連合国_(第二次世界大戦)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第二次世界大戦における連合国 (聯合国、Allies, United Nations) とは、枢軸国ドイツイタリア日本など)と戦った国家連合。

元来、第一次世界大戦の連合国と同じく Allies と呼んだが、1941年12月、ルーズベルトが United Nation と呼び、1942年1月1日連合国共同宣言 (Declaration by United Nations) 以来この呼び名が広まった。中国語では「Template:lang?」が Allied Powers、戦前の諸国連合 (United Nations) の名称としても用いられる。また、「国際連合 (United Nations)」には「Template:lang?(日本で用いられている漢字に直すと連合国、または聯合国)」が主に用いられている。

現在の国際連合 (United Nations) は、この連合国が中心となって作られたもので、とくに中心となったアメリカ・イギリス・ソ連・フランスは、国際連合憲章によって安全保障理事会における「常任理事国」の地位が与えられ、拒否権などの特権を有する(なおその後、中華民国の常任理事国としての地位は、同国と対立する中華人民共和国がその地位を継承した。ソ連解体後はロシアが常任理事国を引き継いでいる)。

なお国際連合設置に際して、当初主要連合国は連合国に参加しなかった国家は中立国を含めて参加を拒絶する方針を取ったため、同大戦が終盤に差し掛かった1945年に入ってから中立政策を放棄して対独・対日宣戦に踏み切り、枢軸軍と一度も交戦しないまま大戦終結を迎えた国も数多く含まれている。

連合国一覧

主要5ヶ国

カッコ内は第二次世界大戦時には、植民地もしくはソ連邦内の国

主要5ヶ国またはその「継承国」とされた国(中華民国→中華人民共和国、ソビエト連邦→ロシア連邦)は、国際連合の歴史を通じて、そのまま常任理事国となっている。

ヨーロッパ

英連邦

南北アメリカ

アジア

アフリカ

対日戦に関してミズーリ号での降伏文書調印の際に署名した国と代表者

関連項目




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2009年2月25日 (水) 17:24。












     
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。