日露修好通商条約


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日露修好通商条約(にちろしゅうこうつうしょうじょうやく)は、幕末の日本ロシアとの間に結ばれた通商条約。1858年8月(安政5年7月)に調印され、1859年8月(安政6年7月))批准された。日露修好通商条約では、領事裁判権に加えて最恵国条項が双務的となっている。この条約は1895年(明治28年)に締結された日露通商航海条約によって総て無効になった。


関連項目

条約



  出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年11月13日 (木) 18:56。












     
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。