関東都督府


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

関東都督府(かんとうととくふ)は、大日本帝国時代の遼東半島先端部の関東州を統治する機関。

概要

日露戦争後の1905年、遼陽に設置された関東総督府が翌1906年、旅順に移転・改組され関東都督府になった。

関東州の統治のほか、南満州鉄道株式会社の業務監督や満鉄附属地の警備も行った。

1919年関東軍関東庁に分かれるまで続いた。

都督

長官の都督は陸軍大将中将から任命された。都督は「都督府令」を発し、禁錮1年以下又は罰金200円以下の罰則を科すことができた。

外務大臣の監督下で清国(後に中華民国)の地方官と交渉することもできた。

また、都督は軍人であるので、関東州駐屯軍司令官も兼ね強大な権限を持った。

歴代都督

関東総督

  1. 大島義昌 大将 (1905年10月18日 - 1906年9月1日)

関東都督

  1. 大島義昌 大将 (1906年9月1日 -)
  2. 福島安正 中将 (1912年4月26日 -)
  3. 中村覚 中将 (1914年9月15日 -)
  4. 中村雄次郎 中将 (1917年7月31日 - 1919年4月12日)

組織機構

  • 都督官房
  • 陸軍部(後に関東軍として独立する。)
  • 民生部
    • 庶務課
    • 警務課
    • 財務課
    • 土木課
    • 監獄署

関連項目




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年7月18日 (金) 20:51。











    
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。