講座派


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

講座派(こうざは)とは、日本資本主義論争において労農派と対抗したマルクス主義者の一派。岩波書店から1930年代前半に出版された、『日本資本主義発達史講座』を執筆したグループが中心となったのでこう呼ばれる。

概要

明治政府下の日本の政治体制は絶対主義であり、また当時の社会経済体制の実態は半封建的地主制である、と捉え、天皇制を打倒するブルジョワ民主主義革命の後に、社会主義革命が起こる、とする「二段階革命論」を唱えた。これはコミンテルン32年テーゼを擁護するものとなり、日本共産党の基礎理論となった。


主な人物

その他

講座派は1936年コム・アカデミー事件で一斉検挙されたために壊滅状態になり、日本資本主義論争も途絶えた。しかし、彼らの思想は戦後の農地改革に影響を与えたとされる。また、丸山真男らは講座派の思想に影響を受けていた。

関連項目




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2009年3月1日 (日) 17:59。











    
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。