野村吉三郎


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

{{基礎情報 軍人 | 氏名 = 野村 吉三郎 | 各国語表記 = | 生年月日 = 1877年12月16日 | 没年月日 = Template:死亡年月日と没年齢? | 画像 = Kichisaburo Nomura as Foreign Minister 1939 cropped.jpg | 画像サイズ = | 画像説明 = 阿部内閣の外務大臣に迎えられ記者団を前に抱負を語る野村(1939年9月26日) | 渾名 = | 生誕地 = 和歌山県 | 死没地 = | 所属政体 = Template:JPN?

| 所属組織 =

大日本帝国海軍

| 軍歴 = 1898 - 1937 | 最終階級 = 海軍大将 | 指揮 = 第三艦隊司令長官
呉鎮守府司令長官
横須賀鎮守府司令長官 | 部隊 = | 戦闘 = | 戦功 = | 賞罰 = 従二位
勲一等旭日桐花大綬章 | 除隊後 = 学習院院長
外務大臣阿部内閣
駐米大使(日米開戦時)
参議院議員(戦後) | 廟 = }}

野村 吉三郎(のむら きちさぶろう、明治10年(1877年12月16日 - 昭和39年(1964年5月8日)は、昭和初期に活躍した日本海軍軍人外交官政治家和歌山県出身。位階勲功等は海軍大将従二位勲一等旭日桐花大綬章

大使として真珠湾攻撃まで日米交渉に奔走した。

経歴

海軍軍人時代

明治28年(1895年)、和歌山中学校を修了。上京後、海軍諸学校への予備校であった私立海軍予備校で学び、海軍兵学校(26期、1898年)卒業。以後海軍軍人としての経歴を歩む。

海兵教官、「千歳」航海長などを歴任した後、明治34年(1901年)に完成した戦艦三笠引取りのためにイギリスへ渡ったのをはじめ、オーストリアドイツ駐在を経て、駐米日本大使館附武官・パリ講和会議ワシントン軍縮会議の全権団に随員として加わるなど、海外経験が豊富であった。海軍大学校は出ておらず、「僕を教えられる人がいるのかね」と言ったという逸話がある。後にアメリカ大統領となるフランクリン・ルーズベルト(米海軍次官 1913−20年)ら海外の政治家とも親交があった。やがて大正15年(1926年)には軍令部次長となり、以後横須賀の両鎮守府司令長官などを歴任した。

昭和7年(1932年)、第三艦隊司令長官として上海事変に参加している折に、朝鮮人尹奉吉によるテロ事件にあって右目を失明する。一命を取り留めて海軍大将昇進および勲一等旭日大綬章を受章、昭和12年(1937年)海軍を退役して学習院院長となる。

日米交渉とその決裂

野村は国際法の権威であったことから、昭和14年(1939年)9月25日、阿部内閣において外務大臣に抜擢される。また昭和16年(1941年)1月、日米関係が悪化の一途をたどる中、ルーズベルトとは旧知の間柄ということが期待されて駐米大使に起用された。しかし日本の南部仏印進駐によってアメリカとの関係が一層悪化すると、日本政府は前駐独大使で外務官僚の来栖三郎を異例の「二人目の大使」としてワシントンに派遣、両大使でアメリカのハル国務長官と戦争回避のための交渉を行った。外交経験の少ない野村を来栖に補佐させようとしたこの人事は逆にアメリカ側の不信を招く結果となり、交渉は難航した。

野村はかねてから「アメリカの挑発がない限り、日本は戦争を起こさない」と言明していたが、中国からの日本軍の全面撤退や日独伊三国軍事同盟の破棄、重慶国民党政府以外の否認を求めるハル・ノート最後通牒と受け取った日本は、米英等を相手とする第二次世界大戦に突入することを決定し、マレー作戦とそれに続く真珠湾攻撃で開戦した(なお対米宣戦布告が遅れた問題については「真珠湾攻撃と宣戦布告遅延問題」を参照のこと)。

昭和17年(1942年)に日米間の交換船で帰国、その後枢密顧問官に転じた。

戦後

終戦後の昭和21年(1946年)8月に、野村は公職追放となるが、ACJ(アメリカ対日協議会)の面々は積極的に野村に近づき、定期的に(違法ではあるが)食料や煙草を送り、経済的に苦しい彼の便宜を図った。メンバーの一人であるウィリアム・R・キャッスルは、野村を「日本を正しい道筋で、再び重要な国家となるように再建するのに役立つ人物の一人だ」と評した。

昭和28年(1953年)同郷の松下幸之助に請われ、松下の資本傘下となった日本ビクターの社長に就任。空襲による会社や工場施設の焼失、戦後の労働争議などでの危機的経営を創生期の親会社で疎遠となっていたアメリカRCAと技術支援契約を結び再建の道筋をつける。

追放解除に伴い、吉田茂の要請で再軍備問題の調査にあたり、海上自衛隊の創設に関わる。これが縁で昭和29年(1954年)に参議院選挙に出馬、参議院議員となる。自由民主党に参加して、防衛政策を担当した他は、外交調査会会長を務め、松野鶴平参議院議長就任に伴い党参議院議員会長に就任した。鳩山内閣岸内閣防衛庁長官への起用が取り沙汰されたが、日本国憲法における文民統制の観点から見送りになった。その後の運用では旧軍・自衛隊の士官経験者の防衛庁長官も誕生しているが(山下元利中谷元など)、そのような前例が出来ていない時期だったことと、野村が軍人としてあまりにも大物過ぎたことが影響したとされる。

年譜 


文献 

  • 著書 『米国に使して』 岩波書店 昭和21年 のち復刊
  • 著書 続篇『アメリカと明日の日本』 初版:読売新聞社 1947年
復刊、吉村道男監修 日本外交史人物叢書21巻/ゆまに書房 2002年
  • 豊田穣 『悲運の大使野村吉三郎』 講談社 1992年 講談社文庫 1995年
  • 尾塩尚 『駐米大使野村吉三郎の無念 日米開戦を回避できなかった男たち』
日本経済新聞出版社 1994年

関連項目

Template:Commons?




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年12月18日 (木) 00:31。












     
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。