寺内寿一


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

寺内 寿一(てらうち ひさいち、1879年明治12年)8月8日 - 1946年昭和21年)6月12日は、日本陸軍軍人元帥陸軍大将、政治家。伯爵。第18代内閣総理大臣寺内正毅の長男。山口県出身。

経歴

東高師附属中学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)、成城学校を経て

性格

二・二六事件の後、陸相として皇道派の追放(粛軍)を主導し、軍部大臣現役武官制を復活させ、軍部の影響力を増大させている。また、「腹切り問答」後に議会解散を要求して結果的に広田内閣を総辞職に追い込んでいる。さらに元帥就任後は無謀なインパール作戦を強行して失敗、ルソン島からレイテ島への作戦転換も多大の犠牲者を出した。

また、山田風太郎の著書『人間臨終図巻』の寺内を扱った項目によると、寺内と永井荷風とは同窓であったが、いわゆる軟派な学生であった永井の存在を看過出来なかった寺内は、在学中に永井に鉄拳制裁を加えたことがあったという。

皇族以外で陸・海軍を通して唯一、親子2代で元帥になった。また、東条英機内閣瓦解後の後継首班に目されたが、南方軍司令官として前線指揮官の寺内は動かせないということで、朝鮮総督であった小磯国昭に大命降下することになったが、状況によっては最初の親子2代の内閣総理大臣の可能性もあった。しかし、これは上記に記す作戦・参謀の失敗等を考えると、実力によるものではなく、親の七光り的な要素が強い。

また、育ちがいいためか、細密な気配りができ下士官兵に人気があった。ただ、幼少時は同級生に鉄拳を振るうなど荒っぽい性格だったとも言われている。

ホテルのマネージャーをやってみたいと語ったこともある。なお、最後の軍歌『壮行譜』は寺内が収監された時に寺内に贈られた曲である。

関連項目

外部リンク




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年5月11日 (日) 02:05。












     
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。