犬養内閣


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

{{日本の内閣記事|いぬかいないかく|29|犬養毅|Template:和暦?|12月13日|Template:和暦?|5月26日|立憲政友会|第18回衆議院議員総選挙|1932年(昭和7年)1月21日|http://www.kantei.go.jp/jp/rekidai/kakuryo/29.html|立憲政友会総裁・衆議院議員}}

概要

立憲政友会を中心とする政党内閣である。しかし、この内閣は五・一五事件により崩壊し、これ以後日本は一気に軍国主義に傾くため、これが事実上戦前最後の政党内閣となる。

1932年(昭和7年)5月の五・一五事件によって犬養毅が暗殺され、宮中席次の序列に則り、大蔵大臣高橋是清内閣総理大臣臨時代理を務めた。

閣僚

犬養毅(1931年(昭和6年)12月13日 - 1932年(昭和7年)5月16日
高橋是清(臨時兼任、1932年(昭和7年)5月16日 - 1932年(昭和7年)5月26日)
犬養毅(兼任)(1931年(昭和6年)12月13日 - 1932年(昭和7年)1月14日
芳澤謙吉(1932年(昭和7年)1月14日 - 1932年(昭和7年)5月26日)
中橋徳五郎(1931年(昭和6年)12月13日 - 1932年(昭和7年)3月16日
犬養毅(兼任)(1932年(昭和7年)3月16日 - 1932年(昭和7年)3月25日)
鈴木喜三郎(1932年(昭和7年)3月25日 - 1932年(昭和7年)5月26日)
高橋是清(1931年(昭和6年)12月13日 - 1932年(昭和7年)5月26日
荒木貞夫(1931年(昭和6年)12月13日 - 1932年(昭和7年)5月26日)
大角岑生(1931年(昭和6年)12月13日 - 1932年(昭和7年)5月26日)
鈴木喜三郎(1931年(昭和6年)12月13日 - 1932年(昭和7年)3月25日
川村竹治(1932年(昭和7年)3月25日 - 1932年(昭和7年)5月26日)
鳩山一郎(1931年(昭和6年)12月13日 - 1932年(昭和7年)5月26日)
山本悌二郎(1931年(昭和6年)12月13日 - 1932年(昭和7年)5月26日)
前田米蔵(1931年(昭和6年)12月13日 - 1932年(昭和7年)5月26日)
三土忠造(1931年(昭和6年)12月13日 - 1932年(昭和7年)5月26日)
床次竹二郎(1931年(昭和6年)12月13日 - 1932年(昭和7年)5月26日)
秦豊助(1931年(昭和6年)12月13日 - 1932年(昭和7年)5月26日)
森恪(1931年(昭和6年)12月13日 - 1932年(昭和7年)5月26日)
島田俊雄(1931年(昭和6年)12月13日 - 1932年(昭和7年)5月24日

政務次官

stub

外部リンク



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年11月17日 (月) 14:43。












     
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。