東方会


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

東方会(とうほうかい)とは、1933年昭和8年)、中野正剛によって結成された日本思想団体及び政治団体

概要

元来、1917年に中野が東則正の『東方時論』に招かれたのを機に開かれた勉強会の名称であった。当時は小村欣一荒木貞夫林銑十郎金子直吉吉野作造内藤湖南などが会員として名を連ねていた。後に中野の政界転出などで自然消滅するが、1933年に中野の手によって同名の新たな勉強会・思想団体として再建された。

立憲民政党を離党し国民同盟を結成していた中野正剛は、1935年(昭和10年)、国家社会主義化していった国民同盟を離脱。翌1936年(昭和11年)5月、「内なる民主主義、外なる民族主義」を標榜した思想団体だった東方会を政治団体とした。

1939年(昭和14年)、社会大衆党麻生久らと東方会と社会大衆党の合同を画策するも失敗。社会大衆党は翌1940年(昭和15年)に解党した。

1940年(昭和15年)10月12日、国民の統制や強大な政治体制を目的とし、当時の既成政党は解体され合流を余儀なくされた国の機関、大政翼賛会に東方会も例外なく合流したが思想団体としても継続した。その後、1942年(昭和17年)5月23日、東條英機による翼賛政治会に半ば強制的に入会させられる。

1943年(昭和18年)、中野は翼賛政治会を離脱後、反東條色を強め、同年、東條内閣倒閣工作容疑で中野正剛らが検挙・投獄される。出獄後、中野正剛の突然の自殺により活動停止した。なお、中野自殺の原因は今も深い謎に包まれている。

関連項目

外部リンク




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年10月20日 (月) 02:49。












     
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。