土曜会


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

土曜会(どようかい)とは、明治大正時代に存在した貴族院院内会派1901年12月7日1919年11月15日)。

最大会派貴族院の台頭に憂慮を抱いていた朝日倶楽部庚子会懇話会の後身)が合同して53名(公爵2名・伯爵3名・子爵7名・男爵5名・勅撰議員17名・多額納税議員19名)にて結成された。、初代幹事長に二条基弘が選出されたが、実際には曾我祐準小沢武雄谷干城らが中心として運営されていた。

一時、56名まで増加するも、後に離脱者が相次ぐ。特に1919年の男爵議員による公正会結成に伴う同議員の大量離脱に伴って院内交渉団体としての資格を失ったのを機に解散して第1次無所属との合同を行うことを決定する。結果的に有爵議員はこれに従わず、会の多数を占める勅撰議員と多額納税議員のみが合同に参加して同成会を結成した。




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年1月15日 (火) 10:38。










    
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。