牟田口廉也


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

牟田口 廉也むたぐち れんや明治21年(1888年10月7日 - 昭和41年(1966年8月2日)は、佐賀県出身の陸軍軍人陸軍士官学校(22期)卒、陸軍大学校(29期)卒。

盧溝橋事件や、太平洋戦争大東亜戦争)開始時のマレー作戦や同戦争中のインパール作戦において部隊を指揮する。最終階級は中将。今日における評価は非常に低い。木村兵太郎富永恭次と同じく東条英機に重用され、いわゆる三奸四愚と並んで東条の腹心の部下の一人であったが、インパール作戦における様々な行動は批判されることが多い。 また、当時の大日本帝国陸軍の将官の評価の際にはその全体的なレベルの低さを象徴する人物として、杉山元富永恭次等と共に真っ先に名前が挙がることの多い人物である。

人物

少佐時代にカムチャッカ半島に潜入し、縦断調査に成功している。昭和12年(1937年盧溝橋事件で中国側への攻撃を「支那軍カ二回迄モ射撃スルハ純然タル敵対行為ナリ 断乎戦闘ヲ開始シテ可ナリ」(支那駐屯歩兵第一連隊戦闘詳報)として独断で許可し、日中戦争の端緒を作り出した。盧溝橋事件後の会合に負傷していない腕を包帯で吊って出席した、というエピソードもある。1941年の太平洋戦争開戦直後のシンガポール攻略戦で名を馳せたが、インパール作戦では決定的な敗北を喫した。

第15軍司令官に就任し、昭和19年(1944年)3月から開始されたインパール作戦では、ジャングルと2000m級の山岳が連なる地帯で補給を軽視した作戦を立案した。当初、上部軍である南方軍司令官や自軍の参謀、隷下師団は補給が不可能という理由でほぼ全員が反対した。しかし、牟田口は「イギリス軍は弱い、必ず退却する」と強硬に主張、やがて南方軍も大本営も作戦を承認することになった。しかし、危惧通り作戦が頓挫した後も強行・継続し、反対する前線の師団長を途中で次々に更迭した。一介の中将に過ぎない牟田口が本来親補職(天皇より任免される職)である師団長を独断で更迭することは、前代未聞の事態であった。ビルマ方面軍司令官河辺正三中将はこうした惨状を前に「こんなことで作戦がうまくいくのか?」と疑問を呈したというが、口を差し挟むことは行わなかった(河辺は盧溝橋事件の際も牟田口の上官であった)。またこのとき、戦況の悪化、補給の途絶にともなって第31師団佐藤幸徳中将が命令を無視して無断撤退するという事件を引き起こした。なお、補給については牟田口は、牛に荷物を運ばせて食糧としても利用するという「ジンギスカン作戦」を実施させたが、もともとビルマの牛は低湿地を好み、長時間の歩行にも慣れておらず、牛が食べる草の用意もおぼつかなかったため、牛はつぎつぎと放棄され、ジンギスカン作戦は失敗した。

牟田口は作戦が敗色濃厚と知るや、15軍の撤退を待たず「北方撤退路の視察」を名目に敵前逃亡した。この点について牟田口自身は戦後、防衛庁戦史編纂室に対して「当時、私が第一線にとどまることに身の危険を感じたため、シュウェボにいち早く後退したかのように言われるのは心外至極のことである。あの時、軍司令官たる私がチンドウィン河畔に留まって諸隊の退去を指導することの重要さは私も十分承知していた。しかし、それよりチンドウィン河以東ジビュー山系間の補給体系をすみやかに確立することこその行動であった。卑怯呼ばわりされては、悲憤の涙なきを得ない」と弁解している。

作戦失敗の責任が牟田口ただ一人の失策によるものではなく「輜重輸卒が兵隊ならば蝶々蜻蛉のうち」の言葉に代表される、日本軍全体にはびこっていた補給軽視、機械化軽視の構造的原因が根底にあったことは間違いないが、一連の作戦指導が牟田口の評価を著しく下げたことは否定できない。この頃つけられた呼び名は「鬼畜牟田口」。また当時このような歌も流行った。「牟田口閣下のお好きなものは、一に勲章、二にメーマ(ビルマ語で女)、三に新聞ジャーナリスト」。このインパール作戦失敗ののち予備役に編入されるが、その直後陸軍予科士官学校校長に就任し、終戦を迎える。終戦後、戦犯容疑で逮捕されてシンガポールに送致されるが、作戦失敗で日本軍の甚大な損害を招き、英軍の作戦遂行をむしろ容易にしただけであったため、不起訴処分となって釈放された。

戦後は東京都調布市で余生を送るが、インパール作戦失敗の責任を問われると、「あれは私のせいではなく、部下の無能さのせいで失敗した」と牟田口は頑なに自説を曲げずに自己弁護に終始した。さらにラジオやテレビ、雑誌などで、機会さえあれば同様の主張を繰り返している。ついには国立国会図書館が盧溝橋事件についての証言の録音を牟田口に求めたときにも、最初予定のなかったインパール作戦の録音を無理に頼み込んで行わせた。1966年死去。なお兵士たちへの謝罪の言葉は死ぬまで無かった。それどころか遺言を残して、自分の葬儀においても、自己弁護を印刷したチラシを参列者に対して配布させた。

エピソード

これらのエピソードは常軌を逸しているものが多いが、高木俊朗文藝春秋刊『インパール』、『抗命』、『全滅』等をはじめとする関連書籍に関係者達の証言として伝えられているものである。

  • インパール作戦が敗色濃厚となり部下(参謀の藤原岩市といわれる)に「陛下へのお詫びに自決したい」と相談した時に、部下から「昔から死ぬ、死ぬといった人に死んだためしがありません。 司令官から私は切腹するからと相談を持ちかけられたら、幕僚としての責任上、 一応形式的にも止めないわけには参りません、司令官としての責任を、真実感じておられるなら、 黙って腹を切って下さい。誰も邪魔したり止めたり致しません。心置きなく腹を切って下さい。今回の作戦(失敗)はそれだけの価値があります。」と言われたが、結局自決することはなかった
  • 前線では補給不足で苦戦が続くなかで司令部に清明荘という料亭と芸者を随伴させ、遊興に耽っていた。しかも、作戦中も毎日5時を過ぎると自宅へ帰り、そこで浴衣に着替えて料亭へ出向く生活ぶりは英軍に筒抜けであった。英軍はこれを前線でスピーカーを通じて流したため日本軍将兵の士気を著しく下げた。
  • 敗色濃厚と見るや司令部の裏手に祭壇を築かせ、作戦指揮そっちのけで毎朝戦勝祈願の祝詞をあげていた。
  • 「失敗したら腹を切れ」と部下を難詰するも、自身は自決することなく、余生をまっとうした。
  • 牟田口は前線部隊に対しては現在地死守の命令を繰り返すのみで撤退を一切認めなかった。この死守命令のため組織的な撤退作戦が行えなくなった前線部隊は一気に壊滅、戦線は雪崩をうって崩壊し司令部が敵の攻勢にさらされる可能性が出てきた。牟田口はこの危険を察知するや現在地を死守することなく後方撤退路確保のためと称し指揮下部隊を置き去りにしていち早く戦域を離脱し安全な後方地帯へと逃げ込んだ
  • インパール作戦失敗の結果ビルマを失うこととなったが、これに対し「攻勢に出たからビルマを失うだけで済んだ、インパール作戦が無かったら東南アジア全部を失っていた筈だ」と自己弁護に終始した。
  • 撃つに弾なく今や豪雨と泥濘の中に傷病と飢餓の為に戦闘力を失うに至れり。第一線部隊をして、此れに立ち至らしめたるものは実に軍と牟田口の無能の為なり(第15師団山内正文の戦闘詳報)
  • インパール作戦失敗後、自ら建立した遥拝所に幹部将校を集めて懇々と一時間以上に渡って訓示を行ったが、幹部将校達は栄養失調で立っていることができず、バタバタと倒れた。
  • 将兵からは「馬鹿な大将、敵より怖い」と罵られ、「鬼畜の牟田口」と呼ばれていたと伝わる。
  • 陸軍悪玉論では、常に悪玉の筆頭に挙げられている。
  • そもそも牟田口は第18師団長時代は国境を越えてインドに攻め入ることに反対していた。その理由は険しい山々を越えて進軍することは不可能であると言う判断であったが、イギリス軍が空挺部隊をビルマに投入し各地で破壊工作を行っていたことを「英軍は山を徒歩で越えて進軍してきたもの」と思い込み「向こうからやってくることが出来るのならば、こちらからも行くことは出来る」と判断してしまったという。
  • 第31師団隷下第31歩兵団(団長:宮崎繁三郎少将)所属第138連隊長だった鳥飼恒男陸軍大佐は、中突進隊として、インパール作戦に参加したが、第15軍司令官牟田口廉也中将は、補給を無視した無謀な突進命令を発したことから、部隊内では、「無茶口(ムチャグチ)」と呼ばれることがあったと、戦後、親族に語っている。

故人の名誉に関わるが、日本軍史上、現代に至るまでこれほど酷評され、擁護する人間がいないのは、将官、将校では稀有な存在である。

軍歴

1933年12月20日 参謀本部総務部庶務課長
1934年3月 陸軍歩兵大佐
1936年3月27日 北平駐屯歩兵隊長
1936年5月30日 支那駐屯歩兵第1連隊長
1938年3月1日 陸軍少将・関東軍司令部附
1938年7月15日 第4軍参謀長
1939年12月1日 陸軍予科士官学校長
1940年8月1日 陸軍中将
1941年4月10日 第18師団長
1943年3月18日 第15軍司令官
1944年8月30日 参謀本部附
1944年12月 予備役
1945年1月12日 召集・陸軍予科士官学校長
1945年8月15日 終戦
1945年8月29日 免本職
1945年9月 召集解除
1945年12月 戦犯容疑で逮捕
1946年9月 シンガポールに移送され裁判
1948年3月 釈放
1966年8月2日




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年5月19日 (月) 12:45。










    
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。