薩英戦争


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

薩英戦争(さつえいせんそう、Anglo-Satsuma War文久3年7月2日1863年8月15日) - 7月4日8月17日))とは生麦事件の解決を迫るイギリス薩摩藩の間で戦われた鹿児島湾における砲撃事件である。鹿児島では「まえんはまいっさ」(前之浜戦)と呼ばれる。薩英戦争の結果、薩摩藩は攘夷が実行不可能であることを理解しイギリスは幕府支持の方針を変更して薩摩藩に接近した。

生麦事件

交渉

Template:正確性? 交渉までの経緯については、備考を参照のこと。

  • 文久3年(1863年)
    • 5月(5or6月) - イギリス公使代理のジョン・ニールは幕府から生麦事件の賠償金10万ポンドを受け取る。
    • 6月22日8月6日) - ジョン・ニールは薩摩藩との直接交渉のため、7隻の艦隊(旗艦ユーライアラス(艦長J・ジョスリング大佐)、コルベット「パール」(艦長J・ボーレイス大佐)、同「パシューズ」(艦長A・キングストン少佐)、同「アーガス」(艦長L・ムーア少佐)、砲艦「レースホース」(艦長C・ボクサー少佐)、同「コケット」(艦長J・アレキサンダー少佐)、同「ハボック」(艦長G・プール大尉)、指揮官:イギリス東インド艦隊司令長官オーガスト・クーパー中将)と共に横浜を出港。
    • 6月27日8月11日
      • 鹿児島湾(錦江湾)沖に到着。生麦事件犯人の逮捕と処罰、および生麦事件の遺族への賠償金2万5000ポンドを要求。しかし、薩摩藩は拒否。処罰の対象を、犯人ではなく藩主だと勘違いしたためという説がある(要求文翻訳を担当した福沢諭吉が急いでいたために、原文を直訳してしまい事件の責任者と藩主の区別があいまいになったため)。
      • イギリス艦隊は鹿児島湾に進入、鹿児島城下の南約7kmの谷山郷沖に投錨。薩摩藩は総動員体制に入り、寺田屋事件関係者の謹慎も解かれた。
    • 6月28日8月12日) - イギリス艦隊はさらに前進し、前之浜沖に投錨。
    • 6月29日8月13日) - 薩摩藩がイギリス艦に奇襲を計画。黒田清隆大山巌らがスイカ売りに変装し一部が乗艦に成功。ただし実際に斬り込みを行う寸前で作戦が中止され、黒田らは退去。
    • 7月1日8月14日) - 鹿児島城が前之浜沖に投錨する英艦隊の艦砲の射程内と判断されたため、藩主・島津茂久と後見役島津久光は本営を千眼寺に移転した。

砲撃事件

  • 7月2日(8月15日) - イギリス艦隊は五代友厚寺島宗則らが乗船する薩摩藩の汽船3隻(白鳳丸、天佑丸、青鷹丸)を拿捕する。このため正午に、薩摩藩が陸上砲台80門を用いて先制攻撃を開始。
    • イギリス軍は応戦が遅れたが14時、100門の砲(うち21門が最新式のアームストロング砲)を使用し、陸上砲台(沿岸防備砲)と鹿児島城北の市街地を艦砲射撃で反撃した。薩摩藩側は陸上砲台や近代工場を備えた藩営集成館を破壊された。また鹿児島湾内沖小島付近には、集成館にて製造した水中爆弾3基(地上より遠隔操作)を仕掛けて待ち伏せしていたが、艦隊は近寄らず失敗した。
    • 薩摩藩の陸上砲台によるイギリス艦隊の損害は甚大で大破1隻・中破2隻の他、旗艦ユーリアラスの艦長・副長の戦死を含む死傷者63人にも及んだ。イギリス側の戦傷者の被害状況は死亡者の殆どは頭部などへの破裂弾(榴弾)の被害を多く受けており、戦闘の様子を伝える当時の新聞挿絵などもイギリス艦隊の頭上で砲弾が炸裂する様子を描いており、薩摩はイギリス艦隊に対して榴弾砲を多用した攻撃を行なったことがうかがわれる。
    • 旗艦ユーリアラスの被害の中には、薩摩側の攻撃によるものではなく、アームストロング砲の暴発事故Template:要出典?によるものもあったがイギリス海軍は薩摩によるものとして賠償要求に含めている。なお、当時の事件を伝える新聞では負傷者の詳細が掲載されているが、暴発事故には一切触れられていない。この事故によってアームストロング砲はイギリス海軍から全ての注文をキャンセルされ、輸出制限も外されて海外へ輸出されるようになり、後に日本にも輸入される原因になった)
    • 一方薩摩藩側は物的損害(民家354余戸、藩士屋敷160余戸、藩汽船3隻、民間船5隻が焼失)は受けたが、死傷者はイギリス側と比べると8人(死亡者は祗園洲砲台での伍長・税所清太1名のみ)と少ない(鹿児島市街では死者3名、負傷者5名)。イギリス艦隊は燃えさかる鹿児島城下に向けて更なる攻撃としてロケット弾を発射した。
  • 7月4日(8月17日) - 16時、イギリス艦隊は弾薬や石炭燃料の消耗や、旗艦艦長・副長の戦死などの被害を受け、戦死者を錦江湾で水葬にして薩摩から撤退し横浜に向かう。
    • 実質1日半の戦闘でイギリス側の被害が大きい理由としては、戦闘準備不足の上、開戦当初より暴風雨状態で艦船からの照準が定まらず、砲撃頻度が低かった。また、薩摩藩側の事前演習の標的近くに艦船が侵入してしまい(薩摩藩はイギリス艦隊の来襲を事前に知っており、迎撃のため演習を行っていた)、薩摩藩側の砲弾命中率が高かったことも挙げられている。
    • 一方、薩摩藩側の物的被害が大きかった理由としては、イギリス側の艦載砲やロケット弾が命中率・射程が圧倒的に優位だったこと、暴風の影響や日本家屋の殆どが木造建築であり艦砲射撃による火災の延焼を免れなかったことなどがある。 
    • この戦闘での勝敗については、上記の様な歴史的事実から『イギリス艦隊勝利説』・『薩摩藩勝利説』・『双方引分け説』等、学者・研究家によって意見が異なっている。
    • 幕府や朝廷は薩摩藩の勝利を称えているなどしたが、横浜に帰ったイギリス艦隊内では、戦闘を中止して撤退したことへの不満が兵士の間では募っていた。
  • 歴史小説などでは、薩英戦争と長州藩の完敗であった馬関戦争とを釣り合わせて記述したり、薩摩藩の攘夷転換を強調するために薩摩側完敗や不利の記述が多く、フィクションの要素が強いことに注意する必要がある。 なお、戦闘が始まる以前にイギリス側は徳川幕府から多額の賠償金を得ているなど、本国のイギリス議会では鹿児島城下の民家への艦砲射撃も必要以上の攻撃として、イギリス海軍キューパー提督を非難している。

戦争の結末

  • 10月5日11月15日) - ジョン・ニールと薩摩藩がイギリス大使館で講和。薩摩藩は2万5000ポンドに相当する6万300を幕府から借用して支払う。しかし、この借用金は幕府に返されることはなかった。
    • イギリスは薩英戦争以降、薩摩藩側の兵力を高く評価するようになりフランスに対抗する政治的理由の観点から従来の徳川幕府支持の方針を転換、薩摩藩との関わりを強めることとなる。

備考

生麦事件発生以前にも2度にわたる東禅寺(イギリス公使館)襲撃事件などでイギリス国内の対日感情が悪化している最中での生麦事件の発生にジョン・ラッセル外相(後の首相)は激怒し、ニール代理公使及び当時艦隊を率いて横浜港に停泊していた東インド・極東艦隊司令官のジェームス・ホープ中将に対して対抗措置を指示した。実は2度目の東禅寺襲撃事件の直後からニールとホープは連絡を取り合い、更なる外国人襲撃が続く際には関門海峡大坂湾江戸湾などを艦隊で封鎖して日本商船の廻船航路を封鎖する制裁を検討していた(当時、日本には砲台は存在したもののホープはそれを無力化出来れば巨大な軍艦の無い江戸幕府や諸藩には封鎖を解くことは不可能であると考えていた)。

実際に文久2年11月20日(1863年1月9日)にヴィクトリア女王臨席で開かれた枢密院会議で対日海上封鎖を含めた武力制裁に関する勅令が可決されている。だが、ニールもホープもこれは最後の手段であると考えて文久3年2月4日3月22日)、ホープの副官であるクーパー少将に戦艦3隻に率いさせて横浜に呼び寄せ、幕府に最後通牒を突きつけて海上封鎖の可能性を仄めかせた。

これを憂慮したフランス公使デュシェーヌ・ド・ベルクールの仲介によって5月9日6月24日)にニールと江戸幕府代表の小笠原長行との間で賠償がまとまって日本海上封鎖は直前に中断され主犯である薩摩藩攻撃に方針変更することとなり、クーパーに薩摩攻撃を命じることとなる。

なお、ホープは海上封鎖を行っても賠償に応じない場合を想定して陸軍と協議して京都大坂江戸を占領する計画も検討したが仮に占領は出来ても天皇将軍が山岳部に逃げ込んでゲリラ戦に持ち込まれたら不利であると言う結論を出しており、事実上断念している。

参考文献

  • 石井孝『明治維新と自由民権』(平成5年(1993年)、有隣堂) ISBN 4896601157
  • JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.A07060050900、鹿児島戦争之英文新聞紙翻訳・文久三年(国立公文書館)

関連項目



  出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_ 2008年12月4日 (木) 20:12。












   
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。