲームモード専用のゲーム。
ギャンブルに溺れる主人公・ヤスの物語で、一応ながらストーリーが存在し、
進行状況を本編とは別でセーブ・ロードできるアドベンチャー風ゲーム。

他モードにもある麻雀・パチンコに加えて賭けレース場の3つのギャンブルで
金を稼いでいくのが目的である。
麻雀・パチンコは本編とは違い、勝った度合いに応じて直接所持金が増える仕様。



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。