山本権兵衛


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Template:日本の内閣総理大臣?

山本 権兵衛やまもと ごんべえ または やまもと ごんのひょうえ とも1852年11月26日嘉永5年10月15日) - 1933年昭和8年)12月8日)は、日本の武士薩摩藩士、海軍軍人政治家。第16および第22代の内閣総理大臣階級位階勲等爵位海軍大将従一位大勲位功一級伯爵。本名:進水式で祝詞用に神主がつけた名前のごんのひょうえを通称にしていたが、本称は「ごんべえ」である。は盛武。

海軍軍人として数々の軍政改革を行い、日清戦争日露戦争を屋台骨から支えた。この頃の山本を、司馬遼太郎などは、「日本海軍のオーナー」という言葉で評している。その後大正期に二度首相となりリベラルな姿勢を見せるが、二度ともスキャンダルに見舞われ、満足な業績を残せぬまま辞職した。

また、様々な文献で元帥となっている場合があるが、山本が元帥だった事実は無い。

経歴

生誕から海軍士官時代

薩摩国鹿児島城下の鹿児島郡下加治屋町(現・鹿児島市加治屋町)に薩摩藩士・山本五百助盛珉の六男に生まれる(幼名も権兵衛)。

戊辰戦争に従軍、戦争終了後に西郷隆盛の紹介で勝海舟に一ヶ月間弟子入りした。山本は勝に強く感化され、彼の勧めによって海軍の道を歩むこととなった。その後昌平黌開成所海軍兵学寮に学んだ。海軍兵学寮では戊辰戦争の弾雨の中をくぐり抜けた気の荒い権兵衛らによって、教官らがしばしばいびられ、時に器物が壊され暴力を受けたとの話も残る。西南戦争では西郷軍に従軍しようとしたが、西郷自らの説得により兵学寮に戻った。卒業席次は17人中16席。1877年明治10年)に海軍少尉として任官、翌年には津沢鹿助の三女登喜子と結婚、その後世界各地を周航した。帰国後、「高雄」・「高千穂」の艦長などを歴任した。

海軍省勤務時代

1891年(明治24年)、西郷従道海軍大臣の下で海軍省大臣官房主事に就任した。山本は従道の全幅の信頼のもと、陸軍の従属的立場に扱われがちであった海軍の地位向上を目指し、「島国の国防はまず海上権を先にすべきものであり、せめて陸海軍を平等な立場にすべきである」と主張し、十年間をかけて海軍軍令部の独立という成果を引き出した。

さらに山本が行ったのが、将官8人、尉佐官89人に及ぶ海軍軍人の予備役編入であり、このリストには海軍中将・軍令部長の中牟田倉之助すら入っていた。これは、藩閥出身のために高い階級にあり、かつ正規の近代海軍教育を受けていない海軍将校は、来たるべき戦争では不用となるとみなした大リストラであり、山本と個人的に親しかった将校も容赦なく整理対象とされた。

1894年(明治27年)から1895年にかけての 日清戦争当時は、海軍省軍務局長として海軍の戦略の中枢に位置した。 その後も海軍次官を経て、山県内閣の海相に就任、以後8年間にわたってその地位を保つ。立憲政友会伊藤内閣でも留任されて重んじられたことから以後同党に好意的な立場を取る事になる。

1904年(明治37年)には海軍大将に昇進し、同年から翌年にかけての日露戦争中は海軍大臣の地位にあり、軍政面から戦争を支えた。連合艦隊司令長官東郷平八郎を推挙する際、明治天皇に「東郷は運の良い男でありますので」と奏したという話は有名である。戦争後にその功績により、伯爵に叙せられた。その後軍部の要人として存在感を強め、護憲運動などにも理解を示した。

総理大臣時代

thumb|[[内閣総理大臣山本權兵衞]] 1913年大正2年)2月20日に退役となり、立憲政友会を与党として内閣総理大臣に就任した。第一次山本内閣では、軍部大臣現役武官制を廃止したが、シーメンス事件の贈賄疑惑をめぐり内閣は瓦解し、山本は1914年(大正3年)4月16日辞任した。

第二次山本内閣の組閣は関東大震災の被害もまだ明けぬ1923年(大正12年)9月2日である。山本は帝都復興院総裁に後藤新平を任命して東京の復興事業を行う一方、普通選挙実現に動くなどしたが、同年12月27日に起きた摂政宮裕仁親王(後の昭和天皇)が難波大助に狙撃された虎ノ門事件の責任を取り、翌1924年(大正13年)1月7日内閣は総辞職した。

明治日本海軍の父としてその手腕は高く評価される反面、首相在任中に於ける不運が惜しまれる。

元老の候補として何度も名前が挙げられたが、西園寺公望の反対により実現しなかったとも言われる。

栄典

家族親族

系譜

  • 山本氏 山本家は鎌倉時代からの大隅国穪寝の地頭ではじめ穪寝氏、次いで建部、さらに山本と姓を改めやがて島津氏に仕えた。盛備は小野蘭山に師事して本草学を修め庭奉行を務めた。盛賢、盛珉は右筆を務めた(『日本の名門名家 人物系譜総覧』)。
盛備━盛賢━盛珉━権兵衛━┳清━━┳清二━━衛━━空子
             ┣イネ ┣千代子
             ┣すゑ ┣登茂子
             ┣ミね ┗喜美子
             ┣なミ
             ┗登美

参考文献

  • 別冊歴史読本『日本の名家・名門 人物系譜総覧新』 人物往来社 2003年 288-289貢
  • 千早正隆「海軍経営者 山本権兵衛」、プレジデント社、1986年12月2日、ISBN 4-8334-1278-0 C0031

関連項目


外部リンク




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年4月23日 (水) 09:12。












     
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。