荒木貞夫


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Template:Infobox 軍人?

荒木 貞夫あらき さだお1877年5月26日 - 1966年11月2日)は大正昭和陸軍大将第一次近衛内閣平沼内閣文部大臣皇道派の重鎮であり、昭和初期の血気盛んな青年将校のカリスマ的存在であった。

来歴・人物

東京都狛江市出身。小学校校長で、旧一橋家家臣だった荒木貞之助の長男として生まれる。誕生日は木戸孝允の命日でもある。日本中学中退を経て、1897年11月陸軍士官学校卒業。1907年11月陸軍大学校首席で卒業。

第一次世界大戦中はロシア従軍武官。シベリア出兵では特務機関長にて参加。その後、憲兵司令官等を歴任。

1931年より犬養毅斎藤実内閣陸相1934年軍事参議官1935年男爵1936年二・二六事件の粛軍の結果、予備役に編入される。

1938年1939年、第1次近衛文麿内閣・平沼騏一郎内閣文相として国民の軍国化教育に邁進した。

A級戦犯に処せられて終身禁固の判決を受け服役。1955年、仮釈放。東京裁判ではのらりくらりとしながらもその堂々とした態度が、他の被告人らを奮い立たせたともいわれている。非常に饒舌で罪状認否で起訴状の内容に対し無罪を主張して熱弁を振るい、ウェッブ裁判長から注意された。判決時にはモーニング姿で被告席に現れた。しかし、重光葵の証言によれば、巣鴨プリズン内のアメリカ人憲兵の不遜な態度に反発するあまりに、親的な言動をとるようになるなど、その思考には多少短絡的な部分もあったようだ。

皇道派のシンボル

昭和初期の陸軍首脳は、「青年将校を煽動する恐れあり」という理由で、1929年(昭和4年)当時、第1師団長であった真崎甚三郎を台湾軍司令官として追いやったときに、荒木も左遷される運命にあった。

しかし、教育総監の武藤信義が「せめて荒木は助けてやってくれ」と詫びを入れる形で、荒木は第6師団長から教育総監部本部長に栄転し東京に残った。武藤はどちらかというと反宇垣皇道派の庇護者であった為、統制派の独裁を嫌い、特に荒木を可愛がったらしい。この頃の荒木の人気と云うのは大変なもので、東京駅のホームは出迎えの青年将校で溢れ、さながら凱旋将軍のようであったと言う。

また、憲兵司令官時代から大川周明平沼騏一郎北一輝井上日召といった右翼方面の人物と交流を持っていた事から、1931年(昭和6年)の十月事件においては、橋本欣五郎から首相候補として担がれたが、荒木自身の反対や意見の非統一から計画は頓挫した。

同年12月、荒木は教育総監部本部長から、犬養内閣陸相に就任した。荒木人事は乱暴きわまるもので、参謀総長には閑院宮元帥を担ぎ出してロボット化を謀り、参謀本部の実質トップとなる参謀次長には真崎を台湾軍司令官から呼び戻して就任させた。

荒木の人事は大鉈を振るう様な激しいもので、自分の閥で要職を固め、過激思想の青年将校を東京の第1師団に集めた。この後、荒木・真崎の取り巻き連を皇道派と呼び、それに対抗する勢力を統制派と呼ぶようになった。

荒木人事の凄まじさに、「清盛の専横」とか「驕る平氏も久しからず」という恨みの言葉がささやかれるほどであった。しかし、過激青年将校に自重を求める荒木の人気は下降し、次第に四面楚歌に追いやられる様になった。自分で育て、利用してきた過激青年将校たちを、制御できなくなったのである。

昭和9年1月、遂に荒木は病気を理由に陸相を辞任する。荒木は後任の陸相に腹心の真崎を希望したが、自らが擁立したはずの閑院宮にも反対され、挫折した。

1936年二・二六事件の際には、皇道派の首領として青年将校達を裏で支えていたのでは、という疑惑が持ち上がったが、軍の主要人物の中では、一番明確に反乱将校に原隊復帰を呼びかけていた。しかし、荒木はこの事件後の粛軍によって予備役に退かされ、軍人としての第一線からは消えていった。

戦後の東京裁判における岡田啓介の証言によると、陸相時代には天皇を退位させて、生後間もない皇太子を即位させる計画を持っていたという。

上記の様な事から、東京裁判においても、検事から「荒木は侵略思想を宣伝し、教育・鼓吹した」と指摘されたが、荒木の弁護人である菅原裕は「荒木の宣伝したのは、侵略ではなく皇道であって、侵略思想とは正反対の日本古来の精神主義である」と全面的に否定している。

皇道教育の推進

1938年5月26日に、第一次近衛内閣の文部大臣に就任すると同時に、「皇道教育」の強化を前面に打ち出した。国民精神総動員の委員長も務め、思想面の戦時体制作りといったプロパガンダを推し進めた。この頃から、軍部の大学学園への弾圧が始まり、人民戦線事件に代表されるような思想弾圧が行われるようになり、戦後の東京裁判においては、文相時代の事柄にも重点が置かれる事となった。裁判の法廷において、証人として出廷した大内兵衛は、検事の尋問に応じて宣誓口供書を提出したうえで、弁護団の反対尋問で、軍事教育を通じて、軍部による学園弾圧が強化されていった過程を「1938年、荒木貞夫文相の時、各大学における軍事教育が一層強制的となり、軍部の学校支配が強化された」「軍事教練は、荒木さんが陸相当時、東大で採用するよう要求があった。この時東大は拒絶したが、1938年に荒木さんが文相になった時、軍事訓練は強制的となった」と証言している。

戦後

東京裁判において、A級戦犯として終身刑の判決を受ける。仮釈放後は、日本全国を回り、講演活動や近現代史研究のための史料調査などを行い、積極的に活動した。

1966年10月末、奈良県吉野郡十津川村の招待で同村を訪問し、史料調査と講演を行ったが、同年11月1日、宿泊先の「十津川荘」において心臓発作を起こす。佐藤栄作首相へ「日本の未来像は、維新の五箇条の御誓文を主とし、つまらぬ事を付け加えずに、これを達成すること」といった遺言を口述し、翌日死去した。

1967年11月、一周忌に際し、十津川村は「荒木貞夫終焉之地碑」を建立。碑文は佐藤栄作の揮毫によるものである。十津川村の厚情に対し、遺族は荒木の遺品となった「恩賜の軍刀」を村に寄贈。軍刀は現在十津川村歴史民族資料館に展示されている。

年譜

関連項目




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年2月12日 (火) 14:28。












     
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。